JOE / Better Day

01.Let’s Stay Home Tonight
02.Better days
03.What if a woman
04.Alone
05.Isn’t it this the world
06.Ghetto child
07.I like sexy girls
08.Here she comes
09.Lovers prayer
10.Changed man
11.Understand
12.She Used To Love Me
13.World of girls
14.Lets stay home tonight Remix feat. Petey Pablo

(総評)

さすが、JOE!素敵なアルバムを届けてくれました。いかにも彼らしい甘いR&Bです。安心して聞ける一枚。
なんといっても、シングル曲の『Let’s Stay Home Tonight』!このギターのサウンドを多用した、なんともなめらかな盛り上がり!JOEの声の甘さを最大限に、生かした一曲といえるでしょう。最後の終わり方にまで、気を配ってるのがよくわかる一曲である。コーラスの良さは言うまでもないが、最後のストリングは秀逸である。まさか、こんな終り方するなんて、思いませんでした。いつものJOEより若干爽やかな感じがするが、この曲のインパクトは、相当なものである。マジでいい歌!買っとくべし!
このアルバム、彼自身の形が出来つつあるので、2ndや、3rdほどの強烈なインパクトという点では、劣るかもしれないが、その分、彼の歌としての完成度は、今までのよりもグンを抜いていると思う。だが、僕の中では、何曲か納得いかないのがあるのも事実。それは、今までの雰囲気を大事にしたものよりも、どちらかというと、新機軸を打ち出している曲が多いこと。
そう、子供の声が入ったり、意外と爽やかだったり、意外性のある曲が多いのである。でも、この新機軸を打ち出したことにより、彼のアーティストとしての活躍できる期間は確実に伸びたことでしょう。いつまでも一つ覚え見たく、甘い歌ばかりは歌ってないんだよと、いっているようです。
こういう感じで、自分の思い通りつくりました!的なアルバムと、3rd,2ndのような甘いR&Bの一枚としての雰囲気を大事にしたものを交互に出していくと、おもしろいのではないのかなと思いました。そう、前のアルバムほど、夜向きというよりは、聞き易い感じに仕上がった一枚といえるでしょう。R&B初心者にもオススメできる出来。アルバム全体の雰囲気としてだが、雰囲気を壊す楽曲がちょこちょこあるので、夜聴くR&Bとしての評価はちょっと2ndや、3rdのような評価は得られないかもしれないが、JOEらしさが失われたわけではなく、変化していく姿勢は、素晴らしく、次のアルバムも楽しみにあるような内容であるのもいい。R&Bとしてのアルバムとしては、非常に完成度は高い!
今のR&Bを知る上でも、持っておきたいアルバムです。
オススメ:(1),(2),(3),(5),(8),(10),(11),(12)

(曲解説)

01.Let’s Stay Home Tonight

ギターを使ったJoeの曲の中でも相当素晴らしい曲です!このアルバムを代表する一曲になっています

02.Better days

いきなりタイトル曲。しかもJOEらしい、甘いやらしい~。プロデューサーが自分自身ですから、自分の生かし方をしってるやらしい人である。この曲も素晴らしい!この曲にも効果的にストリングスが使われている。最後の終わり方もいい!1,2曲目とストリングスで優しい雰囲気を上手く作り出している。これも、今作大量に曲に参加しているプロデューサーALLSTARの影響か?

03.What if a woman

いつもどうり、コーラスでねっとりと盛り上げている・・・こういうねっとりしたサビがいかにもJOEらしくて、大好きである。最後の方のフェイクも、ゾワッとくるほど、いやらしい~グッとくる一曲。

04.Alone

3曲目同様~、JOE節、JOEの雰囲気全開ある。この人は、コーラスが絡むと、とたんにやらしくなるから、不思議である。JOEらしい一曲。

05.Isn’t it this the world

あとで知ったのだが、なんとNeptunes・・・こうきう曲もつくれるんだねー。ビックリ。Kelisみたいなおどろおどろしいビートサウンドしか作らないのかと思えば、昔はクセのないサウンドをつくっていたこともあって、そのころの実力を発揮したという感じでしょうか。とにかく、このNeptunesの変化に戸惑う。でも、爽やかな素晴らしい一曲!JOEに合っています。

06.Ghetto child

いきなり子供の声にビックリする・・・え・・・SOULじゃないんだから、君は大人のサウンドじゃなかったのかい!といいたくなりますが、ROMEの3rdアルバムでも、こういう曲がありましたが、子供はやってるんでしょうか?RAPPERは、Shaggyの声もからんで、まったくもって、いままでのJOEらしからぬ曲なんですが・・・不思議と聞き込んでくとこういうのもありかなと思えてくる。子供のコーラス隊の使い方が上手く、爽快感漂う、綺麗なバラードとしての完成度は非常に高い。JOEプロデュースであるから、JOEの新境地といえる楽曲!

07.I like sexy girls

6曲目での爽快感をもっと増すような、楽曲。ビックリします。え!っと。こんな歌JOE歌うの・・・と最初は、戸惑いました。これは、あまり、個人的には、アルバムの雰囲気を夜用じゃなくしてる第一原因だと思われる。この曲と6曲目が続けば、さすがに夜寝る時にきくという使い方は、ちょっと避けたくなる。でも、Allstarの仕事としては、非常に完成度高いと思う。だが、JOEが歌う歌ではないだろう。

08.Here she comes

かっこいい!かなり、いい!AllstarとJOEが上手く絡んで、すばらしい楽曲を作り出してる。JOEらしさと、Allstarらしさが上手く出た良曲!この曲は是非シングルカットして欲しいものである。リズムに跳ねる部分を若干持たせながら、JOEのなめらかな歌い方で押してくる、これは、すごい新鮮で心地いい。

09.Lovers prayer

JOEのプロデュース作品。かなり、気持ちがいい一曲。でも、新鮮味という点ではかけるが、JOEらしく、弱めのコーラスが雰囲気をマッタリさせる一曲。

10.Changed man

JOEお得意のパターンだが、このマッタリ感はたまらないだろう~。後半へかけての、JOEの熱の入った歌いっぷりには、熱くさせられる。コーラスが、単調に繰り返すので、熱の入り方が目立ってきて、すごい効果的である。終わり方がJOEらしいなー。

11.Understand

この曲好きである。JOEの歌では、繰り返しのフレーズが多いのが、すきなのだが、この曲は、もろ僕の趣味にはまってて、大好きである。サビへのメロディーラインの流れもスムーズで、非常に全体を通しての聞き心地がいい。

12.She Used To Love Me

・・・はっきり言って、ビックリした。音に。そう、琴の音が入っているのである、しかも、そのメロディーラインは、よく聞くと、「戦場のメリークリスマス」・・・これには、さすがに驚いた、サビのもってき方も力強く、今までのJOEでは、ありえなかったはずであるから。とても、印象に残るすごい曲である。

13.World of girls

2STEPを導入した、楽曲、この「ん、た、ん、た」という独特のリズムに、上手く乗せていると思うし、JOEの甘い雰囲気をそれほど、変えていないので、JOEと2STEPの融合は、ひとまず成功といえるであろう。

14.Lets stay home tonight Remix feat. Petey Pablo

近、すばらしい自身のアルバムを出した、新鋭Petey Pabloを迎えてのシングル曲のREMIX!このPetey Pablo、キレのいい少しだみ声の力強いRAPが特徴で、非常に好きなアーティストである。この曲では、『Lets stay home tonight』をいい感じに、さらなるUPへと変えているが、この楽曲よりは、もっと鋭いトラックでこそ、このPetey Pabloは、力を発揮するので、残念であろう。もう少し、Big Pubのような、だみ声じゃない感じのRAPPERの方がJOEとは、相性がいいと思うのだが。まあ、DMXとかよりは、いいと思うが・・・

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。