The Temptations / legacy

01.Still Tempting
02.Round Here
03.Stay Together
04.Somethin’ Special
05.Pipty Pipty Love
06.Love To The Music
07.You Are Necessary In My Life (the wedding song)
08.mr.fix it
09.All The Wrong People
10.Baby It’s Me
11.Why Can’t We Be Lovin’ Friends featuring Danesha Simon
12.Never Let You Down

(総評)

オヤジたちがんばってます!Otis Williams以外は全てメンバーチェンジを常に繰り返しているThe Temptationの何枚目になるかまったくわかりませんが、新譜です!今作から、G.Cキャメロン!がリードボーカルとして参加していて、歌いまくっています!うーん、ステキ!ベテランになれば、自然と新作を作り出すということが難しくなっていくのですが、彼らにはそれは当てはまらないらしいです。新作でありながら、どれも水準がすこぶる高く、これぞテンプスと思わせる作品が目白押し!わかります?これってすごいことですよ。これだけのキャリアを詰めば、あーこれテンプスだね!っていうは、もうありきたりで新鮮さっていうのがないのが、やはり同じ人が作り歌うので当然なのですが、彼らにとっては、メンバーチェンジも適度にし、それがまったく当てはまらないのです。オヤジらしい良い曲を新鮮味を合わせて聞かせてくれるのですよ!これには、参りました。うーん、すごいの一言です。
やはり、今作品では、G.C.キャメロンが良い味を出していまして、「Love To The Music」でのマッタリ歌い具合はすばらしいです!もうねー、全員がリード取れるぐらい歌えるし、もう濃密濃厚って感じの歌いっぷりがステキです。そのほかにも、UPの出来がすこぶるよく、ボトムが効いたリズムトラックでガンガン聞かせてくれます。そして、秀逸なのが7曲目「You Are Necessary In My Life (the wedding song)」です。アカペラで始まったと思ったら、うわ!っていうぐらいステキなメロディーでノックアウトされちゃいます!まさに、おやGたちの力を見せ付けてくれましたよ。うん、バリバリ現役ですね、GCキャメロン!
もうただただテンプスの歴史とその力にひれ伏すのみという感じのアルバムです!今年持っておいた方がいい一枚ですよ~!
オススメ:(7),(6),(8),(3),(2),(1),(4),(9),(10)

“The Temptations / legacy” の続きを読む

Lyfe Jennings / LYFE 268-192

01.INTRO
02.INTERLUDE
03.MUST BE NICE
04.THE WAY I FEEL ABOUT YOU
05.SHE GOT KIDS
06.I CAN’T
07.HYPOTHETICALLY feat.ERIN
08.SMILE
09.GREEDY
10.STICK UP KID
11.CRY
12.26 YEARS, 17 DAYS
13.MADE UP MY MIND
14.MY LIFE
15.LET’S Do THIS RIGHT

(総評)

アコースティックギターを片手にブルージーに歌い上げるSOULアーティストLYFEのデビューアルバム!彼の独特のセンスがたっぷりといかされた一枚で、ジャケットでギターを担いでいるので、ギターサウンドだけが中心かな?と思いきや、しっかりとピアノやらなんやらたくさん入っているマルチなサウンドを披露してくれます!このしっかりとしたリズムトラックにのせ聞かせてくれる歌がまたブルージーで渋いんですよねー!でも、ブルージーだからといって、FUNKでSOULな本当のブルースっぽい感じとはまた違い、HIPHOPトラックにのせ軽快に歌い上げたり、ピアノの美しいメロディーにのって、優しく包み込むような歌声を披露したり、その幅はかなり広いです。
サウンドプロダクションも全て自分でこなすマルチアーティストでもあり、そのセンスのよさには、今後を期待させられます。かなり聞けば聞くほどよくなっていく曲が多く、最初は彼のちょっとザラッとした声の感じがいまいち気に入らないという人もいるかと思いますが、それはそれでどんどん聞くほどに味が出てくるので、何度も聞いてほしい一枚です。古い感じのSOULFULでいながら、R&Bの要素も入っている作品を求めている人にはうってつけですよー。
ただ、全部の曲が短めでありLYFEの低い声の語りが全曲入っていて、ちょっとそれはいらないかなって思うところもあるのですが、その辺がちょっとマイナス要因かなって感じです。あと、15曲目はバラードとしての完成度は高めですが誰でもがすごい!って思えるバラードでの良曲が少なかったのが、ちょっと物足りなさを後々に残してしまいます。
オススメ:(8),(15),(6),(5),(3),(4),(9),(10)

“Lyfe Jennings / LYFE 268-192” の続きを読む

ATL / The ATL Project…

01.Intro
02.Calling All Girls
03.Make It Up With Love
04.Let Me
05.It’s Us feat.Ciara Harris
06.Shawty feat.Cassidy
07.Holla At Ya Boy
08.You Are
09.I Wish feat.Ciara Harris
10.No More

(総評)

期待のR&Bグループのデビュー作!R.KELLYやBryan Michael Coxなど有名所のプロデューサーが曲を提供している話題のグループ!でも、何故か本国アメリカでのリリースはなく最近正統派R&Bの活気があるUKからのリリース!DANGER、L-ROCK、TRE、WILLの4人からなるボーカルグループでバリトンはいなくて、テナーボイスが主で、セクシーで甘いボーカルを聞かせてくれます。B2Kの後釜を狙うにはもってこいのスウィートな歌声が揃ったグループで、ある意味変則的な歌がない分、B2KよりもよりR&B好きにストレートに訴えることが出来ます。
このアルバムがデビューアルバムというわりには、物凄いプロデューサー陣が豪華で、R.KELLYを筆頭に、STEVEN RUSSELL, Mario Winans, Jazze Phaなど旬なプロデューサーがごっそりと参加!しかもTeddy Bishopなども参加し、しまいにはあのNight & Dayまでが参加!おーまだやっててくれたんだーうれしい!これだけ豪華なプロデューサーがいたら曲が悪いわけありません!良い曲ばかりですよ!それに、ATLの色をよくわかってて、あまり張り上げる感じではなくて、コーラスワークに重点を置いた曲が多いので、そこらへんを楽しむとこのアルバムの良さがよくわかります!featuringも、CassdiyやCiaraなど旬な人たちが多くて楽しめるし、その人選もあくまで声的にATLを引き立てるような感じになっているので、彼らのカッコよさが際立っています!
 そしてなんといっても3曲目「Make It Up With Love」の出来が最高です!さすがNight&Dayでしょう!テナーで透き通るような声でこれほどシャウトされると、もうノックアウトです!久々にグループものでいいのがでてきました。2005年はグループモノの年になりそうですが、その流れはこのATLから始まっています!ぜひ手にとって効いてみてください!
オススメ:(3),(8),(2),(4),(10)

“ATL / The ATL Project…” の続きを読む

TOSHI / TIME TO SHARE

01.BEATING OF MY HEART
02.LIVING FOR TODAY featuring Mos Def
03.BREAKING THROUGH
YAHEAT/MYBEAT (Interlude Part 1)
04.HOLD ME DOWN featuring Angie Stone
05.NEVA SATISFIED
06.SHADOWS OF YOUR LOVE
07.IT’S TIME
08.’CAUSE YOU’RE SO BAD
09.HOPE YOU’LL BE WELL
YAHEAT/HYBEAT (Interlude 2)
10.VOODOO WOMAN featuring Renee Neufville
11.LIVING FOR TODAY

(総評)

ついに待ちに待ったTOSHIこと久保田利伸のUS盤の3枚目がリリースとなりました!USに居を構え、もう十年!それほど長い年月をUSで費やし、本場の音を吸収し、Raphael Sadeeq、The Roots, Mos Def, Angie Stoneなどの様々なNew Classic SoulからNeo Soul、フィリーと呼ばれる流れの、主流のR&Bよりもより深くSOULに根ざすアーティスト達との深い交流を経て生まれでた、傑作SOULアルバム!USでもトップレベルのアルバムを届けてくれました。  TOSHI KUBOTAとしての彼の作品の中でもその中心的なサウンド面での試みが大きく飛躍した作品でしょう。Urbanな雰囲気も漂わせつつNeo Soulやフィリーと呼ばれる独特のSOUL回帰作品に根ざしたサウンドを展開していく中で、久保田の歌の躍動感が絶妙に混ざりこんだ秀逸な作品に仕上がっているのです!特にTOSHIとして改めて名前を変えたあたりがMusiqなんかを連想させますが、そのつながりでしょうか、仲間内からTOSHIと呼ばれているのかな~?でもそのつながりかどうかはしらないですが、MusiqをヒットさせたCalvan & IvanがProduceでかかわるなど、フィリーの地の息吹がかなり練りこまれていながら、下にレビューを書いたAngieなどの本当にSOULを表現できるアーティストとも組んで、今までにないSOULFULな作品に仕上がっています!特にバラードにおいてのAngie Stoneとその相方Jonathan Richmondの役割は大きく、TOSHIと意見を交換しながら最高の曲たちを作り出しています。そんな素晴らしいProducer陣に囲まれたおかげで、それぞれの曲が特徴があり面白い!それに加えて、流れが重要視されていて、一気に最後まで聞いてしまう、素晴らしい一枚になっています。決して短いとも思わせず、退屈な曲もなく!すばらしい曲が11曲ずらー!と並んでいるのです。これは本当に最後までしっかり聞いて欲しいです。バラードとFUNKYな楽曲のバランスも見事としか言い様がなく、バラードでは様々な種類のバラードを聞かせて楽しませくれて、FUNKYなBeatの曲では、じっくりと体に染み入り躍らせてしまうような彼のフェイクを堪能させてくれます。本当に濃密な50分を過ごさせてくれますよ。
 まずは、シングルカットされている「Breaking Though」を聞いてみて欲しい、前述のCalvan & IvanによるProduceで、その艶やかで美しいサビと、絶妙な躍らせてくれる素晴らしい躍動感と、彼らしい独特のフェイクのかかった歌声!久保田のFUNKYさと、ネオソウルが絡みあい、熟成するとこれほどまでに素晴らしい曲が出来上がるのである。この歌の見事なこと!
http://www.toshionline.com
↑ここで、そのPVを見て欲しい、一緒に踊りたくなることだろう。そのほかにも、見事な曲のオンパレード!その後のAngieとのデュエット「Hold me down」での二人の絡み合い!もうその美しさに心奪われます。そして、Introで絶妙に入ってくるTOSHIのファルセットを用いたコーラス!このアルバムこのファルセットを用いたコーラスの積み上げ的な手法がよく使われていて、これが効果的にメロディーに変化を持たせて聞かせてくれるのである。そのほかにも1曲目「BEATING OF MY HEART」での一緒に鼓動を打ってしまうBeat!とゆる~い歌い方!「SHADOWS OF YOUR LOVE」での絶妙な上ずった歌い上げ方など、改めてTOSHIの歌唱力の高さも見せ付けてくれて。もちろん「’CAUSE YOU’RE SO BAD」のような遊び心溢れるFUNKも見せたり、11曲目のようなマジでカッコいいサウンドを展開したり、もう飽きさせない怒涛の展開を見せてくれます。リリック面でも彼らしい平和を歌う歌からラブバラッドまで面白く聞かせてくれます
じっくりと何度も聞いて欲しい!そうすることでこのアルバムはまた違う味わいを見せてくれ、貴方の耳を楽しませてくれることでしょう。それほどに奥深いアルバムであることをここに記する。まさに、傑作SOUL,極上R&Bアルバムを届けてくれた久保田利伸!これを聞かずして、日本でR&Bを語って欲しくない!15年来のファンであることを差し引いても、今年でたアルバムの中でも傑作名高いRashaan Patterson, Profyleと対等に並び賞されるほどの極上のR&Bアルバムですよー!
オススメ:(3),(4),(1),(6),(8),(10),(11),(2),(7),(5)っていうか全部です。

“TOSHI / TIME TO SHARE” の続きを読む