H-TOWN / IMITATIONS OF LIFE

01.Nothin In Common Intro
02.Nothin In Common
03.Let’s Just Make It
04.My Pink Sky
05.Back Home To Lovin You
06.Strip Club Junkies
07.Thrill Is Gone, The
08.Here We Go Again
09.Cryin Out My Heart To You
10.Your Body (Interlude)
11.Feel Like Fire
12.Sex Dance
13.More Ways To Love A Woman
14.Champagne Bubble Bath And Me
15.The Day I Die
16.Stop Living In Colors
17.Unpredictable
18.She’s Actin Bad – (with Big Mike)
19.Slow And Easy – (with Zapp)
20.Spank Me

(総評)

H-TOWNのひさびさのアルバム!90年代を代表するボーカルグループの一つであり、Dinoの荒っぽくも温かみのある歌声の虜になった人も多かった、90年代特に前半を主な活動時期にしていたグループで、1997年のアルバムを最後に活動が見えなくなっていたのですが、2002年突然のメインボーカルのDinoの交通事故というショッキングな事件を受け、その幕を下ろしたかに見えた彼らだったのですが、その2002年の時点でアルバムをリリースに向けてかなりの曲数を作りこんでいたので、それを残りの二人が完成させたアルバムが2004年にひっそりと登場していました。Webではかなりの話題となっていたのですが、この作品が本当に名作というにふさわしい作品なのです・・・本当に惜しいとしか言葉がでないほどに、Dinoの素晴らしい歌声が冴え渡っています。彼を想い感傷に浸って聞くよりも彼の力強い歌声に圧倒されてしまうことでしょう、そしてその生き生きとした歌声をリアルに感じることができる素晴らしいアルバムです。
曲的にも古臭いという感じは全然しなく現行のR&Bシーンでも十分に通用しながらも、90年代のボーカルグループとしての良さもきちんと残しているところが好感が持てます。ちょっとサウンド的にチープな部分もあるのですが、それを補って余りあるDinoのメインボーカルとしてのソウルフルな歌声とコーラスワークの美しさ!そうして、どこか優しさをもったサウンドなど、彼らの味がとても出ている一枚だと思います。90年代のボーカルグループ好きにはぜひとも手にして欲しい一枚です、懐かしさと共にボーカルグループのこれからの道を見ることが出来るでしょう。 ただ、正直曲数が多すぎるというか、1枚には詰め込みすぎな内容のため、全部聞くには飽きがきてしまうことがあります。アルバム2枚分の容量があり、同じような曲調が並んだりするため、捨て曲はないけど、聞いてるうちにどの曲だったっけ?って思っちゃうのが、痛いところですが・・・でもそれを差し引いても名作だ!と叫べるほどの素晴らしいアルバムです。
オススメ:(2),(4),(5),(8),(9),(12),(13),(14),(16),(19)

“H-TOWN / IMITATIONS OF LIFE” の続きを読む

LITTLE [聖者が街にやってくる]

(概説)

KICK休止後のLITTLEのソロシングルの第2段は、このカバーです。でも、なんと、この曲のProduceがあのDJ YUTAKA率いる813 Productionの面子というところが驚きです。確かにサビのメロディーは大ネタ過ぎるので、賛否両論とは思いますが、そこまでの出だしからのサウンドのかっこよさは特筆ものですよ!ぜひぜひあの勢いを感じてください!そして、このシングルで一番うれしいのが、名曲”いいの”がリメイクされ、さらに原曲よりもかっこよくしあがっているというところが見逃せません!この一曲のためにかったといっても言いぐらいに素晴らしいリメイク作品です!1曲目は結構賛否両論があるので、好き嫌いが別れるとは思いますがサウンド的にはいい感じだし、それにこの3曲目のリメイクはカッコいいし!前作での今までのKICKのままの路線から、徐々にLITTLEらしさが入ってきていて、このままカッコいい曲がアルバムでは聴けるかな!と期待させてくれます。アルバムが楽しみです!

曲紹介

1曲目『聖者が街にやってくる』

タイトルを見れば、何をネタに使ったかは一目瞭然です。813のS.Singoによるトラックと、スカパラのホーンセクションが参加して、がっちり盛り上げていきます!LITTLEの韻踏みまくりのラップは顕在で、かなり楽しく聞くことができます。サビがどうもって人もいるかもしれませんが、なかなか楽しめる一曲に仕上がっています!勢いがある一曲です。

2曲目『12月』

12月が好きだからという理由で作られたDS455のDJ PMXと作られた一曲は、いい感じのマッタリ目な曲調が心地よいです!なんか、こういう普通なー感じの飾らないリリックもLITTLEらしくて、いい感じが、気持ちいいですし、Izという人の女性のコーラスも心地よく響きます。まあ、ゆったりときけます。

3曲目『いいの2004』

これがいいっす!ひさびさのリメイクモノですが、LITTLEはこういう自分の曲をリメイクするっていうことを結構やっていて、それがリメイクするたびにカッコよくなっていくんですねー。素晴らしい!本当に考えて曲作ってるんだなーっていうのが、よくわかります。ちょっとマッタリ目の一曲だった「いいの」が、テンポよくのれる一曲へと変化していて、一緒に歌いたくなります!これは素晴らしいです!サウンドが好きだなー!この曲のために買ってもいい一枚です!

www.kickthecancrew.com