泉 亮 / That thing you do

北海道を代表するR&Bシンガー泉亮くんの最新シングルは、R&B Sweet Song。柔らかく包み込むような歌声で、美しいUrban Soulなサウンドにのって、すべてを抱きしめるようにSweetで優艶に歌上げていきます。語り掛けるよう情愛を歌い描きながら大きく包み込む歌声と声色の表情で誠実さも伝わってくるようです。伸びやかな声で歌い上げていく心地よさがたまりません。そして、最後に向けての力強い声でのシャウトやフェイクは、亮くんの真骨頂ですね、今は柔らかい歌唱が多いですが、本来はシャウトのセンスやその力強さは本当に素晴らしく、声の重ね方も心地よく、これぞR&BのSlow Balladというにふさわしい一曲になっています。何度も聞くほどに、胸に染み入る曲になっています。

eill | プレロマンス(Official Lyric Video)

こちらも、映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の挿入歌であり、eillちゃんのアップテンポなメロディーセンスの素晴らしさを味合わせてくれます。こちらのMVも映画の映像と合わせたリリックビデオになっています。サビへの盛り上がっていく、ドキドキ感や疾走感が心地よく響きます。どんどん盛り上がっていく物語が進んでいくように、歌のメロディーも盛り上がりを見せてくれます。「どんな顔で伝えよう どんな声で答えよう」というフレーズをエモーショナルに歌い上げていくときの、何かが始まるようなドキドキした感覚が大切な気持ちを溢れさせます。琴線に触れるそんな一曲になっています。eillちゃんは、本当に明るい活発な雰囲気なのですが、eillちゃんの心にはもっとたくさんの素敵な想いが詰まっているんだなと感じさせてくれます。

eill | フィナーレ。 (Official Music Video)

イントロの「君はほんとにわかってないよ」っていう一言で、どこかもどかしい若い恋愛を感じさせるバラードの世界観に一気に持っていかれます。「ふたつの傘より相合い傘」など情景がわかって新しいと思える言葉選びが本当にeillちゃんは秀逸だし、それを盛り上げるメロディーはスローバラードでも魅力的でセンスがあります。映画『夏へのトンネル、さよならの出口』の映像を使ったMVで、まっすぐな恋の歌を、映像も合わせながら盛り上げていき、蒼いまっすぐな想いを感じさせる若い二人ががむしゃらに進むような思いを感じます。イントロの美しいストリングスと切なげなピアノの音色で盛り上げる壮大なバラードソングになっていてます。いろんなインタビューでいろんな海の音などをとって散りばめたといっている通り、聞くごとに耳に馴染んでいくような雰囲気を感じることができます。ここ最近のバラードの中でも、すべての人に響く心に染みる歌詞の世界が素敵です。最後に向けてすごいまっすぐで盛り上がる詞なのに、最後に「味気ないね でもそれがね 二人の幸せ」といってしまうところが、危うさを持つような気持ちの若さとその浮き沈みを感じさせてくれて、大好きなところです。

eill | HAPPY BIRTHDAY 2 ME (Official Music Video)

さいっこうにeillちゃんらしい元気いっぱいなHappyな一曲です!大好きな自分のこと祝っちゃおうよ!っていう元気いっぱいさが溢れていて、MVもちょっとリラックスした部屋の中から、楽し気な時間が始まります。こういう面白さがeillちゃんの楽曲に飽きが来ない魅力でもあります。だらっとつかれたーみたいな格好しているところが個人的にはかわいくて好きですが、ケーキを前にテンション上げたり、ちょっと変な踊りを踊ったりして、見ているだけでeillちゃんが大好きになれる一曲になっています。曲も楽し気なサウンドとメロディーR&Bっぽいかっこいい曲も作ると思えば、こういうHappyで楽しいサウンドも作れる彼女の楽曲政策の幅がすごいなと思います。最後に笛で盛り上げるところは、ちょっと思わず笑顔になって元気をもらえますね。彼女の明るさと可愛さが溢れたMVをぜひ見てほしいですね!

yama『色彩』MV(TVアニメ「SPYxFAMILY」第2クールエンディング主題歌)

yamaさんの新曲は人気のSPY×FAMILYのエンディングテーマ。編曲等は、盟友でもあるくじらさんを迎えての一曲。この組み合わせだと一発でわかる印象に残るサビの中毒性があるメロディーとそのメロディーをさらに唯一無二にさせる個性的なyamaさんの歌声が素敵です。そしてこの曲のMVでは、なんとダンスも披露していて、この曲にかける意気込みを感じずにいられません。このダンスを踊ること自体にyamaさん的に意味があって、表現者として、より幅を広げていっていて、最初は動かずに歌っていたyamaさんがより聞き手に、見る人に伝えることを大切にしていっているのを感じます。くじらさんのサウンドも変わった音を使ったり止めたりとアクセントが効いていて、聞くほどに癖になっていきます。SPY FAMILYという偽りの家族のモノがたりを、彩っていく曲の歌詞は、どこか自分の心に蓋をして偽るように生きて大人に囲まれながらも、そこにまっすぐな想いで明日に向かう強い意志を感じる歌詞が偽りに囲まれつつもお互いを大切にしてまっすぐに生きていく、物語とリンクして、前を向けるような曲になっています。