Luz Fonte / Something near

01.Gotta change the world
02.Sunday mornin’ rendezvous
03.Just kidding Just loving
04.月の光に揺られて
05.Parallel lines
06.Ride on
07.告別
08.Shinin’ you shinin’ me
09.For your love
10.真夜中のデート
11.Circle of a life
12.晴天の歩道
13.Sweet chocolate

(総評)

Luz Fonteことおかけんさんの2枚目となるアルバムが、2006年末にひっそりとリリースされていました。独特の詞の世界と、柔らかで広がりがある歌声が、日本人のシンガーの中でも抜きん出た魅力を見せていて、決してジャンルわけできないLuz Fonteという暖かい陽だまりのようなやわらかい歌声に癒されます。その情景が浮かぶような詞の世界観や、時にドラスティックな展開の楽曲などに加えて、今作では、より明るい雰囲気の曲やUPサウンドなども加えて、前作よりもよりバラエティーに富んだ内容になりつつも、おかけんらしさを失わない充実作を届けてくれました。
いつもR&BばかりレビューしているDelightful Musicですが、日本語の独特の世界観と日本独自の内面的なSOULらしさを持ったLuz Fonteのような音楽こそ、これが日本の音楽だよと、まさに言える一つのものではないかと思っています。本当にどこ曲も心に優しい素敵な曲ばかりで、改めて日本語の曲のよさを感じさせてくれます。言葉が素直に心の中にすいっと入ってくる曲ばかりで、前作はどちらかというと、内向的というか、内面を掘り下げた曲が多かったのに比べて、この作品はもっと大きな愛情に溢れていて、コーラスもたくさん入って一緒に歌って気持ちよくなったりもして、一枚を通して暖かい心にしてくれるような素敵な一枚になっています!楽曲の作り方も独特でサビが二つあったり、最後にもう一度違うメロディーのサビが出てきてりします。
さらに「真夜中のデート」のような気持ちよい楽曲も今回は届けてくれています。もちろんLuz Fonteらしいどこか切なさをもった7曲目「告別」4曲目「月の光に揺られて」みたいのがあったり、最高に爽快でカッコいい「Parallel Lines」で躍らせてくれたり、一緒に歌うと最高にHappyで気持ちいいUPサウンド6曲目「Ride」9曲目「For Your Love」など、バラエティーに富んでいる楽曲で、新たなLuz Fonteの世界を生み出しています。
日本語っていいなという想いと、心地よい音楽っていうものを改めて実感させてくれる、上質な一枚に仕上がっています。ただ、未だに、Officialのサイトからいける通販でのみの取り扱いとなっているのですが、是非手にとっていただきたいと思います。
オススメ:(3),(5),(6),(7),(9),(12)

“Luz Fonte / Something near” の続きを読む

Ahmir / The Gift

01.Intro
02.Watch & Learn
03.Welcome To My Party
04.Right To Left
05.Donkey
06.Let’s Get This
07.The Gift
08.The Wedding Song
09.Sure I’d Like
10.Foreplay (Interlude)
11.Who Ya Gonna Call
12.Show Me
13.Cloud 9
14.Indian Giver
15.Don’t Quit
16.Honestly(Interlude)
17.No Black & Blue
18.She’s Over Me
19.True Love
20.Outro

(総評)

2007年ボーカルグループ復権を高らかに宣言できる最高峰のボーカルグループが登場!その名もAhmir!Mr.Jones, Big Mike, Sing-Sing KCからなるマイアミの4人組ボーカルグループです!4人ともが素晴らしいボーカルと声質の良さをもっていて、アップスロー問わず隙の無いコーラスワークで、どんな曲調でも歌いこなす圧倒的実力!そして、スローでこそ発揮される、信念さえ感じさせる、最初は抑えて抑えて、後半に爆発する歌い倒しっぷり!それを爆発を聞き手に伝えられる表現力の豊かさ!これほどにじんわりじんわりと、歌い倒していくコーラスワーク、メロディーワークはここ最近では聞いたことがありません。決して派手な音やサウンドに頼ることなく歌、そしてコーラスの厚みで聞き手を圧倒していくその迫力には感嘆せずにはいられません。まさに2000年以降の名ボーカルグループの一つとして上げられるであろうグループの登場です!
前半で見せるアップサウンドの素晴らしさにまず目が行くのですが、これが現行シーンに迫って追い越すほどに良く出来ているのです。普通インディーズのボーカルグループは、バラードは素晴らしいけど、アップサウンドはプロデューサーや音色などで、メジャーにかなわないので、どうしても力が弱くなるのですが・・・彼らは別格!もうメジャークオリティーなサウンドにパワフルで勢いがあるボーカルワークで軽快に飛ばしてくれます!そんな気持ちよくノせる曲だけでなくバラードでもこれでもかと聞かせてくれます。美メロ曲ももちろんいいのですが、スローバラードでネットリとしっかりと歌いこんでいき徐々に盛り上がってシャウトしていく様など、90年代全盛期のボーカルグループが自信に満ち溢れていた頃の勢いを感じさせ、それが2007年だからこそ新鮮味が溢れる歌い倒しっぷりへと繋がって、新たなも魅力を感じさせてくれます。前半はあくまでしっとりと抑えて抑えて、後半に入ってやっとコーラスの絡み合いを見せて、最高調に達するまでネットリとハーモニーが絡み合います!ホントこの人たちは、これほどバラードをじんわりじんわりと歌いこんで聞かせるのが、怖くないんでしょうか?ちょっとキャッチーなメロディーをいれていじっちゃいたくなりそうなものですが、そこを敢えてシンプルなメロディーワークであとは後半のコーラスの絡み合いで最高の楽曲に仕上げていく、ボーカルグループとしての力は本物です!
そんな彼らの楽曲の中で、なんといっても最初に目を引かれて素晴らしいのが、ボーカルグループ好きの間で相当話題になっていた先行シングルの一つである8曲目「The Wedding Son」この美しい壮大なバラードには本当に心打たれます。しっかりと歌いこめる4人のボーカル能力とコーラスワークの水準の高さからくる力強い歌の厚みと、派手さはないけど美しいメロディーに感動せずにはいられないのです・・・この一曲のために買ってもいいですよー!そして、3曲目「Welcome To My Party」でビルボード4位になったことで証明した、アップサウンドのカッコよさ!現行シーンをリードするほどに、激しくカッコいいのもできるのです、「Let’s Get This」などなかなか踊れたりサウンド的にも挑戦的な曲が多くて、その勢いとパワフルさに圧倒されます。前半は特にこういうなアップソングでこれでもかと、現行シーンへのアピールも忘れず、後半はそんな現行シーンへまるでそっぽを向けるかの如く、R&Bとはボーカルグループとはこういうものだ!とでも言いたげに、オーソドックな楽曲でボーカル&コーラス・・・そう声の魅力でぐいぐい聞き手を引き込んでいきます!
そんな引き込んでくれるバラッド曲では、特に、11曲目「Who Ya Gonna Call」と13曲目「Cloud 9」あたりから始まるバラードの応酬が気持ちいい!この11曲目の盛り上がりや13曲目のスムーズな気持ちよさでさえ素晴らしいのに、14曲目「INDIAN GIVER」では、オーソドックスな雰囲気のトラックにこれでもかと力強い歌を聞かせて、美しいメロディーをただ聞かせているだけで歌の本物の魅力を感じさせて、本当に聞いているだけでその声に引き込まれ、どんどん声を重ねて盛り上がっていくような素晴らしい曲を聞かせてくれて、さらに18曲目「She’s Over Me」でも、同じように楽曲のベーシックな魅力を感じさせるコーラスワークが光る名曲に仕上がっています。決して後半派手さとか、メロディー的なわかりやすさとかはないのですが、それを補ってあまりあるほどに、歌!歌!歌!声!声!声!の根本的な歌の魅力を見せてくれるのです。コーラスグループとは、本当にこういう歌いこみをできる人たちをいうんですよねー。
そして、このアルバム最高峰の極限値を迎えるのが、19曲目「True Love」!この曲の最後の何度も何度も転調を繰り返し音程が上がっていき、そしてコーラスでねじ伏せるがごとく歌いこんでいく様には、圧倒されてしまいます・・・凄すぎますよ・・・今年のTOP SONGといってもいいほどです。最初は爽やかに見せながら後半はもうねちっこくこれでもかと盛り上がっていきます!
前半と後半との緩急のバランス感覚の素晴らしさを感じさせてくれます!後半はもうバラードの見せ場がたくさん出てきてきます。本当に前半からじっくりと聞いてもらえれば彼らの凄さが、徐々に徐々に肌に突き刺さるほどにわかってきますよ。あたふたとしてしまいそうになるほどに、後半のバラード攻勢には完敗ですよ。絶対買っておかなくてはならないR&Bの名盤の登場です!
オススメ:(19),(8),(14),(18),(11),(13),(15),(16),(3),(6),(4),(2)

“Ahmir / The Gift” の続きを読む

Gordon Chambers / Love Song

01.The Next Time
02.Stay Together
03.To Love Again feat.Ledisi
04.Stay
05.Get To Know
06.I Wish I Was In Love
07.Unfair
08.Violins
09.By gones
10.By My Side
11.If You Love Me
12.Still Blessing Me feat.Melonie Daniels
13.If it Wasn’t For Your Love
14.Dedication

(総評)

2005年突如インディーズから、アルバムを出し話題になった有名プロデューサーGordon Chambersが二枚目のアルバムをリリース!これが、前作を凌駕する傑作アルバムなのです!前作も美メロ満載の極上盤で、そのサウンドプロダクションの素晴らしさがプロデューサー作品らしかったのですが、それに輪をかけて、今作は、歌自体の成長が目覚しい!!!もう、特に美メロ曲で見せてくれるシャウトが本当に魅力的なのです!これにはもう驚いてしまいました。もう一曲目の「The Next Time」の伸びやかな歌声からして、もう驚きを隠せません!特に溜め込んでシャウトしてみせる時の、どこまでの伸びやかな歌声!豊かな声量!どれもが、彼がシンガーとしても一流であることを証明しています!もちろん前作でも十分にプロデューサーなのにうまいなーと思わせていましたが、それ以上に驚愕のシンガーとしての成長を見せてくれるのです!この力強いシャウト、艶やかな歌声、そしてプロデューサーの実績からくる安定感のある美メロサウンド!どれもが、一級品のR&Bアルバムであることを強烈にリスナーに印象付けます。安定感と強烈な個性!それに圧倒されてしまいます・・・
Gordon Chambersといえば、多少の楽曲への興味がある人であれば、知らない人はいないというほどに、素晴らしいプロデューサーなのですが、初期は、大御所の美メロサウンドプロデューサーのBarry J. Eastmondと多くの名曲を作っているプロデューサーとして徐々に頭角をあらわしていました、そして、やっぱり代表曲はBrownstoneへ提供した「If You Love Me」!この曲は本当に、多くの人に愛され、90年代の魅力的な一曲として未だに語り継がれているのです。そして、僕が大好きなSilkの名曲中の名曲「Please Don’t Go」も手がけているプロデューサー、それほどのプロデューサが出したアルバムに間違いはないのですが、やはりそういう楽曲への安心感があってこそ、あの歌のうまさが生きて来るのです!ホントあのアーティストもあのアーティストも!っていうほどに、多くのアーティストと曲作りをして美メロ曲を多く残しているプロデューサーなのです。
そして今作では、Ledisi、Melonie Danielsなどの実力派の女性シンガーを迎え、さらに話題の新人Ryan Shawも迎えて、様々なセルフカバーを含む多くのカバー曲を披露してくれます。Brownstoneの「If You Love Me」の見事なセフルカバーがもっとも素晴らしいのですが、それ以外にも、Heather Headly「If It Wasn’t For Your Love」と見事なセルフカバーを見せ、それ以外にもTemptationsの「Stay Together」、Blackstreetの「Bygones」、Dave HollisterとJ Mossの「Still Blessing Me」などわりと最近の曲のカバーなども見せてくれたり、様々な曲調の曲たちをGordon Chambersらしい美メロ感覚で時に繊細に時に豪快に見事にカバーしてくれます!オリジナルでも、一曲目「The Next Time」では美しいメロディーにのって豪快で見事な歌唱を聞かせてくれ、素晴らしい盟友Barry J Eastmondとの曲作5曲目「Get To Know」ではもう涙を誘うほどの美メロで魅了していきます。さらにLedisiとの「To Love Again」ではセクシーな歌を披露して、素晴らしいデュエットを見せてくれます!そのほかにも、切なげな7曲目「Unfair」、有名プロデューサーTroy Taylorとの曲作「Violins」など、ドラスティックなオリジナルの名曲もずらりと並んでいて、全ての曲が本当に聞き逃せない曲ばかりになっています。ホント最後まで目が離せません!カバー、セルフカバー、オリジナルと様々な楽曲が並んでいるにも関わらず、ドラスティックで聞かせてくれる統一感あるアルバムに仕上がっているのは、このGordon Chambersのバランス感覚に他ならないでしょう!本当に素晴らしいプロデューサーです!2007年の名盤というに相応しい作品です!
それほどに完成度が高いこの2ndアルバムを日本のレコード会社もほおっておけないようで、この2枚目は日本のコロンビアレコードも注目したみたいで、大々的にHPがつくられているので、Gordon Chambersのプロデューサーとしての歴史を知りたい人は、こちらを見てもらえると素晴らしさがよくわかると思います。
あえて、このアルバムは、UKではDomeレコードが、USでは、CD BABYでインディーズとして売り出されているのが、僕はこの歌うことは楽しみでやっているっていう感じがでてて、Gordon Chambersらしい感じがします。さらに、きちんと、クレジットの最後にLutherとGeraldへ一言手向けがかいてあるのが、古くから活躍するプロデューサーだよなと再確認させられます。2007年の傑作の一枚となることは間違いない一枚です。是非手にとってくださいね!
オススメ:(1),(11),(7),(8),(2),(3),(5),(10)

“Gordon Chambers / Love Song” の続きを読む

alvin frazier / Love & Faith: Volume 1

01.Radio Interview
02.Star
03.Beautiful
04.It Don’t Matter
05.I Miss You
06.Recognize
07.Just the Way You Are
08.Two of a Kind
09.Latin Freestyle (interlude)
10.There is a Love
11.No Doubt
12.Guiding Force (unplugged)
13.About Love
14.So Glad Pts. 1 & 2
15.What About Us?
16.Closing Prayer

(総評)

実質の発売は2006年ですが未だに話題になっていない、とても上質な一枚!ゴスペルコンテンポラリーにカテゴライズされながらも、そんなところを微塵も感じさせないアコースティックなサウンドを軸としたとても上質な音楽性と艶のある伸びやかなボーカルを武器に、現行シーンのアーティストでもなかなか見られない上質でメローな作品を作り上げているシンガーソングライターの登場です!全ての楽曲や歌リリックを担当するマルチタレントぶりを発揮していて、近年見ることは少なくなった自作自演家でもあります!
alvin frazierは、オハイオで生まれ母親が教会ゴスペルのドラマーで、父親がシンガーという音楽一家で育ち、早くからその才能を発揮し、ピアノギターなどほぼ全ての楽器を扱い、作詞作曲においても、早くからその才能に華を咲かせていました。そんな才能溢れる青年の送る1stアルバムがこの「Love & Faith Volume 1」なのですが、とても1stアルバムとは思えない、洗練されたその音と、歌のうまさとその自然と溢れる余裕みたいなものは、本当の意味で彼がシンガーソングライターとしてすでにある程度の完成を見せていることを示しています。時にJOEのようなセクシーさを持ち合わせながら、敬虔なクリスチャンらしい真摯な歌を聞かせてくれる艶のあるテナーボイスボーカルがなんともたまりません。 全体的には、アップもスローも適度に聞かせるバランスのよさもあって、アップでは特にファンキーな面を見せつつも、alvinらしい上質な歌も聞かせてくれていて、なかなかのバランス感覚の持ち主だなと思わせてくれます!どの曲も3分弱と短いながらも、メロディーメイクが洗練されているせいなのか、耳に残るし覚えてしまい、また聞きたくなるような感じがします。そして、アップでもスローでも上質な雰囲気を決して失わなわずに、ファンキーでいて柔らかい独特な音世界を表現して食えています!とても華麗で美しいメロディーが心を洗っていきます・・・特に3曲目「Beautiful」は涙無しには聞けないようなどこか切なく淡い雰囲気と本当に美ししぎるメロディーにやられてしまいます。ファンキーさは2曲目「Star」で存分に見せて聞き手を躍らせ、6曲目「Recognize」では彼の激しさも感じさせ、14曲目「So Glad Pts. 1 & 2」では、遊び心さえ見せる余裕で、軽快でリズミカルなAlvinのノリのよさをこれでもかと見せてくれます!アップといっても全体的にはファンキーな雰囲気はもっているけど、どこか上品な気持ちさえ感じさせてれています。本当にアルバムのトータルバランス的にも素晴らしくて、決して歌声がパワフルだとかインパクトがあるというわけではないのですが、どこか心に残る一枚に仕上がっています!本当にどの曲もゆっくり聞けば聞くほどに魅力がよくわかっていくような味わい深い曲たちが並んでいます。
また新たなシンガーソングライターが現れたなと感じさせるにたる名盤の登場です!
オススメ:(14),(6),(2),(5),(3),(4),(7),(8),(11),(12),(13)

“alvin frazier / Love & Faith: Volume 1” の続きを読む

JB / Live…Love…Life

01.Intro
02.Romantic
03.Wonderful
04.I Can’t Win
05.Touch The Sky
06.Take A Trip
07.Dance Floor
08.Make You Smile
09.In Time
10.Thinkin’ About You
11.Shake It
12.Tell You Why
13.All About You
14.Lean Back (Give Back)

(総評)

James Brownと同性同名のJBというアーティストのデビュー作が、日本のP-VINEから発売!このJB最近見かけることも少なくなった正統派バリトンシンガーなのです!その太く素晴らしい喉をこれでもかと鳴らして、渋く渋く歌いこんでいってくれるのです!これは惚れますわー!その渋いバリトンボイスから、搾り出すように出されるシャウトなど、もうその喉一つで、聞き手をノックアウトしてしまいます。決して楽曲的には派手さもなく、大人しめな曲やFUNKYな曲が多くて、メロディアスなバラードがあるわけじゃないのが、ちょっと残念なのですが、それでも十分にJBの声の魅力に引き付けられます!
これといって、凄い曲があるわけじゃないのですが、全体的に渋くてカッコいいのです!突出した曲がないぶん、彼の歌声の良さがこれでもかと見せつけてくれますよ~!
全体的に曲が地味なので、彼の歌声の良さが最大限に生かしきれてないのが、なんとも残念なのですが・・・この声でドラスティックな曲なんかやってくれたらたまらないんですけどねー。その分、バリトンボイスでファンキーなグルーブの曲をやってくれるという、なかなか聞けない曲調なども聞けたりして、なかなかアルバムで渋さで楽しませる一枚になっています!一番キャッチーなのが、UPで11曲目の遊び心も入ったような一曲で、Jazzやレゲエっぽい要素も取り入れているのと、14曲目でのパワフルさとカッコよさを兼ね備えたぐいぐい見せてくれる良さももっています。
メロディー重視な人には敬遠されがちですが、このバリトンボイスがこういう渋い曲調で聞けるっていうのは貴重です!正直もっとメリハリがあるドラマティックな展開の曲を聴きたいというのも正直なところなので、今後はもっと彼の歌声の生かせるプロデューサーと組んで盤を出して欲しいですね!
オススメ:(14),(2),(4),(5),(7),(9),(11),(12)

“JB / Live…Love…Life” の続きを読む