713 Seville / TEST DRIVE

01.Take A Test Drive
02.I Don’t Think You’re Ready
03.Get Money – Ft.Endo
04.I’m A Freak – Ft.Korey B
05.Freakin You
06.Cause I Love You
07.Take It Slow
08.I Like It
09.Work – Ft.Endo
10.What’s Your Name
11.Let’s Get Personal – Ft.Endo
12.First Time Feelin
13.Man For You
14.As Long As I Have You
15.Love Is Gone – Ft.Hit
16.Use To Be

(総評)

2007年インディーズファンの間で話題騒然となったボーカルグループ713 Seville!その流通の悪さから手に入れられる人も少ないのですが、そのボーカルグループとしての完成度の高い作品に、驚きを隠せません。素晴らしいバラードから、カッコいいUP、HIPHOPトラックまで様々な曲調を、90年代のボーカルグループってこうだったよねーっていう思いにふけさせてくれるほどに、忠実にそしてオリジナリティーをもって表現してくれるのです。
特に中盤に見せるセクシーな雰囲気の楽曲の完成度がすこぶる高いのです!5曲目から8曲目まで、どの曲も、完成度が高くて、思わず目を閉じて、聞き入ってしまいます! インディーズということもあって、同じようなサウンドが多いのは事実なのですが、それでも聞き飽きない魅力に溢れた歌をみせてくれています!メインボーカルの歌い上げっぷり!シャウトっぷりだけじゃなくて、バックコーラスの厚みと美しさやここぞというときの盛り上がり方!その辺のいやーボーカルグループ好きのツボを心得ているな-って言うところや、さらには、メロディーワークの素晴らしさ!美メロとはちょっと違うのですが、いいメロディーやフレーズが多く、聞き入ってしまうことがとても多いのです!全体的に派手さはないのですが、ボーカルワークっていいいなーと改めて感じさせてくれる実力派グループの登場です
なんせ流通が悪い・・・日本では、Bout Records以外は入荷が厳しい状況で、USでも流通にのっていないというレビューするには心苦しいのですが、でも見つけたら買ってみてください!このアルバムが2ndアルバムになります!
オススメ:(1),(2),(5),(6),(7),(8),(9),(11),(14)

(曲解説)

01.Take A Test Drive

最初からもう90年代ボーカルグループ好きにはたまらないイントロのコーラスのねちっこい絡み合いをみせてくれます。

02.I Don’t Think You’re Ready

爽やかなメロディーなんだけど、コーラスのうまさをこれでもかと堪能させてくれる一曲です。爽やかで、心地よいメロディーと、メインボーカルの熱い情熱的な歌い上げっぷりの対比が非常に面白いです!ねっちょりどんどん深みにはまっていく感じが素晴らしいです!

03.Get Money – Ft.Endo

いやーありましたよね~こういうビートが効いたHIPHOPサウンドをきちっと用いたR&Bソングって。EndoというRapperを招きつつ、癖になるようなループするフレーズで、ぐいぐいねちっこく歌い上げていきます。こういうのが歌えるっていうボーカルグループは昨今いないんじゃないでしょうか?HIPHOPトラックとの混ざり具合がとにかくカッコいい!

04.I’m A Freak – Ft.Korey B

ちょっとコーラスの厚みはなくなり、シンプルにうたいこんでいきます。派手さはなく、スウィートにしっとりと聞かせてくれ、RapperのKoreyBも、しっとりと聞かせます。淡いいい曲ですね。

05.Freakin You

よりセクシーな雰囲気をまして、最初から語りで、一気に濃密な夜の世界へと突入していきます。絞り上げるような男らしい歌声が、濃い世界を演出します。そして、丁寧なテナーボイスも絡み合い、最高のR&Bソングを演出していきます!これぞ、ボーカルグループですよ、このエロさ!たまらないですね!

06.Cause I Love You

じんわーりと、歌いこむバックコーラスと、情熱的に熱く絡み合うメインボーカル!この熱唱系ボーカルがどうにもツボに入るんですよねー。すべてこれでもっていかれてしまいます!最後ひたすら燃え上がるように熱唱をかぶせていくところなんてたまりません!

07.Take It Slow

サウンド的にはシンプルにまとめて、美しいメロディーワークでウットリと聞かせてくれます!なんといっても、後半に見せる美しいコーラスと、激しいシャウトの応酬!これほどに熱く、そして美しいつくりの曲はなかなか出会えませんねー。派手さはほんとないんですが、地味にいいわーっていいたくなる素晴らしい曲がたくさん入っています!

08.I Like It

ここまではセクシーに演出していたのですが、ここでは純粋に美メロ曲でガッツリと聞き手の気持ちを掴んでいきます!時たま入るファルセットがとても印象にのこります。丁寧な歌い方がとても好印象です!ここら辺の中盤の素晴らしさは、もう特筆ものですね!

09.Work – Ft.Endo

Rapper Endoがここでも登場して、今までのセクシーな美メロ集に区切りをつけてくれて、R&Bらしいトラックの面白さやフレーズの面白さで聞かせてくれるような曲を聞かせます!

10.What’s Your Name

サビのメロディーだけが特化して面白い一曲!ちょっとインパクトっていう点では薄いのですが、さらっと聞けるアルバム曲っていう感じです。

11.Let’s Get Personal – Ft.Endo

流れるような気持ちよいサビのメロディーと、EndoのまったりとしたRapがうまく絡みあっていきます。本当のこの人たちはいいサビのメロディーやフレーズを作ることが上手なグループなんですよね~!

12.First Time Feelin

淡いバックサウンドがおおい彼らですが、この曲は割りとはっきりとした切れのあるサウンドと歌を見せてくれます、丁寧に重ね合わせるコーラスワークもなかなかの聞き所です。曲の後半にいくほどに魅力的な歌を見せてくれます!

13.Man For You

ここまであまり曲調的な変化は乏しいのですが、それでも聞けてしまうのは彼らの歌力のおかげでしょう。コーラスのここぞといときの重ね方や、メインボーカルの盛り上がり方にグッとくることがとても多いのです。この曲もコーラスの底力を感じずにはいられません!

14.As Long As I Have You

この曲のようなダウンビートな感じの曲でも、ぐいぐいフェイクをかまして、聞かせてくれます!もうたまらない!さらに物悲しそうなボーカルワークがなんとも、いえない気分にさせてくれるような一曲です!こういうのが心に残る曲になるんですよね。最後にかけてメインボーカルも悲しげに吼えまくります!

15.Love Is Gone – Ft.Hit

珍しく、ちょっとメロディーの作りこみが甘いなと感じてしまう曲ですが、これだけ曲数があればしかたないかなとも思いますが・・・ちょっと残念。

16.Use To Be

最後は、魅惑的な雰囲気の歌がまた素晴らしい一曲です。コーラスをうまく引き連れて、メインボーカルも自在に歌い上げていったり、コーラス自体も複雑に絡み合う様がなんともたまりませんねー!ピアノが美しいです!

(LINK)

MYSPACE
OFFICIAL
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です