Awesome City Club / 勿忘 Acoustic session

Awesome City Clubの新譜です。映画の主題歌なので、すっかり有名ですが、魅力的なメロディーラインの作り方は本当に見事です。ちょうど二人の歌声のバランスが良い曲で、お互いに歌い上げていくところが映画の雰囲気とマッチしています。最後に二人で歌い上げるところはグッときますね。下はアコースティックじゃないライブバージョンとMVのバージョンです。サビ以外の部分でも、じんわりと心に響くように柔らかく歌っていてギターのしなやかな強さで、サビに向けて盛り上げていきます。バイオリンの音も相まって美しい曲になっています。

SIRUP – Overnight

少しだけひさびさとなるSIRUPさんの新譜。RAPと歌とを自在に行き来するSIRUPらしいフローと、緩く心地よいサウンドがたまらなく体を揺らしてくれます。緩やかなフローにきっちりと乗れるフレーズが入っていて、聞く耳を飽きさせません。MVも独特の感性を感じさせる面白いMVになっています。

MAMAMOO – Dingga

韓国のガールズグループです。クオリティーが高いK-POPを常に打ち出しいますが、R&BやHIPHOP色が非常に強い一曲で聞きなじみが良いです。K-POPの人たちは本当に楽曲をいかすのが上手だなっと感じますね。こういうR&B色がつよいサウンドの楽曲は大好きです。

このほかにも最新のアルバムTRAVELからは

こちらも素敵な楽曲です。日本語でしかも日本人が聞いても違和感がないほどにスムーズに歌い上げてくれるので、素晴らしいですね。アルバムの中でも、この2曲が秀逸ですね。

優里 / ドライフラワー

優里くんの素晴らしいバラードです。優しいんだけど、男らしい擦れた声で力強く歌い上げて聞く人を包み込んでくれます。MVを見ていると歌詞の世界に深く深く入り込んでいけます。切り取るように思い出を歌い上げる歌詞も絶妙ですし切なさを深く感じさせます。ピーターパンはカッコよかったですが、こちらは、本当に素晴らしいバラードですね!

URUさんもカバーをしています。男女でこれほど違った曲にきこえるもんなんですね。お互いにいい味を出しています。

YOASOBI – アンコール

YOASOBIの曲は小説がもとになっているのですが、最初に聞いた時と小説を読んだ後に聞いた時に、浮かんでくる情景の違いが本当に鮮やかさが変わってびっくりさせられます。最初は自分の経験や思いに重ね合わせて聞いてしまいますが、小説を読むと、その主人公の気持ちを想像しながら聞いてしまうし、自分だったらこの場面でどうするだろうと思う、そんな楽しみを感じながら決めるのが素敵ですよね。