Lemar / The Reason

01.Reason
02.Weight Of The World
03.Little Miss Heartbreaker
04.If She Knew
05.Trust Me
06.Over You
07.Mayday
08.Wait Forever
09.Not What You Say
10.Black Tide

(総評)

前作傑作SOULアルバムを聞かせてくれたアーティストLemarの4作目となる作品がリリースされました。UKサウンドに重きを置いた本作品の評価は分かれるところでしょうが、全体を通して、UKらしさとUSらしさのいいところが合わさったようなアルバムになっています。
前半のソウルフルな楽曲で魅せる力強い歌いっぷりは健在です!1曲目「Reason」から彼らしい伸びやかな歌声で聞かせたかと思えば、2曲目「Weight Of The World」では、聞き心地の良い歌声でうっとりとさせてくれます。そして、4曲目「If She Knew」では、Lemarらしいソウルフルでカッコいい歌いっぷりが見事です。やっぱりLemarといえば、その歌声!ソウルフルな歌声をいかんなく発揮しています。遊び心がはいった3曲目「Little Miss Heartbreaker」などちょっとしたアクセントも持たせつつ、聞かせてくれます。ただ、後半に行くとちょっと同じような感じを受ける楽曲が多くある中10曲と曲数が短いため、物足りなさを少し感じてしまうのも事実です。ただ、8曲目「Wait Forever」での爽やかな楽曲なんだけど、どんどん力強くパワフルな歌唱を魅せてくれるところは本当に見事です!
Lemarは、前作が素晴らしすぎたので、ちょっと拍子抜けな部分もないわけじゃないですがいい歌もしっかり入っている好盤ですね。
。爽やかな楽曲が多いのですが、彼の歌声にかかれば、一気にソウルフルな世界へといざなってくれるのです。もう少しインパクトの強い楽曲が入っていてくれたらなと思わせる作品です。
オススメ:(8),(4),(2),(1),(6)

(曲解説)

01.Reason

Lemarらしいソウルな雰囲気をよく出した楽曲で、穏やかなリズムにのって、伸びやかに歌い上げていきます。シャウトとかでいじることなくスマートなうたい方が前作との違いを感じさせます。

02.Weight Of The World

Lemarの渋みのある歌声が最大限に生かされている見事な一曲です。こういうシャープなメロディーラインもかっこよく、若さと彼の味というのが、見事に混ぜ合わさったクールな一曲です!この辺から前作では、クラシカルなソウルを目指していましたが、この作品ではより聞き心地のよさに重点を置いたのかなと思わせてくれます。まじりっけなしな灰汁のないソウル作品って感じですね。もう少しシャウトとかで濃さが欲しかったなー。なんか白人ソウルっぽさがありますね、ある意味UKらしいとは思うのですが・・・・

03.Little Miss Heartbreaker

ちょっと遊び感覚の入ったメロディーラインで、ファンキーに力強く歌い上げていきます。こういう楽しげな曲というのは、Lemarの雰囲気の若い雰囲気にも合っていてかっこよい!思わず乗りたくなります!

04.If She Knew

シングル曲!この曲は文句なしに素晴らしいです!見事というに値する哀愁漂うバラッドで、楽曲の大人な雰囲気とLemarのソウルフルな歌声が見事に融合しています。サビでの力強い芯の強いメロディーラインがよりかっこよく盛り上げてくれます!こういう楽曲がもう一曲あってくれると本当によかったんだけどね~。最後にかけての自身の歌声によるささやくようなバックコーラスの切なげな感じもいいですね。

05.Trust Me

前作で魅せたソウル路線とはまた違うJazzy Soulな独特のサウンドを展開していきます。お洒落なサウンドとクールで時にファンキーに魅せるLemarの歌の対比が面白い楽曲です。カフェタイムとかに聞いてもなんかお洒落で気持ちがいいですね。

06.Over You

この作品ではこういうちょっとまた違うUKのオールドな色合いを魅せてくれています。この曲でもイントロの雰囲気がUKソウルを思わせます。AORとかの作品の雰囲気を目指したんだろうな~というのを感じさせる作品です!ここ数曲の中では一番パワフルに歌い上げてくれます。後半にいくとおもわず吼えちゃうところににんまりしてしまいます。

07.Mayday

非常にベーシックな展開のバラッドを歌い上げます。味わい深い歌声にとてもあった一曲だと思います。こういう曲を歌うと本当に様になるシンガーだと思います。新人らしさが抜けて、安定感を感じさせる一曲に仕上がっています。

08.Wait Forever

こういう伸びやかな一曲を待ってたんですよねー!Lemarの歌声にはやっぱりこういう伸びやかでどこまでも歌い上げていくような一曲があっています。このアルバムの中でも彼らしいさわやかさと力強いかっこよさをもった一曲になっています。さわやか過ぎるとつまらないけど、こういうシャウトも交えてくれると最高ですね!

09.Not What You Say

ちょっとイントロがファルセットで、スウェーデンポップな雰囲気をかもし出している一曲です。途中からちゃんとUKロックなシンプルなサウンドに移行していくのですが、爽快感あふれるつくりになっています。今作では、ちょっと楽曲のふり幅が狭く感じてしまいます・・・

10.Black Tide

最後は、喜劇的なイントロから、ダークな一曲を披露します。最近少しこういう曲調を披露するシンガーもいますが、なかなかR&Bとの折り合いがうまくいってないのが、残念。

(Producer)

Lemar Obika:(1),(7)
RADIO:(1)
Jime Jonsin:(2)
Louis Biancaniello & Sam Watters:(2)
Jim Beanz:(3)
Soulshock & Karlin:(4),(8)
Salaam Remi:(5)
Mathias Wollo:(6),(10)
Jack Splash:(9)

(LINK)

☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です