BoA / IDENTITY

01.This Is Who I Am
02.EASY
03.BUMP BUMP! feat. VERBAL(m-flo)
04.LAZER
05.interlude#1
06.is this love
07.まもりたい ~White Wishes~
08.interlude#2
09.ネコラブ
10.THE END そして and… (album ver.)
11.Possibility duet with 三浦大知
12.Fallin’
13.my all

(総評)

Delightful Musicでこのアーティストをレビューするとは!って感じですが、実は彼女は本国韓国では、列記とした歌って踊れるR&Bシンガーなのです。去年出したUS盤のアルバムを聞けば相当すばらしい名盤ともいえるR&Bアルバムをリリースしています!ある意味日本での活動事態がPOPにわざわざ寄せて作っていたという感じだったので、本来の味を出せるのはR&BやHIPHOPトラックでこそなのですが。USでの活動などを通して、昨今のR&Bシンガーたちの台頭を見て、今回のアルバムは相当R&Bサイドにシフトした作品に仕上がっています。安室さんもそうですが、一流のアーティストがR&Bにシフトしていくことは、R&Bシーンにとっては、聞き手の裾野が広がるっていう意味でも、すばらしいことです!
そんなすばらしいアルバムの中でも、もちろん一番すばらしかったのは、「Possibility feat.三浦大知」でしょう!Nao’ymtプロデュースのこの楽曲はPVも含めて非常に完成度が高いデュエットバラッドです。2010年の最高峰の作品といっても過言ではないできです!この曲の織り成す切ない二人のすれ違う感情が伝わってくる表現力ある歌声!そして、バラッドでミッドテンポながらも、R&Bらしいビートに合わせて、ノリの良さを見せてくれます!三浦大知という最高の歌い手が参加することで、この楽曲の完成度は数十倍へと上り詰めていきます。この一曲のためにアルバムを買うっていうのもありだなっていうほどにすばらしいです!
ですが、そんな一曲だけじゃなくて他の曲でも今までの作品よりもかっこよいR&Bサウンドをきかせてくれます。Verbalを招いたファンキーチューン!「BUMP BUMP!」では、サックスが効いてるファンキーなサウンドだけじゃなくて、歌詞も遊びが随所に感じられるつくりで、遊び心あふれる曲になっていて、アルバムの前半の中でもアクセントになっています。そして、あえてヘタウマに歌い上げる激しい一曲「EASY」、デジタルサウンドがクールなアップ「LAZER」でも印象的なメロディーを歌い上げ、前半でぐいぐい盛り上げていきます。
バラッド「is this love」では、R&Bっぽい切ないバラッドでしっとりと歌い上げていきます。壮大なバラッド「まもりたい」など、バラッドではしっかりとメロディーの良さを聞かせてくれるのも完成度がどれも高いです。本当の意味で日本のR&Bアーティストの一人として数えてもいいのではないかなと思うほどに、ソウルフルな一曲に仕上がっています。
そして、アルバムの中でも「Possibility」と並びキー曲となる「ネコラブ」では、「BUMP BUMP!」と同様に、遊び心あふれる曲になっていて、詞がなんとなくBoA本人と重なり面白くなっています。エッジの聞いたビートトラックをバックにねちっこく歌い上げていく様がかっこいいんですよね~!この楽曲は大好きですね。「THE END」や「My All」でもR&Bバラッドを聞かせ、「Fallin’」では、耳に残るポップな軽快な一曲を披露したりと、多彩な楽曲が詰まっているアルバムで、さらにバランスがすばらしくてすべての曲がメロディーがいいなと思えるので、一気にきけちゃいます。もちろんBoAのファンはもちろん、普通の音楽リスナーさらには、R&Bが好きな音楽好きな人にも、聞けるアルバムに仕上がっています。
ずいぶん韓国の方が、R&Bに関しては先進国で普通にポップスとして、R&Bが認知されかっこいいとされているので、そこを活動の一つの拠点としている彼女が、日本においての厚い壁がなぜかあるポップとR&Bの垣根を取っ払ってくれるかもしれませんね。オススメ:(11),(9),(3),(4),(2),(1)

(LINK)

OFFICIAL

☆☆☆☆☆

KG / Love for you

01.Prologue
02.いとしすぎて feat.Tiara
03.君に言えなかった想い feat.May J.
04.You can fly
05.Time after time feat.NOKKO
06.叶わない恋でも feat.滴草由実
07.Everything
08.With You ~君といつまでも~ (Winter Mix) feat.MAY’S
09.Epilogue

(総評)

KGがついにメジャーデビューを果たしました!今回のアルバムはデュエットにこだわった曲で構成され、彼の歌をじっくりと聞かせる楽曲が多く収録されています。KGの真骨頂ともいえるスローバラッドが多く収められていて、KGの歌声の豊かさを感じさせる曲調が多くメジャーシーンの中でもその歌声の魅力を存分に見せてくれています。
このアルバムは、デュエットアルバムと銘打っているのですが、そのデュエット相手も実に多彩で意外性に満ち溢れています。透き通る歌声をもっている新人アーティストTiara, もう定番ともいえる苦楽をともにしてきたMay’s、今最も話題性が高いアーティストMay J、さらに隠れた実力派である滴草由実とみんな方向性が違う歌声の歌い手とその特性に合わせながら魅力的に見せていきます。さらにはベテランアーティストNokkoをfeatしているのは、本当に驚きでしたね!今までのKGを知っている人には驚きをもっと迎えられるでしょうし、新鮮な感動を味わうことができます。
デュエットというだけでなく、曲調もやわらかい正統派なバラッドから切なげなミッドテンポなど楽曲の幅も感じさせます。特に6曲目「叶わない恋でも」のデュエットのかっこよさは見事ですね。なんとも意外な「Everything」のカバーでは、Jilty SoulからBU-NIが参加していたりと、今までのアンダーグラウンドな活動もちゃんと感じさせる一枚になっています。また新たな魅力を感じさせてくれています。今後でるソロでのフルアルバムにも期待が高まります!オススメ:(3),(6)

“KG / Love for you” の続きを読む