David Verity / Inexorable

01.Supervillain
02.Damn
03.This Time (The Shy Song)
04.Scrollin’
05.Get In My Car
06.Just A Man
07.Unspoken
08.Where Are You
09.My Rock
10.Forever Girl
11.Wings
12.December

(総評)

インディーソウルを代表するアーティストDevanteがDavid Verityと、改名して3枚目となるアルバムをリリース!最新サウンドを取り入れた現行シーンをリードする楽曲を多数届けてくれています!彼というと、美メロなイメージが強いですが、その期待をいい意味で裏切って、バウンスやエレクトロなどのサウンドをうまくと入れつつ、きちんと美メロでかっこよい楽曲を聞かせてくれています!
前作から、さらに力強さをました素晴らしい歌声を活かすアップテンポな最新サウンドを取り入れた楽曲がまた凄過ぎます。そこらへんのメジャーサウンドじゃ太刀打ちできないインディーズアーティストだからできる自由度の高さと、メジャーを超えてしまうかもしれないトラックの音の良さには驚かされます!ここまでやられたら、メジャー、インディーズなんて括りは意味をなさなくなってしまうのではないでしょうか?
1曲目「Supervillain」の豪快なアップサウンドからおのずと、アルバムへの期待値も急上昇します!これほどに高水準のアップサウンドを聞かせてくれるとは思いませんでした!「Damn」での前作までと違う斬新にエレクトロを取り入れた曲作りのかっこよさと、そのエレクトロサウンドの中でも薄れないDavid Verityの歌声のすばらしさを感じさせます。さらには、「This Time」でも、しっかりとアップサウンド聞き手をひきつけて、もう前半で今までと違いを見せ付けつつも、しっかりと彼のフィールドに聞き手を引き込みます。中盤には、前作のようなメロディーのすばらしい楽曲を聞かせたりとしながらも、サウンドのパワーアップをところどころで聞かせてくれます。7曲目「Unspoken」では、1枚目、2枚目で見せた美メロメイカーとしてのすばらしい才能を感じさせてくれます。さらには、8曲目「Where You Are」では、デジタルサウンドの取り入れ方の巧みさを感じさせながらも、しっかりとソウルフルに歌えるところを見せて、そのまま最後までスローもアップも織り交ぜながら、しっかりと聞き手を飽きさせずに、どんどんアルバムを進めていって、本当にあっというまに、一枚を聞かせてしまいます。
美メロメイカーだけはない、彼の力強さを感じさえる作品で、今後とも、さらにいいプロデューサーシンガーとして育っていくであろうことを確信させてくれます!そして、早々と、2010年を代表する一枚が早々とリリースされたことは驚きに値します!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(7),(8),(9),(10)

“David Verity / Inexorable” の続きを読む