Public Announcement / Chicago Soul

01.When Ya Man Ain’t Home
02.If I Could Open Up My Heart
03.Everything’s Out In The Open
04.Still My Baby (My Dedication)
05.Call Me
06.Baby Girl (Chicago Steppers)
07.Commitment (The Wedding Song)
08.Sexy Body (Club Version)
09.Fast Lane (Seat Belt On, Seat Beat Off)
10.What’s A Man To Do
11.Hold Me In Your Arms
12.Simply Maybe
13.100 Reasons
14.What Love’s About
15.Get On Up
16.Everything’s Out In The Open (Soul Version)

(総評)

Public Announcement通産4枚目となる今作は、Deepな歌世界を展開する一枚。Aceを中心としてその濃厚なコーラスワークをいかんなく発揮しています!インディーからのリリースとはなったが、Productionなどはしっかりしており、そのコーラスワークの良さと歌のよさを引き立てます。R.KELLYと組んでいたこと、そして、アルバムタイトルにもなっている通りChicagoを代表するボーカルグループであり、しっかりとR.KELLYが今年流行らせたステッパーズをも取り入れいて、このアルバム自体は今年前半のリリースであることを考えると、R.KELLYよりも先鋭的であったといえますね。R.KELLYとPublic Announcement両方買ったという人は、ちょっと聞き比べると面白いかもしれません。彼は吼えるだけじゃなくて、しっとりと歌い上げることもできる実力あるグループなので、楽曲の幅のある本策は、彼らの良さを引き立てていて、傑作と呼ばれた前作に近い出来です。ちょっと曲数が多すぎるように感じる場面もありますが。得意Aceの歌声の深さには感嘆するばかりです。どの曲でもしっかりシャウトしまくり悶絶させられます。またサウンド的には、やっぱり、5曲目「Call Me」の強烈なイントロはたまらんです。それにシャウトも後半のAceの曲達ではこれでもかと聞かせてくれますよ!
前作はどちらかといえば、現行R&Bを完全に意識したつくりで、彼のもっとも得意とする情熱的なバラードを中心としながらも「Mamacita」などの強烈なUPサウンドを聞かせてくれたのですが、近作はより彼らの地元Chicagoの伝統や、彼ら自体の歴史を見せてくれるSOULな曲たちが多いのも楽しませてくれます!長く聞ける一枚ですよ。ただ、メンバーのAceのみの曲が結構多くて、実際に、Aceのソロアルバムと同じじゃない?って曲も多く収録されていて、男性ボーカルグループの掛け合いが好きなのよー!っていう人には、物足りない出来にもなっています・・・女性のコーラスが入っているのはほとんどそうですね。それに、ジャケもインディーズにありがちな本当に紙ジャケ一枚。しかもどこだかしらないけど、後ろには、Johnny Gillと、Ace、Sean Levertが出るイベントの告知まであったりして!うーん、謎。本当にPublic Announcement全員で作り上げたって感じじゃないのが、なんとなく残念なところです。でも、いい曲は多いですよ!特に最初の3曲はPublic Announcemnetのよさを存分に伝えてくれます!
オススメ:(1),(2),(3),(5),(6),(7),(8),(10),(12),(13),(14)

“Public Announcement / Chicago Soul” の続きを読む

Samson / Atmosphere

01.Atmosphere
02.Take 5:
03.Sooner or Later
04.Talk to Me
05.There For You
06.Emergency
07.Soul Mate
08.Priority
09.Medicine Music

(総評)

2004年のインディーソウル界をにぎわし、さらにメジャー系のレコードショップにまで置かれることになったのが、このSamson!彼のバリトンボイスが素晴らしい~!ちょっとかすれ気味な声を上げるその太い喉を曲に合わせて上手に使い分けていきます。熱唱系というよりは、物凄い喉を持つバリトンボイスを自在に操り、ちょっと余裕を持って感情豊かに歌い上げていくタイプのシンガーです。もともとは、Sam Loganという名前でサントラでもその名前を見せていた彼ですが、ここまでSOULFULな作品を持ってくるとは・・・さすがです。ただ、吼えまくるわけじゃ~ない唸ったり溜めたり押して引いてと、味のあるバリトンボイスの歌いっぷりに、思わず唸ってしまいます。非常に上手いな!と思わせる節回しが多く、聞き手を飽きさせずに、楽曲にのめり込ませます。
 バリトンボイスのアーティストって最近だとBig Jimが代表格ですが、あとシャウトっていう点では、TERRELLやTashawn Kingなどシャウトが見せ場になっているアーティストはたくさん出ていますが、感情を露わにしつつ高度なテクを使いこなすTERRELLや、チラッと若さを見せつつも吼えて大人な雰囲気をかもし出すTashawn Kingと違って、Samsonは、安定感があって、安心してその技量に身を任せてしまえるようなアーティストです。そう、Big Jimのような声でもっていけるアーティストに近い感じです。切なかったり上げ目だったりのメロディーで持っていくというよりも、その歌声に秘めた感情の起伏で、聞くものを魅了していきます。吼えるときも、どこか控えめに、サウンドとのバランスを上手く計っています。
楽曲的にも彼の歌声のよさを引き出すように、あまりやかましい感じの音は使わずにあくまでシンプルに、その声を中心に持ってきているプロダクションが素晴らしいのです!スローが多めでありながら、最低限の音で面白く広がりのあるサウンドを展開していくので、飽きずに聞くことが出来ます。サウンド的には、90年代や70年代SOULを思いっきり意識しつつ、きちんとしたSOULアルバムとして完成された一枚となっています!ちょっと9曲と短いのですが、それでも彼の歌声の濃さがそれを補って余りまります。一切捨て曲なしです!
これほどのインディーソウルが、メジャー流通しているということが、本当にうれしくなってしまいます。AmazonやらUnionやら、CD BABYとかいかなくてもあるんですから。下のOfficial Siteではアルバム未収録の音源も聞けますよー!これがカッコいいのです!ぜひ聞いてね!
オススメ:(1),(2),(3),(4),(6),(7),(8)

“Samson / Atmosphere” の続きを読む