Raphael Saadiq / INSTANT VINTAGE

01.DOING What I CAN
02.BODY RARTS
03.BE HERE feat. D’Angelo
04.STILL RAY
05.OPH
06.YOU’RE THE ONE THAT I LIKE
07.EXCUSE ME feat. Angie Stone and Calvin Richardson
08.CHARLIE RAY
09.DIFFERENT TIMES feat. T-BOZ
10.TICK TOCK
11.PEOPLE
12.TEK #1
13.FAITHFUL
14.MAKE MY DAY
15.BLIND MAN
16.Interlude
17.UPTOWN featuring LESLIE WILSON OF NEWBIRTH
19.SKYY、CAN YOU FEEL ME featuring SKYY 20.WHAT?
18.WHAT’S LIFE LIKE

(概説)

ついに、ソロデビューを果たした、天才R&Bアーティスト、ラファエル・サディークのアルバム発売です。やはり、天才はどこか違う・・・そう感じさせた一枚です。D’Angeloの2ndをはじめて聞いた感覚・・・あの感覚に近いのかもしれません。え?なに?これがあのD’Angelo?でも、聞き込むほどに味があり、そこがないなんとも不思議な感覚。あの未知との遭遇がもう一度味わえる、そんなふうに思ってもらうと適切かもしれない。それほど濃い一枚なのだ。どうしても彼を語る上で外せないのが、Tony Toni Toneのメインボーカルであったこと!それは、彼のステータスでもあるし、それでいて今の彼を拘束する枷だったのかもしれない。だからこそ脱退して、Lucy Pearlを組んだんだろうし、さまざまなアーティストのプロデュースを手がけて、それを経てのこのソロデビューだったのだろう。そして、自由に自分のやりたい音楽『Gospel delic』を突き進んだ結果がこの一枚なのである。このSOULというよりもFUNKな世界をどうどうと突き進む様は、すばらしい~。こだわりを感じます。(最初は僕も抵抗を感じました、TONYか、LUCYぽいのかと思ったので。)
アルバム全体としては、彼がやってきた今までのプロデュースの延長線上で、自分というものをプロデュースするにはどうしたらいいだろうか?そう考えながらやってきたのであろう、かなりの作りこまれ具合である。もちろん、今までの彼の曲を知る人の耳は見事にいい意味で裏切られてしまった形になったのだ。Toniesの音を期待した人にはどこか肩透かしを食らっただろうが、今までの彼のプロデューサーとしての業績を見たきた場合、D’Angeloの2ndなど、そのDopeなFunkinessの世界をRaphael Saadiqというアーティストの声や、今までのイメージに照らし合わせて考えて、新たな自分を出したんだろう~。このなんとも深いFunkinessの世界を味わうことで、新しいRaphael Saadiqというアーティストが見つかるだろう。
彼のその声質というのは、Toniesの時代から非常に特徴がある甘いSweetな声をしており、どんなトラックでも、彼の声が入れば独特の世界を持つのである、それほどSweetでありながら、強い声なので、今回のような強烈なトラックがうまく絡み合い素敵なハーモニーを奏でている。暖かい雰囲気に包まれており、心を包んでくれるようなRaphaelの声が気持ちがいいですよ。一度だけじゃなく、十回、百回、千回と聞いてみてください。聞くたびに味やうまみがでてくるそんな深い味わいを持つ一枚ですよ。初心者向きではないが、新たな方向性を開拓したい方や、R&Bが好きな方は絶対にCD棚に収めるべき一枚です。

(曲解説)

01.DOING What I CAN

なんとも爽やかなイントロから始まります。自己紹介がてらのイントロから、RaphealのSweetyな歌声が包み込みます。そして、地味に作りこまれたトラックで、包み込まれるような暖かさがあります。後半に出てくるようなどろどろのブラックの世界を作ると思えば、このような爽やかな雰囲気も作れ、もちろんその上で歌えるRaphaelの凄さもすばらしい~!

02.BODY RARTS

一気にDopeなFunkの世界に引きづりこれます。リズムの刻み方もカッコいい!さあ、これからエッチしようって内容ですけどね。ゴリゴリのFunkの中に滑らかに進むRaphaelの歌声が、気持ちのいい空気を広げます。途中で止まるのもなんか、Funkっぽい効果をならってなのだろう~。地味にこういう途中で曲調が変わったりして、見逃せない。

03.BE HERE feat. D’Angelo

もう、文句なし!この二人が組んで悪い訳がない!なんとも聞くものを魅了する歌声なんだろう~。もう引き込まれます。最後の愛嬌あるトランペットのふざけた音まで完璧に聞こえてくる。(いや、あれは余計だけど。)最後の方に2人のフェイク合戦は近代稀に見る声の妙技、なかなかこれほどの絡みをみせれるアーティストはいませんよ。名アーティスト二人が作る曲はやはり、名曲だった。これは、本当に中毒症状を起こしかねないほどの曲である。

04.STILL RAY

3曲目の雰囲気から一気にシックで大人な雰囲気へ。最初のピアノがなんともダークな雰囲気を作り出し、その上で栄える甘いRaphaelの声。そして、途中で入ってくるトランペットも、だんだんと曲に馴染んでくるのが面白い。トラックの作り方も最高にこっているといえるであろう。

05.OPH

本当に軽々とJAZZで一曲やってみようか?って感じの軽さが気持ちがよい。

06.YOU’RE THE ONE THAT I LIKE

いかにもRaphaelらしい曲である、軽くてFunkyな一曲。Raphaelの歌声も生き生きとしており、躍動感に溢れた一曲。軽めのFunkyさが彼には一番合うんですね。自由に自分を表現できているのが伝わってきて聞いてても気持ちがいいよ。

07.EXCUSE ME feat. Angie Stone and Calvin Richardson

ギターのシンプルな構成の曲だが3人の絶妙な絡み合いが、だれがうたっているのかを意識させず、適切に曲の雰囲気を聴く手に伝えてくる。とても、聞き応えある一曲。歌詞が妙に軽かったりするのは愛嬌である。

08.CHARLIE RAY

不思議な音が世界を支配します。そのなんか待ったりした空間の中で自由に自分を表現するRaphaelの言葉がなんとも不思議です。でも、なんか暖かい心地がよい雰囲気に満ちた一曲です。

09.DIFFERENT TIMES feat. T-BOZ

このアルバムの中で、一番、誰もがカッコいいと思える歌で、TLC(R.I.P.Lisa)のT-BOZが参加して、かなりの印象的な歌声を響かせています。転調してからのRapaelのフレーズがっこいいToniesを思い出します。気持ちがいいんですよ、この曲。Coolでスタイリッシュな曲で、最後の終わり方も、変わっているがカッコよくて最高の一曲である。

10.TICK TOCK

Raphaelの歌声が冴えるSmoothyな曲。この愛の歌は素敵だ、とてもすんなり歌詞が入ってくる。「Let’s make out just one more time」かー、やらしい~、こんな甘い声でそんなコトバをささやくんだからこのRaphael君も罪な男です。滑らかなメロディーも聞く耳に気持ちがいいです。

11.PEOPLE

そのまま「People」というフレーズが印象に残るCoolSound!これこそToniesの進化系といえる曲です。すんごいFunkyであり、Dopeなんです。搾り出すように歌うRaphaelの声に落ちることになるでしょう。

12.TEK #1

民謡風の笛の音が印象的で、こういう古臭い感じが、今回のコンセプトの一つなんだろうなーと感じます。

13.FAITHFUL

タイトルそのままな忠実な男を演じるRaphaelの歌・・・誰もがそう想い同じ過ちを繰り返す・・・それを分かって書いたんだろう、そう思うとなんとも皮肉ってるとしかいいようがない。この曲もフレーズが面白く長く聞けそうな曲である。

14.MAKE MY DAY

とても短い歌・・・なんともつなぎなのだが、雰囲気をそのままケイゾクしてくれる。

15.BLIND MAN

、ちょっと明るめの雰囲気に包まれつつも、なんともストイックな歌詞である、騙される男の性を歌っているのだが、妙に現実味を帯びていてちょっと怖いのだが、曲の雰囲気は暖かく気持ちよくなれる。

17.UPTOWN featuring LESLIE WILSON OF NEWBIRTH

初に語りから入るのだが、さすがアメリカというべきがなんともディープな薬とかの世界が描かれるが、曲調は、希望に満ち溢れた曲である。サビのフレーズもストレートにカッコいいと言えるFunkyなナンバーである。特に最後にかけて絡んでくるNEWBIRTHのLESLIE WILSONの熱い歌声が、SweetyなRaphaelの歌声と混ざり、FUNKの世界をよりカッコよく演出している。名曲!

18.WHAT’S LIFE LIKE

Whats life like(ワウワウワウと聞こえる)のフレーズがとにかく印象に残る曲。きっとこのフレーズが頭から離れなくなることだろう。ちょっとおちゃらけつつもカッコいい曲である。

19.SKYY、CAN YOU FEEL ME featuring SKYY

SKYYという女性ボーカルをFeaturingした一曲。詳細はわかりません。ただ、かなり歌がうまい!Funkyに歌いこなしており、Raphaelとの相性もかなり抜群である。じわじわと盛り上がってくる曲である。Raphaelの声も控えめで、SKYYの声がうまく出ている曲が繰り広げられる。ボトムを這うスネアドラムが気持ちがよく、SOULな世界が好きな人には好かれる曲であろう。Streetであり、且つCool&Funk!申し分ない!

20.WHAT?

11分に及ぶボーナストラック。シークレットトラックも2曲入っている。そして、「What?」は最後を締めくくるSlowで、丹念に作りこまれた一品。Raphaelのフェイクがすごい気持ちよく世界を作り出しています。
他の二曲もBONUSにはもったいないなーと思う出来でした。とくに最初はボトムのドラムがなんとも印象的で、これこそGospeldelicなのかと感じさせる非常に濃い曲です。この自己陶酔に入るか、入らないかのきわどいところがたまりません・・・後半の「By And By」は、ノイズが入った荒削りな音作りが印象的な曲、素敵なグルーブを持っています。

(LINK)

OFFICIAL

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。