JULIAN / THAT THANG

01. Intro: Julian’s Crib
02. That Thang
03. Gotta Go Feat. E.p.
04. Make Up Your Mind Feat. Dionne Daniels
05. Time to Party Feat. Charyn Cannon & Mr. Malt
06. Beautiful
07. Shake Ya Booty Feat. Stephanie Jones & E.p.
08. All That Glitters
09. Overtime
10. Another Day in the Ghetto
11. Love Her in a Special Way
12. Dedicate

(総評)

数年前に発売した作品なのですが、去年手に入れてずっと聞いていた愛聴盤!名盤というにふさわしい物凄い歌心に溢れ、様々な素敵な楽曲が収められている好盤です。インディーソウルらしい自由さと、インディーソウルらしからぬ全体的なレベルの高さのアンバランスが素敵なのです。自由にやりながら、これほど水準が高いとは・・・そうして、JULIANのこみ上げるように歌う感情のこもったテナーシャウトがたまらないですね!
JULIANは、テネシー出身で、2曲目のようなスローバラッドでも、その歌声の個性を見せてくれながらも、3曲目や、5曲目で見せる、踊れるUPソングでも、勢いを見せてくれます。スローでもUPでも素晴らしい歌を聞かせることができる、両極端な魅力を持ち合わせた数少ないアーティストなのです。アップでは、サウンドというか、使っている音が面白い!癖になるような音がたくさんつかわれていて、それを解析しているだけでも、楽しめます。そうして、そのUPサウンドを、軽快に乗りこなせる若さも持っていて、本当にカッコよく纏め上げられたアルバムです。特に7曲目のブリブリ感というのか、UPサウンドの乗った心地よさはたまりません!そして、そのUPに負けないバラードの素晴らしさ、特にシャウターとしてのJULIANも魅力的で、こみ上げるように歌う様が、情熱的なのです!どのバラードもかなり彼の情熱的なシャウトが魅力的に入ってきていて、思わず目を閉じて聞き入ってしまいます。
彼の歌声は本当に美しいほどのテナーで、本当に気持ちよく歌っているな~と感じられるのです。そして、他のアーティストもうまいこと使って一枚のアルバムとして飽きがこないように練られています。歌心溢れる一枚で、どんどん引き込まれてしまうことでしょう。もう、文句無しでお薦めできる一枚です!ぜひ見かけたら買ってくださいね~。
オススメ:(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9)

“JULIAN / THAT THANG” の続きを読む

Full Of Harmony / DRAMA

01. DRAMA ~Introduction~
02. MUSIC TRIBE featuring Q, KM-MARKIT
03. UTAKATA
04. YOU&I
05. Sweet home featuring マボロシ
06. Through the GATE
07. Angel
08. PARTY TIME
09. 涙の数だけ
10. himatsubushi ?Interlude?
11. FLAVA
12. another world
13. SUPERSTAR
14. Harmony

(総評)

通算5枚目となるF.O.HことFull Of Harmonyのアルバムは1st、3rdアルバムに続く傑作アルバム!Full Of Harmonyと名前を変えてから、どちらかというと歌や歌詞をメインに据え、歌が聞き手に届くことを第一に歌っているような感じで、前作のアルバムはサウンド的にも少し彼ららしさが消えてしまい、面白みが半減してしまった感じがしたのですが、このアルバムは村山晋一郎氏と、新鋭のUTA氏などのサウンドプロデューサーが最高のトラックを提供してくれていて、改めて彼らの原点であるR&Bというサウンドで聞き手を引き付けてくれます。さらに、本来の彼らのR&Bのハーモニーを大事にした部分もしっかりと出ていて、まさに、King Of Harmonyと呼ぶにふさわしい一枚です。特に14曲目でのハーモニーの美しさは今までのアルバムの中でも随一かもしれません。そして、このアルバムをさらに素晴らしいものにしているのは、2曲目「MUSIC TRIBE」で見せてくれる勢いのあるサウンドに、HIPHOPアーティストを積極的に採用したその姿勢でしょう。貪欲に新しい物への挑戦し、新しいプロデューサーを採用しサウンド面も改善していることが、このアルバムの完成度を高くしています。
このように、ファンが望む方向性に修正してきたことは、本当にうれしい!やっぱり彼らにはただの歌謡調なバラードよりも、R&Bの90年代ボーカルグループが示したカッコイイハーモニーをどんどん取り入れた曲を出していってほしいですね。それが見事に体現できる数少ないグループだと思うので。
特に注目したいのは、やはり、2曲目「MUSIC TIRBE」と14曲目「Harmony」。2曲目はTINY VOICE PRODUCTION期待のUTAと、14曲目は村山晋一郎さんのプロデュースの曲で完成度が物凄いのです・・・二人とも凄すぎです。二人とも複数のトラックを手がけており、7曲目「Angel」でも素晴らしい仕事を見せているUTAさんが音の使い方がホントうまくリズムが印象的な新しいR&Bサウンドをトータルでプロデュースし、Introや久々にいいシングル「YOU&I」を手がけた村山さんが普遍的な素敵なピアノが印象的なR&Bバラードを演出し、アルバムトータルとして、とても幅があって完成度が高いものになっています。また、13曲目では、去年なくなったLuther Vandrossへの思いを歌うなど、1stアルバムで見せてくれたR&Bへのこだわりと愛をまた再び見せてくれています。これがよりR&Bアルバムとしてのふり幅も持たせてくれて、1stアルバムに次ぐ完成度を誇るアルバムです。日本のR&Bの第一人者としてのFull Of Harmonyを改めて感じさせてくれる一枚です!
ジャケットも非常にかっこよくて、特に中ジャケの3人がカッコイイ!中が紙ジャケと分けられているのが、なんか洋楽の輸入版を意識したのかな?と思わせるのも面白いですね。前作でちょっとと思った人にこそ聞いてほしいアルバムですね。
オススメ:(2),(14),(7),(1),(13),(3),(4),(6),(11)

“Full Of Harmony / DRAMA” の続きを読む

Heather Park / Dream In Pictures

01. What We Do (intro)
02. Dream In Pictures
03. Your Woman
04. 3 Meals A Day
05. Didn’t I
06. The Life
07. Baby I
08. Understanding
09. Is What It Is
10. Keep This To Myself
11. I Forgive You
12. Leave me To Dream

(総評)

2006年最初に出てきた素晴らしいアーティスト!見た目から解るとおり、アジア系の女性シンガーで、アジア系の女性が持つ独特な清楚感と女性的なしなやかさと内面的な芯の強さ、そして女性の持つ弱さ・・・女性らしさを感じることができる歌声や歌い方をもっているのです。彼女自身の容姿も独特な艶っぽくて、SEXYでどこか影がある雰囲気がたまりません。妖艶でさえある、その女性的な魅力に溢れたその歌にはついついグッと引き込まれてしまうものがあります。どこか弱々しい雰囲気も持ちながら、でもその爽やかでセクシーな歌声が、どこまでも広く優しく包み込んでくれるような感じがします。時には、強さを見せてくれる・・・本当に深みがあるシンガーがでてきました!
彼女の歌は、とても深みがあり、SEXYなのです。優しくて透き通る心地よい爽やかな歌声で歌い、そして見事なフェイクを見せてくれます、そのフェイクやシャウトが女性的な芯の強さを感じさせてくれます。サウンド的にも、アコースティックな曲から、ソウルな雰囲気を崩さない程度の打ち込みを入れてきたりと、全体的な雰囲気を優しいソウルフルな雰囲気にまとめつつしっかりと彼女の曲の味を出してくれています。
彼女自身は韓国系のアメリカ人みたいなのですが、黒人の女性シンガーにはない、表現力をもっています。本当に魅力的な歌を歌えるアーティストで、声だけじゃなくて、もっと歌唱力とか表現力とかそういうところで、一歩も二歩も上をいっている女性アーティストです。ぜひ、多くの人に聞いて欲しい逸材です!
オススメ:(6),(7),(10),(2),(3),(5),(9),(11)

“Heather Park / Dream In Pictures” の続きを読む

Public Announcement / When The Smoke Clears

01.Intro
02.Put Your Drink Down feat.Gitt It Boyz
03.Let Me
04.Guessing Games
05.You Don’t Have To Cry
06.YEP
07.Pa Hot Line
08.Stepper Friend
09.What If He Knew
10.Girl, I
11.I’ll Be
12.John Do2 2
13.What it Gonna Take
14.One More Try
15.Freaky in the Club
16.What’s Good
17.Put Your Drink Down (REMIX)

(総評)

メジャーリリースとしては本当にひさびさになるPublic Announcementの新譜!以前メンバーAceが出したアルバムがインディーズからリリースしたり、Aceの曲なのに、Public Announcement名義でリリースがあったりと、二転三転しまくってたグループですが。やっと安定してリリースできる状態にこぎつけたようです。しかもメンバーはAce以外は前作から残っています。しっかりと歌える4人がそろったことは奇跡でしょう。現在のメンバーは、Feloney, Earl, Glenn, Mar-Kの四人!作曲は、Feloneyが、作詞を行い、Produceは、Earl Robinsonが行なっている曲が多く、彼ら二人中心のユニットだったんだなと、改めて感じさせられます。
肝心の内容ですが、HP先行試聴で話題となった「Guessing Games」のような名バラードがあるかと思えば、R.KELLYのような現行サウンド「Put Your Drink Down」で盛り上がったり、男性だけでのカバーという点で新しいカバースタイルの「You Don’t Have To Cry」があったり、、バラエティーに富んだ内容で、グループ物の作品としてトータルとして楽しめる趣向がこらされています。「Geroge Progy」をサンプリングしたちょっと前にR.KELLYが流行らせたSteppersの曲「Stepper Friend」があったり、本当にいろんなタイプの曲が、ググッと押し込まれたようなアルバムです。
注文をつければ・・・、いろんな曲に挑戦しすぎてアルバム全体として煩雑になっている感じがあることと、これだ!って曲があともう数曲欲しかったことと!それと、ジャケット・・・この4人はどうかと・・・HPの画像はスーツでビシっと決めてカッコよかっただけに、ちょっとジャケットの服装というか、画像にはちょっぴりガックシ来ましたが、そんなの気にならないぐらいに、久々の復活作にして、充実作です。
目立った曲は、スローの4曲目、11曲目での、後半の力強いシャウトには思わず気持ちよくて唸ってしまいます。R&Bの楽しさを教えてくれるような、充実した内容の作品で、2006年の最初を飾るには相応しい作品でした。
オススメ:(2),(4),(5),(8),(11),(12),(14)

“Public Announcement / When The Smoke Clears” の続きを読む

Heather Headley / In My Mind

01.in my mind
02.am i worth it
03.wait a minute
04.i didn’t mean to
05.how many ways feat.Vybz Kartel
06.back when it was
07.what’s not being said
08.losing you
09.rain feat.Shaggy
10.the letter
11.me time
12.change

(総評)

2002年最高傑作であった作品を届けてくれた舞台俳優でもあるアーティストHeather Headleyの待望の2枚目がついにでました!その表現力の豊かさ、でも舞台的な雰囲気よりもよりストレートでSOULFULな歌い手である彼女を前作では、Jam&Lewisが最高のプロダクションをしてくれて、2000年以降の女性ボーカリストの最高峰の一作だったのは皆さんの記憶に新しいところでしょう。その期待にこたえるように、この作品でも彼女の伸びやかで表情豊かで心の芯に響き渡る歌声が堪能できます。今作では、よりProducerもバラエティーに富んでいて、Lil’Jonなども参加しているのですが、やはり彼女の圧倒的なまでの歌の魅力にかかれば、全てがHeather Headleyらしい作品になるのでした。でも、そんな強さも持ちながらも、曲によって面白い部分を見せてくれたり、本当の意味で新んどん聞き手に提示してくれる歌い手だと思います。まさに本物のシンガーです。彼女は。
Lil’ Jonがあまりに異色なので他のプロデューサーに目がいかない感じですが、他は実は前作で全てを仕切ったJam&Lewisは、7曲目のみで、他は様々なプロデューサーが担当しているのです、壮大な名曲である1曲目は、Shannon Sandersが見事なプロダクションを見せてくれ、その他にもMusiqで有名なCarvin “Ransum” Haggins and Ivan “Orthodox” BariasやBabyfaceなど、そして、今話題のNE-YO!など有名プロデューサーが軒を連ねていて、彼女の前作がいかに評価の高いものだったのかが窺い知る事が出来ます。もちろんいろんなプロディーサーがいるので、曲調も前作よりも表情豊かで、彼女の様々な魅力を見せることに成功しています。でも、彼女のその歌声が力強さ、真っ直ぐさ、表現力の豊かさという基本的なところはどの歌でも見れるので、安心して聞くことが出来ます。素晴らしい!
やはりこのアルバムでは1曲目の壮大さを見せ付けるよう作品の完成度が物凄いのですが、その他にも、彼女のパワフルで広がりがあるボーカルをうまく見せている2,3,8,10曲目や、NE-YOが絡む4曲目のようなサウンドの面白さを感じさせてくれるものや、7曲目のような女性らしい優しさを見せる作品があったり、5,6,9曲目などUPサウンドや彼女の今までなかったスタイルの曲も入っているのですが、アルバムトータルとしてとてもまとまっているので、すんなり聞けます。あと無駄に長くないところも、このアルバムを心地よく聞ける理由でしょうね~。
とにかく、やっぱりHeather Headleyは、現在のR&Bシーンの中でも抜きん出た存在だということを改めて証明してくれた一枚でしょう!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(7),(8),(10),(11)

“Heather Headley / In My Mind” の続きを読む