Devante / The Foundation

01.Where You Are
02.Nobody Know
03.What Am I Supposed To Do
04.Like Your Girl
05.Spend All Night
06.Things You Like (Pt.2)
07.A Woman’s Love08.Pick Up The Pieces
09.She Is
10.69 Ways
11.Threshold
12.Reflection
13.My Way
14.We Should Fall In Love

(総評)

TOP OF 2007の称号を早くも挙げてしまいたくなるような一枚が登場しました!2年ほど前アルバム[Ready or Not]でそのジャケット写真の風貌からは想像もつかない甘くスウィートで最上級なメロディーの曲たちを聞かせてくれたインディーソウル界の天才ソングライターDevanteが、沈黙を破りついに2ndアルバムをリリース!去年ぐらいからMyspaceで動きを見せて、徐々に素晴らしい曲たちを聞かせインディーソウルマニアを狂喜乱舞させていたのですが、その期待に答える前作を軽く上回る最高傑作といえる素晴らしい2ndアルバムのリリースとなりました!インディーソウル界においても、いや現在のR&Bシーンにおいても、これほど歌というもので聞かせ、メロディーの歎美さで卒倒させられるアーティストは近年見たことがありません。ソングライティング能力と自作自演の能力においては、もう他を圧倒する実力を見つけています!まさに天才と呼ぶに相応しい美しく素晴らしいメロディーの名曲を多数送り出してくれました!
自らKing of R&Bと名乗っていますが、その言葉が陳腐に聞こえないほどに、説得力ある言葉として迫ってきます。前作よりも成長を遂げている、たまらない甘いテナーボイスと、超絶ファルセットを操り、聞くものをトロトロに溶かしてしまいます・・・。しかも地味にRapまでしてSEXYな雰囲気をこれでもかと盛り上げてくれます。美しいメロディーライン、力強いシャウト、心かきむしるようなファルセット、繊細なその歌声とその中に垣間見れる芯のある声質、普遍的なサウンドの魅力、R&Bの要素がこれほどに詰まった一枚を僕を知りません。どの曲も、シングルカットになりそうなほどに、素晴らしいメロディーメイクと、その力強く繊細な歌声に、心が動揺してしまいそうになります。彼の曲は、どの曲も楽曲の構成や音使いはシンプルなのですが、メロディーラインが複雑で、簡単そうに見えるのですが、実は複雑に絡み合うメロディーでどんどん聞き手を引き込んでいくのです。いつのまにか耳に馴染んでいくメロディーラインが本当の意味での中毒性が高いのです!聞けば聞くほどに、そのトラックと歌声そのトータライズな歌というもの自体にどんどんはまっていってしまいます。これほど歌っていうもので勝負できる一枚もないですよ!
そして、やっぱり一番素晴らしいのが一曲目「Where You Are」この曲でのメロディーはシンプルでいながら、一度聞いたらもう耳を離れません。美しすぎるのです・・・一気にDevanteの歌世界へと引き釣り込む力強さがあります。そして、長くMYSPACEで聞かせていた、2曲目「Nobody Knows」では、彼の復活を不動のものとした素晴らしいメロディーメイクの業が垣間見れます。後半に向けて情熱的に盛り上がっていく様はもう、たまらないものがあります。メロディーやコーラスメイクの素晴らしさを見せ付けます。さらに、5曲目「Spend All Night」で見せる超絶ファルセット!彼の歌の力自体が前作よりも数段上に言っていることを物語っています。どの曲でも前作は歌って言う点では芯の弱さみたいのは感じたのですが、今作ではもうただただその力強い芯のあるテナーボイスに圧倒されるばかりです。8曲目で見せる美メロ曲「Pick Up The Pieces」で、このアルバムの水準の高さを不動のモノとしています。9曲目「She Is」では、魅惑的でスリリングな展開がたまらないのです・・・ですが、音の使い方という点においては、シンプルなのです、特に変わった音が使われているといったら、14曲目の「We Should Fall In Love」で、HIPHOPトラックらしい音を使っているだけで、あとはシンプルに統一された世界観を生み出しています。つまり、メロディーやコーラス、そしてその歌声だけで、これほどまでにバラエティー豊かな曲を作り出しているのです!これには、本当に驚愕させられます・・・本当にどの曲も細かいところまで、メロディーが緻密に練られていて、彼の鬼才とも言えるメロディーメイクのセンスにはただただ圧倒されるばかりです。オススメ曲が全曲に及んでしまうほどに、捨て曲無しな一枚!本当に、これは一生モノで聞ける一枚ですよ。
絶対に、今年を代表する一枚になることは間違いありません。そして、2007のTOPを奪うこと間違いなしの名盤です!
さぁどっぷりDevanteの歌に、浸かりましょう。
オススメ:捨て曲なし!(1),(8),(2),(5),(9),(12),(3),(4),(6),(7),(10),(11),(14)つーか全部でしょ。

(曲解説)

01.Where You Are

イントロからしてやばすぎる純一級品の一曲!もう、最初のイントロの水滴の音と、そんなやわらかさの中に芯の通ったビート音がなり・・・そしてネットリと歌い始めるDevante。そして徐々にその前作では見せなかった力強い歌声で、美し過ぎるメロディーで歌い上げてくれます。一曲の中にもアクセントになるメロディーやフレーズやハーモニーがたくさん入っていて、もうどんどん引き込まれていきます。一度聞けば何度も聞きたくなるほどに癖になる雰囲気とさらに美しさまでも持っているという素晴らしい曲なのです。最初からどっぷりとDevanteの世界へといざなってくれます。いやはや素晴らしい・・・

02.Nobody Know

彼の代表曲となった素晴らしいメロディーメイクの業を見せてくれる一曲!本当にスローな雰囲気なのですが、そのスローさを感じさせないほどに、一度聞けばもう耳から離れないのです。耳が吸いつけられるように聞き入ってしまいます。特に後半に向けて自身の声を重ねながらコーラスとメインでフェイクしあって情熱的に盛り上がっていく様と最後に見せるファルセットの突き抜け方は、もう凄まじい!豪快でいて繊細そんな言葉が合いそうです!丁寧に歌いこみつつも押しと引きをわきまえたその歌いっぷりには感動すら覚えます!これほどに成長を見せてくれるとは思いもしませんでした!Rapまで実は披露しています!これも歌とは違い低い声でSEXYなんですよね、驚きです!驚愕の一曲ですね。

03.What Am I Supposed To Do

90年代を思い起こさせるエレピの音色が煌びやかに奏でられる中、ネットリと歌い上げられる一曲。このちょっと粘着質さももったところがとても魅力的な歌声なんですよね。適度にRapをまぜているのですが、まったくメロディアスな感じが崩れないのは、さすがですよ!実はこのラップ自身でやっているようです。こういう先行試聴してなかった曲も素晴らしいのだから、ただただ聞き入るのみです。

04.Like Your Girl

ピアノのイントロから、ゆっくりと安定感ある歌声でしっかりと歌いこむ感じのメロディーラインで聞かせてくれます!スローなテンポなのですが、後半に盛り上がりを見せる力強いシャウトにはただただ聞きほれるだけです。この辺のシャウトのうまさも今回のアルバムでの聞き所です!まさに歌でここまで見せられると見事なものがありますよ。普遍的な良さをもったメロディー展開でいながら、新鮮さが亡くならないのは凄すぎます。本当に、メロディーがいいんですよね~・・・惚れるわ!
本当に曲の水準が高いなと改めてここら辺で思わせられます。決して派手なメロディー展開をする曲ではなくて、聞かせることができるメロディーの引き出しがこれだけ多いとは驚愕です。

05.Spend All Night

こちらもMYSPACEで公開になっていた、荘厳なイントロと清涼感溢れる美しいサウンドで心に響く歌を聞かせてくれる曲なのですが、なんといっても注目は後半にくる超絶ファルセット!これほどの高い音程のファルセットを、ここまで見事に扱える人はそうそういませんよ。思わずその突き抜けっぷりにのけぞりそうになります。そんなファルセットがあるにも関わらず、そこまでのサビの展開もとても自然で聞き入ってしまいます。Aメロからサビへの展開とかそういうところも自然すぎて凄いんです!なかなかサビは特徴的でも、Aメロがインパクトないなーとかはあるんですが、Devanteの曲はそんなことは一切無駄がなく曲としての水準が非常に高いですね~。

06.Things You Like (Pt.2)

語りから、ピアノとゆっくりと聞かせる一曲Pt2となっているとおり、1stアルバム「Ready or Not」に収録されていたもののPart2なのです。さらに深みを増したメロディーと歌いこみっぷりが、ずぶずぶと聞き手をそのマジックのように曲の魅力の中に引き込んでいきます。SEXYな語りも素敵だし、前作よりも太く力強いシャウトも見事に合わさって、思わず聞きいってしまうような曲になっています。前作のあの曲がこんなにSEXYな曲になるとは・・・さすが!こういうシャウターもいいですね~。たまらない!リメイクでこれほど素晴らしくなるなんて・・・さすがですね。

07.A Woman’s Love

サビでのそれまでのゆるい感じのメロディーをぐっと引き締まる雰囲気が魅力的な一曲。この人は同じフレーズをうまく繰り返すのも上手でこの曲ではそれがよく感じられることでしょう。これほど音数も少なくシンプルなトラックなのに、ここまで魅力的な曲にできるんですね~。どんどん深く深く歌いこんでいきます・・・まさにずぶずぶと魅惑の世界へと引き込んでいきます。

08.Pick Up The Pieces

メロディーメイカーの本領発揮した一曲がこれ!こういう美しいサビの曲を作らせたら今この人にかなう人はいないのではないかなと思いますね。サビの素晴らしさ、ボーカルが最高に引き立つバックトラック、彼の魅力的なテナーボイスでの美しいメロディーラインも、見事に聞き手の心を打ち抜きます。一発でやられますよ、こんなの。これぞ、美メロ!!!

09.She Is

ミッドテンポでこのアルバム一番のスリリングなメロディー展開がカッコイイ一曲です!バックトラックの音はそれほど種類があるようには感じないのですが、ベーシックな音使いでありながら、きちんとメロディーの魅力でどんどん聞かせてくれます。思わず体も揺れるほどにノリがいいHOOKは、思わず一緒に歌いたくなるほどです。畳み掛けるようなこのメロディーで、Devanteの世界から抜け出せなくなります。

10.69 Ways

ゆったりとしたムーディーな雰囲気が、たまらなくSEXYで、そんなメロディアスな展開の中しっかりと芯のあるリズム音で、しっかりと曲を支えてくれ、ストリングスがメロディアスさに磨きをかけます。どこか影がある妖艶な雰囲気がたまりません!本当の意味で捨て曲なしの、驚愕のアルバムなのです・・・。

11.Threshold

もうこういうちょっとミッドテンポな耳に残るメロディアスな曲をやらせたら、もう素晴らしすぎますわ!ファルセットを交えながら、セクシーな歌い方で、もうメロメロにしてくれます。ちょっと畳み込むような歌い方が、メロディーとバックサウンドを見事につなぎ合わせてくれます。この曲の最後のシンセサウンドのメロディーがたまらない哀愁たっぷりな終わり方をしてくれます。こういう楽器の使い方にかけてもDevanteは長けているんですよね~。

12.Reflection

ピアノイントロからの切なげな歌いっぷりに、思わず涙を誘います・・・そこから一気にファルセットを交えてクールに歌いつないでいきます!本当にこんな美しい美メロをよく思いつきますよね~。

13.My Way

少しゆったりとした温かみのある歌をしっとりと聞かせてくれます。これまでのメロディアスでスリリングな雰囲気よりも少し落ち着いて聞ける一曲で、ホッとさせてくれるような雰囲気があります。この水準でずっと歌が続くんですから、凄すぎます・・・!

14.We Should Fall In Love

最後は、美メロだけではない、HIPHOPトラックにのれる彼の幅の広さを見せてくれます!こんなのもかけるのか・・・と正直驚愕してしまいますねー。今後の展開も寄り楽しみになってきます。サビではしっかりスリリングにもっていってしまうところはさすがです!どんなトラックでも自分色にしてしまうのは、見事です!最初はこのアルバムInformation時点では2枚組だったのも頷けます。こういう雰囲気でもいけちゃうところが素晴らしいですねー。

(Producer)

All Songs of producer & written & composed & arranged & mixed etc… by Devante

(LINK)

Official
MYSPACE
1枚目[Ready or Not]
CD BABY

iTunes

2枚目[The Foundations]
CD BABY
TOWER Records(3/31発売)

iTunes

UNION
前作のレビュー

(PV)

YOU TUBE☆☆☆☆☆☆☆(最高傑作!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です