TERRY THOMAS / The Terry Thomas Experiment

01.Let Me love You
02.In A Zone
03.Lay Your Burdens Down
04.Just Thinkin’
05.Don’t Go To Bed Man
06.Daily
07.Something
08.Make Me Wanna
09.Take A Chance On Love
10.Didn’t I

(総評)

新人SOULシンガーTerry Thomasのデビューアルバム!インディーソウルにしておくにはもったいないほどに、歌が激渋で激ウマなそのねっとり具合に誰もが悶絶してしまうことでしょう。もう、このジャケからして歌える!っていう顔してますよ。でも、バリトンでぐいぐいいきそうにみえるのですが、その期待通りにぐいぐい歌い上げる曲もあれば、しっとりとテナーボイスで、魅了してくれたりと、意外と音楽的な幅が広くて、インディーズアルバムの中でも相当水準が高い一枚です!本当に歌いっぷりが見事で、アーバンメローでありながらも激唱していきます!
ほとんどをBalladが占める一枚ですが。ほぼ全ての曲で、その力強い歌声で、シャウトしまくります。最初抑えてても、やっぱり抑えきれずに吼え上げます!この吼えっぷりが見事でかっこいい!
プロデューサーのDeyon Dobson, Tim Owens(元K-Ci&JoJoのプロデューサー)がかなり素晴らしい仕事をしていて、キーとなる曲では、ちょっとファンクだったりUPビートに乗ったりと様々な面を見せて、彼の魅力を最大限に引き出しています。そうして、もう一人のプロデューサーJimmy Varnerが、これでもかと美メロを提供していて、その美メロの上で、Terry Thomasも魅力的な歌いっぷりを遺憾なく発揮しています。特に7曲目と5曲目、2曲目と、このアルバムの中心となる美メロナンバーは、全てがこの人の手によるもので、オーソドックスだからこそTerry Thomasの本当の歌のうまさが光る仕上がりになっています。どの曲も、2005年の名バラッドといっても良いぐらいのできです!二つのプロデューサーがうまく絡み合い、アルバムとしての完成度をすこぶる上げています!
これでもか!と歌い上げるタイプが好きな人にはたまらないシンガーの登場です!Carlie Wilson、K-Ci&JoJoや、Caseなど歌い上げ系が好きな人は必ず聞いてみましょう!
オススメ:(7),(5),(4),(1),(2),(3),(6)

“TERRY THOMAS / The Terry Thomas Experiment” の続きを読む

Eric Roberson / the appetizer

01.N2U feat.Marsha Ambrosius
02.What I Gotta Do?
03.Painkiller
04.Hesitation
05.Just A Dream
06.Softest Lips
07.Momma Told Me
08.The Moon
09.We Can’t Pretend
10.For Da Love Of Da Game feat.Raheem DeVaughn + V

(総評)

Appetizerこと”前菜”と銘打たれた通算4枚目となるアルバム。
なんで、様々な作品を含め4枚も出しているのに、Appetizerなのかしら?とか思ったのですが、それは、8曲目「The Moon」が収録されているからでしょう!実はこの曲93年に大学滞在時にワーナーから出した既発シングルなのです(現在手には入らないレア盤です)。この8曲目「The Moon」の素晴らしいことといったら・・・聞きほれます。Aaron Hallにも負けない吼えっぷりも見事だし、楽器を前面に押し出したメロディー展開があったりなど、素晴らしいことこの上ないのです。R&Bの名曲といわれるものの要素が、ふんだんに入っていて、Just The Two Of Usのサックス演奏のような一度ボーカルではなく、楽器で盛り上げるところがあったり、絶妙なバックコーラスを女性のボーカルでやるところなんて、定番中の定番だし、それでいて、狂おしく激しくシャウトしまくってて、定番でありながら、ありきたりじゃない、もうこれ以上ない!ってぐらいにEric Robersonの楽曲の中でも、抜きん出て素晴らしい完成度を誇る一曲へと、昇華されています!
その他の曲もどれも今までのどの曲達よりも、心をグッと掴み、一度聞いたら忘れないフレーズが満載です!どちらかというと、彼の1stアルバムに代表されるようなフィリー前面に押し出した感じが今までは多かったのですが、前作あたりから、徐々により古めなSOULな雰囲気を大事にしつつ、徐々に一度聞いて心をつかむフレーズを多くHOOKに持ってきていて、曲がわかりやすくなったのと、聞いていてあーこの曲!っていう感じで、すぐにわかるようなキャッチ-なフレーズが使われるようになっていて、楽しめます!
8曲目が抜群にいいのですが、その他にも、1曲目のような遊び心溢れる作品や、7曲目のような哀愁漂う雰囲気がたまらない一曲など、アルバムとしての表情もとても豊かになっています!
もちろんサウンド的にフィリー勢との仕事を大事にしつつも、様々なプロデューサーと曲を作り出していっています。かなり2005年にでた中でも、傑作アルバムの一つです。
もっと詳しいレビューは僕も参考にさせてもらってる素晴らしいdAbさんのサイトにありますのでそちらもご覧ください!
オススメ:(8),(1),(7),(2),(4),(6)

“Eric Roberson / the appetizer” の続きを読む

JC / all of me

01. Intro feat. Rashad
02. Ride feat. Playboy
03. Kandi Koated Gyrls
04. 2nd Chance
05. Lovin’ U
06. Go feat. Young Rell
07. Gotta Know
08. Breathe
09. I Know10. No More feat. Paul Christal
11. Can’t Keep Runnin’
12. Out of My Life
13. Friend
14. Ooh Awh
15. Tell Me Why
16. Hot feat. Gemini
17. Outro feat. Rashad

(総評)

若々しく瑞々しいハイトーンボイスで、艶やかに歌い上げるJustin “JC” Crowderのデビューアルバム!
このアルバム2005年のインディーソウルの中でも1,2を争うほどに曲の水準が高い!どの曲も魅力的なHOOKのフレーズが随所に用意されていて、思わず一緒に口ずさんでしまいそうになります。そうして、そのメロディーをさらに魅力的にさせているのが、彼の歌声とフェイク!これほど美しい男性ボーカリストがいるのか・・・?というほどに、そのハイトーンボイスはどこまでも澄み渡り美しく、それでいて、あまりに熱い情熱を内に秘めたシャウトの嵐をこれでもかとぶつけてきます。歌声でやられて、そしてシャウトで心をかきむしられるのです、うーん、たまりません。
特にそのフェイク!フェイク好きにはたまらないほどに、本当に多彩なフェイクやシャウトをかましてくれていて、美しい歌声にウットリしつつも、そのフェイクの嵐に、胸を熱くさせられてしまいます。その中でも最高なのは4曲目「2nd Chance」で見せるどこまでも美しく・・・ただただ美しくどこまでも伸びていくファルセットシャウト!・・・その美しいファルセットでのシャウトに悶絶し驚愕するしかありません。しかも、この曲は2005年のBEST3に入る美しき名バラード!
男性ボーカリストの特権でもあるファルセットをこれほどに美しくフェイクも交えて魅力的に見せれるアーティストを僕は他に思いつきません。
しかも、彼は、若干23歳でありながら、アルバムのほとんどの作曲を仕上げ、プロデュースまでこなします!Nu Imageってグループに在籍し、現在も学校の先生もやっていたり、様々な経歴をもち、実はSo So Defでのデビューも検討されていたほどのアーティストなのです!やはりインパクトがあるその歌声に目がいきがちですが、サウンド面でもどの曲も十分に練られたサウンドで、ストリングスやピアノの使い方が非常にうまくて、スリリングでシリアスな展開の楽曲もあれば心地よいメロディアスで心温まる曲もあります。トータライズに考えられたアルバムで、ず~っと聞いていても、まったく聞き手をあきさせません。このJCは、本当にサウンドと、そのサウンドにのって自分のSOULFULに歌声を聞かせる術をよく熟知したアーティストです。2005年を代表するインディーソウルの名盤中の名盤でしょう。
カマDの2005年後半最も愛聴した一枚です。それにしても、これがCD BABYとユニオン以外で手に入らないなんて、とてももったいないですね~ぜひ購入してくださいね。
オススメ:全部!特に(4),(3),(9),(11),(14)は凄すぎ!(8),(5),(6),(7),(10),(12),(16),(1)

“JC / all of me” の続きを読む

KIERAN / BREATHE

01.RU Awake
02.Let’s Get Away
03.Breathe
04.Hard Times
05.Keep It Cool – (featuring Jazze Pha)
06.No More
07.Best Friends
08.Bump Intro
09.Bump
10.Hurt You Bad
11.Missing You
12.RU Awake – (featuring Jadakiss)

(総評)

2005デビューの新人KIERAH!インディペンデントレーベルからのリリース作品でありながらも、Scott StorchやJazze Phaなど今が旬のプロデューサーが絡んでいるヤバいアーティストの登場です!見た目どおり、かなり本格的なR&Bを歌い上げます!しかも、プロデュースさえも自身で行なうなど、マルチプレイヤーっぷりも見せてくれて、とても新人とは思えない仕事です。まずは挨拶代わりと言える一枚で、UPでの面白い曲のインパクトがあるので、まずはアルバムを一度聞くとそのアップソングの面白さに、目が行きがちですが、なんといっても、素晴らしいのはバラード群!どの曲もメロディーラインが美しく、決して声質的に恵まれているとはいえない、Keiranなのですが、丁寧に歌いこむことで、とても印象深い素敵なバラードを歌い上げています。心に染みますよ。しかもその何曲かは自作によるプロデュース!本当にこの人はバラードを制作する能力がかなりずば抜けているようです。3曲目”Breathe”,10曲目”Hurt You Bad “、11曲目”Missing You “で見せる丁寧なバラードは特に印象深いです。そして、7曲目”Best Friends”での切なさ溢れる歌唱やシャウトの嵐にはにはグッと来てしまいます。
そんな反面、Cedric SolomonやScott Storch、Jazze Phaの作る神出鬼没な最新鋭なビートにでさえ、軽快に乗りこなすんですから、彼の潜在能力の高さが見て取れます。特に2曲目のScott Storch作の”Let’s Get Away”でしなやかにビートを乗りこなすところなんてたまりません!プロデューサーにとってもとても料理しやすいアーティストなのでしょう。どのプロデューサーの作品でも、彼の魅力がうまく引き出されています。この一枚でKieranというアーティストの様々な魅力を一気に体感することが出来ますよ!
7曲目は確かに素敵なのですが、このアルバム、凄すぎる・・・って言う感じな、ずば抜けた一曲というのはないのですが、その分聞いていて、素直にいいな~と思える水準の高い曲がごろごろある素晴らしいアルバムです。こういうアルバムこそ長く末永くきける一枚となることでしょう。ひっそりと2005年の一枚として買っておきたい良作です。
オススメ:(7),(10),(11),(2),(3),(4),(5),(6)

“KIERAN / BREATHE” の続きを読む

Fella Fella / 2NITE [Back To The Bedroom]

01.TEASE
02.HUMP
03.2NITE
04.TASTE TEST
05.STILL
06.ONE DAY
07.COME & GET IT
08.SATISFY YOU

(総評)

2005年最高峰のインディーソウルグループFella Fella!Sleepy Wonderというアーティストが中心となって、本当に色濃い重圧なコーラスと歌声をガシガシと聞かせてくれます。90年代後半によくいた濃厚なコーラスの絡み合いとそこを駆け抜ける重圧で濃密なバリトンボイスという最高の組み合わせで聞くものを本物のR&Bの世界へと誘います!30分弱と短いアルバムでありながら、その歌声と、コーラスワークの素晴らしさで、2005年最高峰のグループモノアルバムの呼び名が高い一枚に上げられているのです。バラードだけではなく、UPでも現行R&Bでも十分にやれるカッコよさと、どこか90年代を思い起こさせる懐かしさを持ったサウンドでグッと聞き手をひきつけて躍らせてくれます!彼らの濃厚なコーラスワークは、UPでこそ冴え渡ります。そして、ひきつけた後で、メインのバリトンリードが濃密で激濡れ必死の悩殺バラードの2NITEで全てを持っていきます。いやはや、さすが、インディーソウルの帝王Michael J.Powellがプロデューサーだけありますよ。この1曲だけでも買う価値が十二分にあります!それほどにSweetで濃密なバラードであり、その濃密なバラードをこの濃いコーラスと熱いバリトンが絡み合い歌うんですから・・・もう悶絶モノです。
曲もどの曲も水準が高いですが、やっぱり一番はコーラスワークとメインのバリトンボーカル!これにつきますね~このグループは。本当に濃密な歌の世界を見せてくれます・・・
唯一の難点は、8曲入りととても短いことと、CD-Rなこと。ちょっと7曲目で雑音らしきものがありますが、気にしないっていうのであれば、絶対に買ったほうがいい一枚です!2NITEは、2005年のバリトンが吼えまくるという現在では少なくなったスタイルの名バラードの一つでしょう!
オススメ:(3),(4),(2),(1),(5)

“Fella Fella / 2NITE [Back To The Bedroom]” の続きを読む