TERRELL / TERRELL

01.INTRO
02.MAKING NOISE
03.MAKES NO SENSE
04.I CHEATED
05.ONLY ONE
06.THINKING ABOUT YOU
07.BABY U DON’T LOVE ME
08.THE ONE I LOVE
09.MATTER OF TIME
10.HARD FOR ME11.NEVER STRAY (INTERLUDE)
12.WITH ME
13.EVERYTHING
14.OUR LOVE TONITE (INTERLUDE)
15.LOVE
16.COME INSIDE
17.INTERLUDE
18.GOSPEL INTERLUDE feat.VANESA BELL ARMSTRONG
19.I SHALL

(総評)

2004年の最高峰ともいうべき超絶脳天直撃シャウトが聞ける一枚がこれ!!!シャウトってただがなるだけではなく、感情を露呈するかのように搾り出すシャウトを聞いたことがありますか?まさにそんな切ないほどのテナーシャウトをほぼ全部の曲で聞かせてくれるアーティストがTERRELL!彼の歌いっぷりがこのアルバムの全てを物語っています。まさに搾り出すかのような切なげなシャウト、感情に任せまくった脳天直撃系シャウト、絶妙にビブラートも効かせたり、ボコーダーなども上手く使ったり、それぞれを使い分けながらも、そのほとんどをアドリブのように複雑にMainのメロディーに絡めながら吼えまくるのです。もうその歌声がなんともSEXYでいて、吼えれば吼えるほど腰に来ちゃいます!しかも、音を外したり、ん?って思うようなところがまったくない、直感的に一番いいシャウトのパターンを探り当ててしまう才能!これが本当に凄いのです。それに、微妙に揺れる歌声なので、本当に歌声そのものがSEXYなのです!いやー絶対聞いた方がいいですよ。これの歌声に惚れましたわ!
サウンド的には90年代後半のR&Bが好きな人なら絶対好きっていうか思わずにんまりしてしまうような、打ち込みなサウンドや、しっとりとしつつも熱いBalladなど、アルバム全体から、熱気がムンムンと感じられます。こらー間近でこんなに風な曲たちを歌われたら泣きますよ。2曲目「Making Noise」や「Makes No Sense」という前半のUPのカッコよさで気持ちを持っていかれちゃいます。そして後半に近づくにつれ熱さを増していくバラードの素晴らしさ!一、二曲じゃないんですよ、いい曲が。本当に素晴らしいメロディーラインを作ることにかけても、才能があるなーと感じてしまいます。後半のSlow群の素晴らしさは、もう今年度No.1!特に、「Love」での最初のやっちゃってくれてるシャウトっぷりに悶絶です・・・卒倒して後ろに倒れそうですよ。そのほかにもHOOKのメロディーがステキな「Thinking About You」中盤のバラードの盛り上がりを見せる「THE ONE I LOVE」,「MATTER OF TIME」,「HARD FOR ME」そして、正統派なバラッド「EVERYTHING」でしっかりと聞かせてくれるバラード構成にはあまりのセクシーさと切なさにメロメロです。そして、「WITH ME」でJazzyに聞かせてくれたりや「I SHALL」などのもろゴスペルな曲もあったり、アルバムとしての幅もあります!ただ、全体の統一感が乱されるということはなく、盛り上がりとシットリした感じを繰り返しながらも、統一感の取れた一枚として聞かせてくれます。これほどの曲数を飽きさせることもなく聞かせてくれるのもうれしいところです!
カマDはですねー、こういうフェイクが上手い人って好きなんですよねー。TOSHI KUBOTAもそうなのですが、誰も真似できないような絶妙なフェイクやシャウト、複雑なそのラインがもうたまらんのですよねー。このTERRELLも、感情丸出しでシャウトしながらも、複雑でいて音を外さずにフェイク気味にシャウトをかましまくる様がなんともだぶるのですよね~。TOSHIはシャウトはあまりしないって点ではかなり違うのですが、このTERRELLのフェイク気味なシャウトでのアドリブの強さ!これは凄いと思います。それがこの人を一押しする理由です。本当に素晴らしいですよ!しかもボコーダーが使いすぎずに絶妙なところで入ってくるのもうれしいところです。
2004年のNo.1といっても過言ではないぐらいの作品です。ぜひ購入して聞いてみましょう。購入は、ディスクユニオンか、CD BABYで!
オススメ:(15),(2),(3),(5),(6),(8),(9),(10),(12),(13),(16)

“TERRELL / TERRELL” の続きを読む

EXYT / EXYT

01.Intro
02.Ain’t Gotta Lie
03.Weekend
04.Remember
05.You Should’a Listen
06.My Heart
07.I Found
08.Nobody
09.Tell Me
10.Shake It
11.Throw ‘Em Up
12.Tell Me [Remix]

(総評)

2003~4にかけての外せないインディーズの名作がこのEXYTのアルバムです、発売日的には2002年になってますが話題に上ったのが、2003年ごろなので。メロディー、ボーカルワーク、シャウトどれをとっても、インディーズ作品と呼ばれる域を凌駕した名盤です。これほどに完成度の高いボーカルグループアルバムはここ数年でも、数枚あるかないか・・・?っていうぐらいに完成度が高いです。正直これ以上のものは2000年以降のボーカルアルバムとしては1、2の指に入るほどの名盤ですよ!EXYTは、Regie,Lorenzo,steve,paulの四人からなるグループで、バリトンもテナーも歌いっぷりが素晴らしく、コーラスのバランスもよくメインを歌う二人との駆け引きも絶妙なのです!しかも、サウンド的にもJames ‘goldfingers’ Bevelleという人物が中心となり、90年代のR&B好きにはたまらないサウンドを提供しています。美しいBalladから、軽快なミッドサウンド、90年代の名ボーカルグループIII From Tha Soulのようなカッコいい濃密なUPサウンドまで、これでもかっていうぐらいにカッコいい仕上がりになってて、悶絶モノです。このプロデューサーにはしてやられた!って気分でした。
特に4曲目「Remember」の出来は凄まじく、稀代の名曲といっても差し支えないほどの素晴らしいバラードです!これには本当に泣かされました。本当にメロディーラインが美しすぎ、しかもバリトンのシャウトが半端じゃないので、涙無しには聞けませんよ!そのほかにも6曲目「My Heart」などの泣きのバラードを数多く取り入れた素晴らしい曲が多く、しかもただのバラードアルバムに終わらずUPサウンドでは、90年代の後半にはやったような濃厚なリズムトラックを中心としたカッコいい曲が多く、それをサポートするようにミッドテンポな曲たちでも、彼らの歌唱力を思う存分堪能させてくれます。本当に歌へのSOULの込め方が上手すぎる!思わず唸ってしまいます。しかもメインのバリトンとテナーのボーカル二人のシャウトっぷりが本当に見事で、押さえきれずに、シャウトしちゃう場面が多々あって、それがどれも絶妙で聞き手にグッとくること間違いないものばかりなのです。
これほどの名盤手にしない手はありません。。。今はAmazonで発売しておりますので、ぜひ買ってください!しらないと損しますよー!
オススメ:特に(4),(6),(2),(3),(5),(7),(9),(10)っていうか全部です。

“EXYT / EXYT” の続きを読む