Full Of Harmony / DRAMA

01. DRAMA ~Introduction~
02. MUSIC TRIBE featuring Q, KM-MARKIT
03. UTAKATA
04. YOU&I
05. Sweet home featuring マボロシ
06. Through the GATE
07. Angel
08. PARTY TIME
09. 涙の数だけ
10. himatsubushi ?Interlude?
11. FLAVA
12. another world
13. SUPERSTAR
14. Harmony

(総評)

通算5枚目となるF.O.HことFull Of Harmonyのアルバムは1st、3rdアルバムに続く傑作アルバム!Full Of Harmonyと名前を変えてから、どちらかというと歌や歌詞をメインに据え、歌が聞き手に届くことを第一に歌っているような感じで、前作のアルバムはサウンド的にも少し彼ららしさが消えてしまい、面白みが半減してしまった感じがしたのですが、このアルバムは村山晋一郎氏と、新鋭のUTA氏などのサウンドプロデューサーが最高のトラックを提供してくれていて、改めて彼らの原点であるR&Bというサウンドで聞き手を引き付けてくれます。さらに、本来の彼らのR&Bのハーモニーを大事にした部分もしっかりと出ていて、まさに、King Of Harmonyと呼ぶにふさわしい一枚です。特に14曲目でのハーモニーの美しさは今までのアルバムの中でも随一かもしれません。そして、このアルバムをさらに素晴らしいものにしているのは、2曲目「MUSIC TRIBE」で見せてくれる勢いのあるサウンドに、HIPHOPアーティストを積極的に採用したその姿勢でしょう。貪欲に新しい物への挑戦し、新しいプロデューサーを採用しサウンド面も改善していることが、このアルバムの完成度を高くしています。
このように、ファンが望む方向性に修正してきたことは、本当にうれしい!やっぱり彼らにはただの歌謡調なバラードよりも、R&Bの90年代ボーカルグループが示したカッコイイハーモニーをどんどん取り入れた曲を出していってほしいですね。それが見事に体現できる数少ないグループだと思うので。
特に注目したいのは、やはり、2曲目「MUSIC TIRBE」と14曲目「Harmony」。2曲目はTINY VOICE PRODUCTION期待のUTAと、14曲目は村山晋一郎さんのプロデュースの曲で完成度が物凄いのです・・・二人とも凄すぎです。二人とも複数のトラックを手がけており、7曲目「Angel」でも素晴らしい仕事を見せているUTAさんが音の使い方がホントうまくリズムが印象的な新しいR&Bサウンドをトータルでプロデュースし、Introや久々にいいシングル「YOU&I」を手がけた村山さんが普遍的な素敵なピアノが印象的なR&Bバラードを演出し、アルバムトータルとして、とても幅があって完成度が高いものになっています。また、13曲目では、去年なくなったLuther Vandrossへの思いを歌うなど、1stアルバムで見せてくれたR&Bへのこだわりと愛をまた再び見せてくれています。これがよりR&Bアルバムとしてのふり幅も持たせてくれて、1stアルバムに次ぐ完成度を誇るアルバムです。日本のR&Bの第一人者としてのFull Of Harmonyを改めて感じさせてくれる一枚です!
ジャケットも非常にかっこよくて、特に中ジャケの3人がカッコイイ!中が紙ジャケと分けられているのが、なんか洋楽の輸入版を意識したのかな?と思わせるのも面白いですね。前作でちょっとと思った人にこそ聞いてほしいアルバムですね。
オススメ:(2),(14),(7),(1),(13),(3),(4),(6),(11)

“Full Of Harmony / DRAMA” の続きを読む

Ralph Tresvant / Rizzwafaire

01.Sneaky
02.Love Hangover
03.Angel
04.Jungle Club
05.Strange Emotions
06.A Man Who Loves U
07.Save A Little Love
08.Slow Down
09.My Homegirl
10.Don’t Act Innocent
11.Somethin 2 Give U
12.Too Cool
13.Magic Underwear
14.Better Man
15.Never Noticed
16.Another Shot
17.The End

(総評)

New Editionのメインボーカルを務めるRalph Tresvantがひさびさとなるソロアルバムをリリース。New Editionといえば、Johnny Gillのソウルフルなシャウトと、このRalph Tresvantのハイトーンで美しいボーカルの掛け合いが見事な唯一無二のボーカルグループです。そのRalphのソロアルバムが12年ぶりにリリース。その艶やかなボーカルワークは聞くものを心地よい世界へ誘い込みます。この人が織り成す、全体的に男の未練みたいな湿っぽさがよくサウンドにも歌い方にも出ていて面白いです。
12年ぶりのソロ復活というだけでも大喜びしてもいいのですが、リスナーとして欲をいうならば、正直前半のビート中心の曲は飽きがきます・・・なので、後半の美メロ曲たちが中心だともっと評価が上がったアルバムであろうと思います。その辺が残念かな~。ベテランらしく美メロ勝負!っていうほうが、ある意味潔かったかなと。でも、もちろん現行R&Bのビートでも魅力的な部分も残してくれてはいるのですが、もう少し曲数を少なくしてインパクトのある歌で勝負してくれた方が魅力的だったと思います。これだっていう決め曲がないので、決定打に欠けるアルバムですが、力があるからこそ辛口な意見になりがちですが、アルバムとしては合格点です。このアルバムの中でも15曲目は美メロ曲でしょう!彼が出たなら、もう一つのNew Editionの看板のソロ作も期待してしまいますが・・・どうでしょうか?
オススメ:(3),(6),(9),(11),(15)

“Ralph Tresvant / Rizzwafaire” の続きを読む

Amazing / II

01.Intro
02.Wish
03.Bounce04.Style
05.Two (a cappela)
06.Two

(総評)

「熱いHeartを表現するReal R&B Duo Amazing」
北海道を代表するR&BシンガーAmazingがついに1stアルバムをリリース!Key-miとRyoの二人組R&Bデュオという日本ではLLぐらいであろう珍しい形態のグループ!札幌を中心に北海道各地のクラブで、その客を熱くする歌を披露し、現場での評価も非常に高かった彼らだけに、長くその音源としてのリリースが待たれていました。Delightful Musicのライブレポートでも何度もその名前を見たことでしょう。そしてついに自分達でトラックもメロディー、詞全てを作り上げ、これぞAmazingという名刺代わりの一枚がついに完成しました。
楽曲製作から一年という短いスパンながらも、それぞれの持ち味を生かしたアルバムで、日本人では珍しいと思うほどに綺麗で熱くソウルフルなバリトンボイスのRyoと、丹念な歌い方で高音が美しいKey-miの奏でるハーモニーは絶妙なものがあります。ホント二人とも、男っぽいかっこいい声をしていて、かっこいいだけでなく、それをうまく見せるメロディーの作り方にかけては、目を見張るものがあります!デュオの掛け合いって難しいのですが、それを感じさせません。そして、常に現場の盛り上がりを意識したスタイルなので、UPもカッコよくそれでいて、バラードも普遍的な美しさをもった素敵な曲を歌います。今回は、たった6曲(実質は4曲)でありながらも、1枚のフルアルバムを聞き終わったような充実感が得られます。全ての楽曲製作、詞、メロディーを自分達でやったセフルプロデュース作品でありながらも、いろいろな引き出しを感じさせる変化に富んだ流れが6曲の中でも感じられ、2人がお互いに切磋琢磨して、いい関係で作り上げていっているのがよくわかります。
前半はCLUBでのノリなどを重視した感じのノリのいい曲を配置して、心地よく音楽のリズムに自然と体が乗ることができ、そして、後半では、それぞれの曲が際立ってお互いを高めあうように配置され、印象深い2曲が続いていきます。その2曲のうちの一つ、4曲目「Style」では、ビート重視のクールで重厚な一曲を披露してくれます。最初のアカペラからの流れがホントかっこいいです。そしてなんといっても、6曲目「Two」で魅せるその美しいメロディーと、とても愛情がこもった素敵な歌詞が、聞くものの心をグッと離さずに引き付けます。この曲は、本当に胸に響き、若く北の地で苦労している二人の飾らない言葉だからこそ、思わず泣けてきてしまいます。本当に心のこもった素晴らしい歌を披露してくれますよ。
今は、北海道でしか彼らの活動を見ることはできませんが、必ずこらからいろいろなところで耳にすることになるでしょう、貴方もその最初の一歩を踏み出す仲間へなりませんか?

Delightful Musicオススメです!
オススメ:(6),(4),(3)

“Amazing / II” の続きを読む

Jahah / Mamas Only You

01.Back In the Day(feat. Stan Splif )
02.Everybody’s Up
03.Oooh
04.Gone
05.Leave a Message
06.Official
07.Saturday(feat. Mr. Moody)
08.Tonight
09.All I Need
10.Here We Are Again (feat. Mr. Moody)
11.No Time to Front
12.It’s For You
13.Ghetto Philosopher(Remix)
14.All I Need (T-SK Remix)

(総評)

突然日本でのリリースが決まったアーティストJahah!2004年にCD BABYで同名のアルバムはすでにリリースになっていて、インディーソウル好きの間では話題になっていた一枚でした。こちらは、インディーズで有名になっていた作品をベースに若干の修正を加えた一枚になっています。曲順なども大幅に変わっていて、飽きずに聞くことができます。一曲ごとに様々な面を見せてくれて、このアルバム一枚を通して、Jahahというアーティスト性をとことんまで見せ付けてくれるのです。歌だけではなく、簡単なRapならこなしてしまいます。なので、HIPHOPトラックの上でも歌っぽいRapを披露したりと、シンガーソングライター+αという強みをこれでもかと見せてくれます。彼自身は、LaFaceにいたほどの実力者なのですが、それもこのアルバムを聞くと納得です。
あまり彼自身のスタイルっていうのにこだわりはなく基本はサウンド面がオーガニックなサウンドが中心ですが、UPサウンドのかっこいい曲をやったり、美しいファルセットで押していくメロウソングを魅せてくれたり、しっかりとしたバラードで歌勝負をしたりと、本当にいろんな面を見せてくれます。この一枚でJahahというアーティストの多彩な面を見ることが出来ます。
最近では、Afar Feat Jahahとして、生音感覚のHIPHOPアルバムをだしています。(Afar / Afar feat. Jahah)これに代表されるように、ただの歌が上手なR&Bシンガーとは違う、HIPHOPテイストをもったシンガーなので、全体的にグルーブやリズムのセンスも良くて、長く聞いていても飽きのこないアルバムになっています。なんのけなしに、ふっと聞いていいなーと思える一枚です。
オススメ:(2),(6),(7),(8),(9)

“Jahah / Mamas Only You” の続きを読む