112 / Pleasure & Pain

01. Intro
02. Let This Go
03. What If
04. U Already Know
05. Damn
06. Nowhere
07. Last To Know
08. I’m Sorry (Interlude)
09. My Mistakes10. If I Hit – (with T.I.)
11. Way, The – (with Jermaine Dupri)
12. We Goin’ Be Alright
13. Why Can’t We Get Along
14. That’s How Close We Are
15. Closing The Club – (with Three 6 Mafia)
16. What The H**l Do You Want
17. God Knows

(総評)

着実にJagged Edgeと共に男性ボーカルグループの主軸を90年代から構成し続けるグループ112の5枚目となるアルバムがついにリリースとなりました。最新のビートを取り入れることにかけては、以前はBadBoy所属ということもあり、見事というにふさわしいほどの、UPモノが多かったのですが、前作あたりから、いざこざがあり、近作は、Def Jamからのリリース!初心に戻ったような、歌を追求する彼ららしさが戻った気がします!アルバムは、前半が以前の路線をそのまま周到した形になっていて、DaronがProduerとしてもいい仕事をしていて安心して聞けるのですが、ちょっと既存曲過ぎるな・・・と思っていると6曲目あたりから、彼らの新しい試みを徐々に感じることができる一枚になっています。Jarmaine Dupriがここでもいい仕事をしていて、彼らの味をよく出した、切なげな曲や、新しい機軸のUP曲を見せてくれたり、楽しませてくれます。そのほかにもMario Winansなど有名どころがそれぞれ素晴らしい歌を提供してくれています。Mario Winansの最近の仕事としては、7曲目はいい仕事してますよ!聞き所です!特にSlim君の声も魅力的ではあるのですが、前作あたりから、徐々にSlim君の出番を控えめにしているのが、逆に効果的で、それぞれの歌のうまさをいまさらながら再確認する結果となってグループとしての完成度を上げています。特にDaronの歌いっぷりの成長には目を見張るものがあります。Daron自身でつくったりした、14曲目と16曲目でのそのクラシカルソウルな歌いっぷりには正直驚かされます!こんな曲もできたんですか?って思ってしまいました。そんな意外性も詰め込まれたアルバムになっていて、前作よりも楽しんで聞くことができますよ!ただ、今回もやっぱり曲数が、多すぎかなーと思いますけど(笑)
がんばってるな、ベテラングループとどうしても思ってしまい、爆発力っていうのは欠けていますが、でも、Daronを中心に、クラシカルなイメージで新機軸を打ち出してきているところはすばらしい!変にHIPHOPサイドによりすぎた感じを拭いさってくれます!R&Bグループモノとしては、N2Uとほぼ同時期だったので、評価は低めになっていますが、個人的には、彼らの味がでている良作だと思います。
オススメ:(13),(14),(12),(7),(17),(16),(6)

“112 / Pleasure & Pain” の続きを読む