N2U / Issues

01. Intro (Because Of You)
02. Freakin You (Set The Mood)
03. Baby Mama Love – (with Jermaine Dupri)
04. Pillow Talk
05. Breakin’ The Law
06. Coming From The Heart
07. No… Say No
08. Ain’t That Bad
09. Don’t Take Your Love Away
10. Issues
11. Beauty
12. Don’t Leave
13. I Promise You

(総評)

最近R&B方面での活躍が目覚しいJurmeine DupriのSo So Defが面倒を見てきた、爆発力のあるボーカルスタイルが魅力的なボーイズグループN2U!デビュー前から、話題となっていた、Asa,Don Lee, Chris Buck, Mark Richardの四人から構成される、灰汁がある情熱的な歌い方が聞くたびに味を増していき、どっぷりとはまってしまう素晴らしいグループです!最近のボーカルグループは、芯の弱い感じのボーカルスタイルをしている人たちが多かったのですが、彼らはしっかりと吼えまくり、情熱的に歌い上げていきます!これが気持ちいい!聞けば絶対にはまりますよ!なんといっても、彼らが合わさったコーラスでのUP物のかっこよさといったら、もう鼻血モノです・・・そういう力で押し切れる若さもありながら、妖艶な曲でもしっかりと歌うことができます。ただ、若さ溢れる愛すべき歌バカ風味が抜けきれないもの、彼らを愛してやまない理由でしょう。絶対生で見たらすごいぞ、こいつら!曲的にもイントロから神妙に盛り上がりを見せ、2曲目、3曲目、4曲目で妖艶な雰囲気も漂わせつつ、しっかりと盛り上げていってくれます!5曲目や6曲目も若さをエロさを両方兼ね備えた、素晴らしい曲を聞かせてくれます。そのままの勢いで、12曲目ぐらいまで持っていってしまい、この12曲目で豪快な歌いっぷりを魅せてくれます!全ての曲が捨て曲じゃない!ものすごい一枚です。そうして最後に最高のUPサウンドを、ボーナストラックも交えながら見せてくれます!この最後の13曲目とボーナストラックは絶対に聞くべき一曲です!凄すぎます!
それに、プロデューサー陣がさすが、Virgin Recordsが押しているだけあって素晴らしい!3曲目でJermain Dupriが彼らの力強さとメロディーの良さを見事にプロデュースしてリスナーに訴えてきます!しかもBryan Michael Cox!が絡んでいます!そらーメロディーがいいわけですよ!いやー素晴らしいです。美メロメイカーですもん!そのほかにも、Uderdogsも、近年稀にみる最高の仕事をしているし、そして、Marques Houstonがかなり重要な役割をしていて、UPPERな最終曲を提供していたり、彼らのアルバムの完成度を+アルファすることに成功しています!これで彼はプロデューサーとしても全然やってけますね。最近R&B仕事でいいものを残している、Rufus Blaqもいい曲書いているし!曲にも恵まれていて、それ以上にそれぞれの歌が歌心に溢れていて、めちゃくちゃ歌えるので、コーラスが太い太い!安心してメインが歌っているのがよくわかります。ボーカルグループとしての力量がめちゃくちゃ高いやつらです!
歌いっぷりも、エロさと熱さを兼ね備えている近年稀にみる曲も歌も素晴らしいボーカルグループの登場です!2005年これを聞かずにR&Bは語れないですよ!激オススメ!
オススメ:ボーナストラック, (13),(5),(4),(2),(6),(12),(3), (9),(10),(11)

(曲解説)

01. Intro (Because Of You)

揺れ動くバックの音色にしわがれた哀愁漂うメインボーカルが絡み合い、それをさりげなくもしっかりと支えるバックコーラス!まさに、イントロとして、このアルバムの雰囲気を決定付ける哀愁さと力強さを兼ね備えた曲です。

02. Freakin You (Set The Mood)

ミッドグルーブで徐々に声を重ねていって、渦を巻くように盛り上がっていく!灰汁の強い歌声でいながら、どこか哀愁を漂わせているその声の魅力に引き込まれていきます。まさに歌バカとでもいうべきシャウトの熱の込め方も絶妙で、徐々に感情を抑えこめれなくて、爆発していく、うまさよりも若さが目立つメインボーカルのシャウトにウットリとしてしまいます。サウンド的にも、彼らのメロディーを駆使しやすいように、最低限のメロディーでもっていきます。

03. Baby Mama Love – (with Jermaine Dupri)

Jermaine Dupri作成の軽快なトラックに、濃厚なボーカルの絡み合いで対抗していくN2Uの面々。もう自由に吼えまくっていく様が、聞いていて心地よい!彼らのシャウトっぷりもここでも見事にいかされていて、特に泣きギターと絡み合うところなんて、最高です!さすが、美メロメイカーBryan Michael Coxがもう一人のProducerとして、絡んでいるだけあります!4人がそれぞれ歌声に灰汁の強さを持っていて、誰がリードをとってもしっかりと歌いこめるので、立ち代り入れ替わるこの曲のような曲では彼らのそれぞれの歌のうまさも堪能できます。

04. Pillow Talk

出たータイトルマンマですが、エロイな・・・むふ。最初のイントロの流れるようなエレピがエロ過ぎます!Pillow Talkですか、タイトルのエロさとは引き換えに、サビに向かってどんどん力強くなり、強烈に歌いあげていくHOOKが情熱的な曲です。愛情をそのままストレートにまっすぐな瞳で歌っていくかのような、そんなインパクトがあります。でも、根底にあるSweetな雰囲気の音が、さらにその歌声に艶を与えていて、心地よい!後半の徐々に声を重ねて、濃厚に叫びまくるシャウトには、卒倒しそうになります。若さがよく出ていて、もう濃厚で熱い!いやー素晴らしいです!新人

05. Breakin’ The Law

Underdogsらしい浮遊感漂うイントロから、じんわりとMellowで、エロティックに燃え上がっていく感じがたまりません!じっくりと燃え上がる恋の炎のように、ストレートに愛情を歌い上げていく様が、カッコイイ!それぞれが自分達の力量を発揮していて、コーラスは情熱的に絡み合い、メインはフェイクを絡めて、ひたすらストレートに歌い上げていく!コーラスの絡め方が絶妙で、その濃厚でいて、力強いストレートな太いコーラスの上で、自由に思う存分Main Vocalが吼えまくる姿がかっこよすぎます!まさに歌バカ!終わるときの引き際も見事にわきまえています。こうだよこう!こういうのを求めていたんだよね~!R&Bが本当に好きな人は!

06. Coming From The Heart

やさしく歌いこんでいく、さわやかなバラード!でも、徐々に彼ららしい野太いストレートな吼えっぷりが増えていくところが、なんとも若さが溢れるコーラスグループという感じで親近感が沸いてきます!この辺の歌うことが気持ちよくて、吼えたりシャウトが押さえきれないってところがもう素敵です!それぞれが相当歌えるので、コーラスの厚みが全然最近のグループと違うんですよねー。気持ちいい~!この曲はあくまでやさしく静かなメロディーでありながら、押さえつけるように歌い上げるので、情熱っぽさがよく出ています!語りなんかもあって、彼らがR&B好きでいろんな要素を入れようとしているのが、よくわかります。

07. No… Say No

アコースティックギターにのって、ちょっと今までの雰囲気と変わってさわやかに歌っていきます。軽い夏風のように、ふっと聞き流してしまいますが、かなり濃厚に歌っています。この辺はプロデューサーがかなりがんばって、雰囲気を作り上げていますね。

08. Ain’t That Bad

緩やかなバックトラックにのって、静かにやさしく歌いつないでいきます。HOOKで、コーラスが淡い雰囲気を作り上げて、しっとりとMain Vocalが歌っていきます。あんまり印象深いって曲じゃないのですが、なんか爽やかに心に残っていく曲です!

09. Don’t Take Your Love Away

やっぱりこのグループには、こういうストレートな歌いっぷりを魅せれる曲があってますねー!太いバックトラックにのって、厚いコーラスがしっかりとサポートして、Main Vocalが歌い上げます!絶対こいつら歌ってるとき気持ちいいんだろうなーと思わせるほど、気持ちよく聞こえてきます。コーラスがメインのメロディーを歌いながら、Main Vocalが緩やかに歌っていきます。

10. Issues

タイトル曲は、コーラスがメインのメロディーを歌いながら、ギターが効果的になって曲を盛り上げます。このコーラスの歌い方が、緩い感じなんだけど、どこか芯があって素敵なんですよねー。そして、そのコーラスの雰囲気をもっと盛り上げるMainの二人によるシャウトしながらの掛け合いや、盛り上がっていくサウンド!そして、中盤で魅せるファルセットフェイクにやられます。うーん、歌えるわ。

11. Beauty

Rufus Blaqによるギターとエレピのエロティックなイントロで、妖艶に歌いこんでいきます。いやー、若いのにこういう曲でもしっとりと歌えるところがかっこいいです。しっかりと力強く歌いつつも、どこかSEXYな良さがあるんですよ!こういう妖艶なスロージャムもできるのが、今後を期待させてやみません!

12. Don’t Leave

高音のエレピの音に、絡み会うN2Uの面々・・・そこから、豪快に歌い上げていくHOOK!もう文句のつけようがない良曲です!しかもそのメロディーをコーラスの厚みをどんどん増しながら絡まっていくんだから、卒倒ものです。めちゃくちゃカッコイイ曲ですよ!メインのメロディーを歌うボーカルとフェイクしまくりボーカルの二つのメインが絡み合う中に、加わるコーラス!それぞれが、ものすごい力強く歌い、シャウトしまくります!かっこよすぎ!一気に持っていかれます!

13. I Promise You

最後の曲は、Marques Houstonが、からんでいる、一番軽快なUPサウンド!やっぱりUPサウンド作らせると、素晴らしい!しかもこの曲のHOOKでのN2Uの見事な吼えっぷり!と情熱的なコーラスワーク!もう、鼻血物です!この圧倒的な歌唱力に裏打ちされた、ものすごい迫力のHOOKのかっこよさに、圧倒されてしまいます!最初聞いたときにはかっこよすぎて震えがきました!これだけ吼えられると、もう感嘆の声しかでないですよ。タイトル通りの熱い曲です!

そうして、この曲はちゃんとボーナストラックが入っています。曲名は不明ですが・・・
濃厚なギターサウンドが、最新鋭のR&Bサウンドで、このギターの音にのってカッコイイメロディーを展開をしていきます。ここでも、思いっきり吼えまくるUPPERソング!こういう4人がコーラスとしてまとまって吼え上げる曲でのかっこよさはたまらないものがあります。彼らの若さもうまく出ていて、もうここでは、本当に濃厚過ぎな曲の展開にただただ耳を傾けるばかりです!こんなにいいボーナストラック隠してるなんてずる過ぎる!本当にずる過ぎる!一番この曲が好きです。はい。

(Producer)

Travon Potts:(1),(8)
Melvin “Saint Nick” Coleman:(2)
Jermain Dupri:(3)
Bryan Michael Cox:(3)
Juanita “Smooth” Stokes & Qura “Da Chameleon” Rankin:(4)
Underdogs:(5)
Kenny Bermuda Whitehead:(6),(10)
Shondre&Harold Lilly:(7)
Marques Houston:(9){Written}, (13)
Keny “The Wizard” Washington:(9)
Rufus Blaq:(11)
Prince Charles Alexander:(11)
Arrington Price & Christopher Perkins:(12)
Cory Bold:(13)
Chris Stokes(13)

(LINK)

http://www.n2umusic.com/www.tugentertainment.comwww.virginrecords.com

☆☆☆☆☆☆(2005年最高峰)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。