Desmond Dennis / Can You Stand the Rain with his Groomsmen

いはやは、素晴らしい!ひさびさに感動しました。驚嘆の声をあげちゃいますね。下にMusic Video風のもあるのですが、上のダンスがね、たまらんのですよ、当時を彷彿とさせるというか、クラシックなダンススタイルをこれでもかと華麗に見せてくれる彼らに惚れ込みます。こんなの結婚式でやられたら、素敵ですよねー。

さてこの曲90年代の有名なNew Editionの名曲「Can You Stand the Rain」なのですが、本物以上に素晴らしいカバーを披露してくれています。なんせダンスが雰囲気にあっていて完璧ですしね。
Desmond Dennisというシンガーなのですが、特に核にも歌がうまい!しかもソウルフルですよ。「Options」というアルバムも出していますし、近年YouTubeで面白いカバー動画をたくさんあげているようです、古くはSJ3というグループにいたそうですが、よく昔の音源を探していたら「The Shool Years」ってアルバムがあるじゃないですか・・・。もってるじゃん!あ、フロントマンのこの子って感じです。確かにセクシーな歌いっぷりで今後期待できるなーと当時思ってはいたのを思い出しました。

よく見たら、Groomsmenって書かれている動画のメンバーもSJ3のメンバーの子たちじゃないですか!R&BらしいR&Bが最近聞けなくなった昨今ですが、若い人たちがこういうのを素敵にカバーしている動画を見てしまうとうれしくなります。ちなみにSJ3が聞きたい人はSpotifyにもあります。「Fighting for Your Love」 は本当にシャープなかっこよさがあってしびれますよ。On Our WayとSmileとControl 最後にだしたThis Is Itって曲が好きです。

こういう私が若いころの名曲が歌い継がれていくのは、うれしくもあります。フェイクの完成度は原曲超えてるんじゃないかと思わせてくれます。

ちなみに原局はこちらです。やっぱり音のクリアさ若干違いますが、このセクシーな歌いっぷりは素敵ですね。

最後はほかの人のパーティーでのライブですが、こんなパーティーたまらんですね。最初Jagged Edgeから、素晴らしいR&Bのオンパレードです。これ以外にもカバーがたくさんあります。

Jacob Latimore & Jagged Edge / Sleep With Me

ひさびさにR&BのMVでも。2010年以降で唯一R&Bの良心を残しながらも、新しいサウンドを提供してくれているJacob LatimoreとLegend Jagged Edgeとの一曲です。スムーズな流れで、心地よい歌声を聞かせてくれます。これぞR&Bというフローとフェイクとメロディーを聞かせてくれています、豪華ですよね~。

Awesome City Club / 最後の口づけの続きの口づけを

Awesome City Clubらしいどこか懐かしさと切なさを感じさせる一曲です。二人の歌声が絶妙に絡み合うサビのメロディーが耳に残ります。何度も聞きたくなります、MVもどこか危うさと、現実とのギャップや浮遊感を感じさせて、古い映像の雰囲気が、歌詞の変われない自分たちの気持ちの揺れとうまくマッチしているように感じます。彼らの作る曲は、おしゃれで切ない曲が本当に似合います。

Meteor / Crazy

これは、本当にあつい!ひさびさにこんなR&B然とした一曲を聞きました。本当に素晴らしいです。サビに向かっていくむさくるしいぐらいに熱いコーラスとフェイクの掛け合いがたまりません。最近の洋楽でも聞けないですよ。ここまでの熱気は。これがR&Bグループのコーラスとフェイクの使い分けのお手本ような濃さです。ここまでの濃い掛け合いができるのは、JodeciやIII Frum Tha SoulとかCaseとCharlie WilsonとのNo Regretとかを感じさせてくれますね。

R&Bが好きっていうなら、これを2020年にこれを聞かないという選択肢はありません!

Awesome City Club / ブルージー

Awesome City Clubのバラッドの真骨頂です。彼らの楽曲は聞きやすくてノリが良い曲が多いのですが、こういうさらっと素敵なバラッドを歌い上げるセンスの良さがたまりません。サビのメロディーで一気に持っていかれます。どこか、ぽつりぽつりと語るように歌う感じから、切ないメロディーが心に響きます。ふっと前を向けるようなそんな気持ちにさせてくれる一曲です。