新譜情報 2011/11/23

Will Downing / Yesterday
なんとWill Downingのカバーアルバムがでるとは!間違いない完成度です!
Chris Joel / Seems That You Feel My Love’s Not 4 Real
歌えます!
Taj Munroe / A Million Bucks
線の細い感じで歌い上げます。
Sir Charles Jones / On My Own Again
なつかしいですねー!
Theefalcon / I Can’t Come Down
なかなか歌えますよー。
Aaron Nate / Rapport
ジャケがかっこいいですねー。
Sean Michael / So Ugly (feat. Mr. Ug)
ジャケ写はあれですが、中身はいいですよ!!
Black Ivory / Continuum
いい濃ゆいグループです!
Samuel Crown / Haunting Me
さわやかなシンガーさんです!サウンドも面白い!
Frank Anthony / I Don’t Deserve You
今風な作品ですね!
L.Green / It All Falls Down
シンプルでさわやかな曲調ですね。
Chris Jasper / Someone
ベテランさんは違いますね!
Gary Foote / Harlem Works
アーバンな作品です!
Adottmitch / Cupid Shot the Wrong Way
ちょっとポップな感じです。

新譜情報 2011/11/22

Gordon Chambers / Sincere
やっぱり、Gordon Chambersは素敵ですねー。まちがいないです!
Keenan West / Sweet Home Alabama
シックな感じですね。
Matt Seward / Take Me in
サウンド的にはゴスペルって感じですね。

III frum tha Soul / Time Waits for No One

III frum tha Soul / Time Waits for No One
もうこれは間違いない内容でしょう!III Frum Tha Soulの大復活ですよー!
すばらしすぎる!It’s Greatful!Delightful!
これを買わないとかはないですよねー。今年の最高傑作になれるか!
L.J. Reynoldsに勝てるのはここぐらいか?
もうこゆい!濃い~です。90年代後半の濃密な味わいがこれでもかと脳を耳を刺激します。

L.J. Reynolds / Get to This

L.J. Reynolds “COME GET TO THIS/STEPPING OUT TONIGHT”

すばらしい一枚ですよー。特に次の曲が神がかってます!It’s Greatful!
L.J. Reynolds – Baby Come Back!

これは今年もってなくちゃならんですな。