Woody Rock / Soul Music

01.My Homey feat.Dru Hill
02.No Matter What feat.Case
03.The Question Is feat.Men Of Standard
04.Everybody feat.Gospel Gangsta
05.GOOD TO BE ALIVE feat.Mary Mary
06.Testimony
07.I WON’T COMPLAIN (MOMMY TRIBUTE)
08.BELIEVER feat.BBJ
09.A FRIEND IN ME
10.NEW THING feat. NATALIE WILSON & The SOP CHORALE
11.How Can I Desert You feat.Ruff Endz and Ruscola
12.Clap Your Hands feat.DJ Tony Boston
13.Yes,Load

(概説)

Dru HillのWoody Rockのソロデビュー盤。といっても、お店でのあつかいも非常に小さい・・・なぜ?
Dru Hillの中では、JAZZとSisqoが有名でちょっと存在感薄いほうで、さらに曲作りでは参加はしていないだが、Woodyの歌声は一番ゴスペルに近いところにあった・・・そんなWoodyのソロアルバムは、R&Bよりではるが、Dru Hillのころよりはるかにゴスペルっぽい熱唱を見せ付けてくれる。彼の声質は自体が、なんとも暖かい声をしており、心が温かくなるのだ。
何より亡くなった父や母へ捧げた曲もあり、そういう面でも精神的に一歩成長して、Dru Hillのころの勢いがある感じから、大人のWoodyを見せてくれている。こういう感情が、なんかこの音楽を売りに走らせるのではなく、崇高な何かを伝えようとしている一枚として完成させているのでしょう。なんかたくさんのメッセージが受け取れます。
そんなWoodyの今作だが、なんともGuest陣に目を奪われてしまう・・・あのバラードの名手Caseを筆頭に、最近featuringで引っ張りだこのMen Of Standard、2ndの出来が素晴らしいRuff Endz、同じくゴスペルを基礎とするR&Bを歌うMary Mary、Gospel Gangstaz、2002年度版のDru Hillを示すDru Hillの参加、The S.O.P. Chorale、BBJ、Natalie Wilson,Ruscola,DJ TonyBostonという総勢11のアーティストやグループが参加しています。そして、音的にはゴスペルを主体としたアルバムになっていますが、きちんとR&Bの要素やHIPHOPも要素も入っているのがDru Hillらしい。
何よりもひきつけられるのがその歌声である。バラードでは、なんとも暖かい声をしており、聴くものの耳と心に素直に入り込んできます。そして、カッコいい曲はとことん熱く歌い上げる、その姿勢が好感持てます。歌声だけじゃなく曲の完成度も素晴らしく、素直にいいなーと思える久々に長く何度も聞ける一枚です。お薦め!本当に捨て曲なしのカッコいい歌が満載の一枚です。Alexanderと2分するほどの熱さを込めた一枚がまた出ました。 絶対聴くべし!ホントこれほどゴスペルに傾倒した一枚を出すと驚きです。
オススメ:(1),(2),(3),(4),(6),(7),(8),(9),(12)

(曲解説)

01.My Homey feat.Dru Hill

Guest Dru Hillと銘打たれたモロDru Hillな歌であり、さらに洗練されたDruHillです。Sisqoの2ndを聴いてDru Hillの行く末に不安を抱いた人も4人そろえば、大丈夫なんだ!と再認識させられる一曲であり、アルバムの一曲としても相応しい心を熱くする曲です!

02.No Matter What feat.Case

Guest Caseということで、最近ひっぱりだこのCaseをFeaturingした一曲。Caseのどこか儚い歌い方にWoodyの優しい声が混ざり、心を優しく両手で包み込んでくれるようなそんな優しさを持った曲です。さりげないピアノ伴奏と彼らの声を聴くとこの曲の内に込めた熱さを感じられます。本当に、Caseと、Woodyの声の相性がいい!

03.The Question Is feat.Men Of Standard

これがカッコいい!繰り返しを多用したMen Of Standardのコーラスがなんとも厚みがあって力強い。この徐々に徐々に熱くなっていくボーカル・・・たまらないです。こみ上げる思いを徐々に出していくのがよく分かる。

04.Everybody feat.Gospel Gangsta

GOSPEL GANGSTAZというRapperをGuestに迎えてUPPERな曲をやってくれます。でもちゃんとしたゴスペルの歌詞になっているのがおもしろいなー。「Everybody clap your hands, everybody jump for joy, everybody make some noise. If you love the Lord.」このゴスペルらしい歌詞にHIPHOPのサウンドがなんとも不思議に絡み合う。おもしろい一曲です。でも一緒に手を叩いて歌いたくなるほど、聞きやすくノリがいい曲。単純にカッコよい曲です。

05.GOOD TO BE ALIVE feat.Mary Mary

いきなりビートが早い曲調で始まりMary Maryが絡んでいきます。疾走感が気持ちがいい良曲。女性とカラムとWoodyの声の優しさがさらに引き立って聴き心地がよくなります。Mary Maryの声に絡む蜜のように歌い上げていきます。思わず踊り出したくなるような曲です。

06.Testimony

これが一番Woodyの歌のうまさを堪能できる一曲。Woody Rockっと自分の名前を叫ぶWoodyがカッコいいが最初から飛ばし気味に、熱くカッコよく歌います。このアルバムの中でも一二を争うカッコよい曲です。ビートがカッコいい一曲!

07.I WON’T COMPLAIN (MOMMY TRIBUTE)

熱く熱くWoodyがピアノの弾き語りで母のために歌い上げます。いや、ホント熱すぎる歌です。かなり感動的な歌です。Dru Hillの中でも目立たない方だったけど、この曲を聴いて考え改めました、Dru Hillの中で一番心に熱いのもってるのは、このWoodyに違いないです。

08.BELIEVER feat.BBJ

BBJというRapperを招いた最初の畳み掛けるようなイントロが印象的な一曲。そして、これも例に漏れずカッコいい!そんなにサビを熱唱されたら、ホント耳を傾けるだけです。BBJのRapが効果的にWoodyの歌を盛り上げます。

09.A FRIEND IN ME

和やかなイントロから、優しくWoodyが語り掛けます。最近のR&Bでは聞かないSOULが詰まったバラードを聞かせてくれます。ホントバラードの完成度も高いですよ。バラードはバラードらしく歌えるWoodyに感動。

10.NEW THING feat. NATALIE WILSON & The SOP CHORALE

またカッコいいUPPERな曲が用意されています。最後の方の女性の声がして、転調してWoodyが盛り上げるところなんて、聴くものの耳を奪い去ってしまいます。ただただWoodyの声に耳を貸すばかりです。もう、UPなナンバーはどれも甲乙つけがたい力作ぞろいなんです。Woody最高ですよ。

11.How Can I Desert You feat.Ruff Endz and Ruscola

Ruff EndzとRuscolaが、マッタリと歌いUPばっかり続いた体にはちょうどよかった。スローバラードもじっくりと聞かせてくれている。

12.Clap Your Hands feat.DJ Tony Boston

この曲は最高です。DJ TONYとの絡み、そして、バックの音のカッコよさ!これはもう、癖になりそうな音楽です。Human Beat Boxの使い方も見事にはまっていて、最高にカッコいい曲になっています。流れるよなサビのメロディーと、DJとWoodyの掛け合いが見事です。そして最後の方の裏声もかなり様になっています。

13.Yes,Load

ゴスペルのアルバムらしい終わり方です。これはこれで感動的です。

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。