HI-D / fragrance

01.Mamacita
02.Throw your KISS
03.モノローグ
04.Melody Maker
05.騒がしい太陽
06.Where’re You?
07.A.O.GE
08.Can’t Go Back
09.COMING HOME
10.Neva Giva (Dream on Dreamer pt.2) feat.Cool M.B
11.愛こそすべて feat.BUTCHER
12.KOTOBUKI

(総評)

ついに、HI-D6枚目となるアルバムが、Universalに戻ってのリリース!しかも2007年中では二枚目のアルバム!というハイペースなHI-Dの活動を象徴するかのようなすばらしい活動です!
このアルバムHI-D自身がいうようにどう取られるんだろうか?という言葉がよくわかるアルバムになっています。今までのHI-Dらしさもあるのですが、どちらかというと、R&Bというものを残しつつも、もっと幅広い間口のリスナーに向かって門戸を開いているような曲が多く、特に3曲目「モノローグ」では、POPSサウンドですが、しっかりとHI-Dらしい歌を聞かせているというHI-Dというフィルターを通してどうこういう曲が聞こえるかということ、さらにはもっとR&Bというサウンドにもっと多くの人に耳を傾けてほしいシーンが広がってほしいというHI-Dの心意気が感じられる作品に仕上がっています!
豪華な作曲、作詞の人を迎えつつ、そんな中でも気心のしれたEQやをサウンドの中心として、しっかりときちんとR&Bとして抑えるところは抑えているところがこのアルバムの肝で、じんわりと心に残る曲が多く、なかなかの一品に仕上がっています。特に河口京吾、Gary Newby、吉川慶という同じサウンドプロダクションの面子がかなりいい仕事をしていて、このアルバム随一のバラード12曲目「KOTOBUKI」での結婚式の幸せなその瞬間を見事に描き、その雰囲気にあったサウンドプロダクションは見事です。さらに、よりシーンを盛り上げるという意味で、九州で地道な活動を続けるベテランCOOL M.Bを招いての一曲のかっこよさ!これがこういう幅広さもアルバムのよさでもあります。特に後半での8曲目「Can’t Go Back」では、HI-Dらしいバラードが聴けたり、そこには若手で話題のシンガーJunearを招いたりと、いろいろと面白い試みを入れつつ、より聞きやすいものを提供しているその積極的な姿勢は、シーンを引っ張る存在としてのHI-Dの意識がさらに上にいったことを示しています。
初期のころのR&B Onlyなフロアライクな雰囲気は薄れましたが、その分詞の世界観の深みよりリアルな歌の、曲自体のよさを堪能してください。特に後半の6曲目「Where’re You?」あたりからのR&Bサウンドは、かっこよくて最後に「KOTOBUKI」でしっとりと聞くことができます。バラードを歌うHI-Dが好きな人も、上げ目を歌うHI-Dが好きな人も、お気に入りの曲が見つかるぐらい幅広いアルバムになっています。HI-Dの魅力をゆっくり聞いてじっくりと感じ取ってください。
オススメ:(12),(1),(3),(6),(7),(8),(9),(10)

“HI-D / fragrance” の続きを読む