KEKE WYATT / SOUL SISTA

01.USED TO LOVE
02.I DON’T WANNA
03.NOTHING IN THIS WORLD feat.AVANT
04.DON’T TAKE YOUR LOVE
05.I CAN’T WAIT
06.PUSH ME AWAY
07.IF ONLY YOU KNEW
08.TALKIN ’BOUT ME
09.BAD BOY
10.CALL ON ME

(概説)

2001年デビューの新人、まだ、10代中盤のKEKE WYATTですが、彼女なかなかの歌を歌います。しっかり歌って、しっかりと感情表現が出来ている!というのが第一印象。聞き込むごとに、その良さは増していく。非常に今後が楽しみな、アーティストである。そして、このアルバムで一番の見所は、AVANTの登場である。実は、彼女、AVANTの1st(名作)で、シングルカットされた、『My Perfect Love』でAVANTとデュエットしていた中なので、しかも本作のプロデューサーは、Steve ”Stone” Huff。そう、AVANTのアルバムのプロデューサーと一緒。これで、中身が悪いわけはない。
AVANTとの絡みは、絶対に見逃せないし、聞き応え十分である。そして、お!と思うのが、STEVE “Stone” HuffがRAPPERとして参加していることである、これは、はじめてみたので、驚いた。注目すべき楽曲は、1曲目「USED TO LOVE」、3曲目「NOTHING IN THIS WORLD」、「DON’T TAKE YOUR LOVE」、「I CAN’T WAIT」であろう。唯一、不満は、Steve”Stone”Huffがやるなら、もっとやらしい感じの曲が多めにしてほしかったなー。それに、彼女の声は、たまには、力強く張り上げることで、良さが出ると思うので、そういう楽曲や歌い方に作って欲しかったことである。この声で、シャウトされたら、そうとう聞きてる方は心地がいいであろう。
UPはできるだけ少なくして。UPのつくりが若干無理をしてる気がする。ボーカルモノとしては、ひさびさに、聞けるなという感じ。次回には、相当ヨサゲなものを届けてくれそうな予感がある。さすが、SOULという名を冠するタイトルをつけるだけはある!
オススメ:(3),(1),(4),(5)

(曲解説)

01.USED TO LOVE

この曲のカッコよさは、格別であろう。最初のビートのサウンドが良すぎる!さすが、Steve ”Stone” Huff!サウンドのカッコよさが際立っている、それに、力強いシャウトをかますKEKEも、かなりかっこいい!そのまま、歌まで、一連の流れに無駄がなくて素晴らしかった。最後のKEKEのシャウトは、この曲のハイライトであり、締めのサウンドもカッコいい!

02.I DON’T WANNA

最初の鼻歌がかなり印象的。

03.NOTHING IN THIS WORLD feat.AVANT

AVANTがいやらしく絡んでくるんです。この人の歌い方は、ヤラシすぎ!そして、男性が絡むと不思議とKEKEの力強い歌声も存分に引き立つんですね。この曲「IN THE RAIN~」というところで、雨の音がするのも、お茶目でいいと思う。ちょっとした遊び心は、この曲をただの臭い恋愛ソングにしていない!最後の二人の熱い絡みは、聞きごたえ十分であろう。歌詞を見るとちょっと赤面モノに純粋であるのも、またいい。

04.DON’T TAKE YOUR LOVE

コーラスと本人の歌声のバランシングが非常にうまくいっている。コーラスによって、KEKEのボーカルが引き立っている良曲!艶があるが、力強くもある彼女の声の素晴らしさが堪能できる曲である。

05.I CAN’T WAIT

またAVANTを迎えての一曲だが、ここでのAVANTの影は薄い。というか、AVANTはあくまでGUESTで、この楽曲めちゃめちゃカッコいいのである!最初のRAPが、控えめだが、曲を盛り上げるすばらしい出来なのである。そして、途中でスッと入ってくるAVANTのさり気無さがいい!最高!このアルバムでの一番のParty Song!

06.PUSH ME AWAY

最後のKEKEのボーカルの立ち方が、気持ちいい。「PUSH ME AWAY, PUSH ME AWAY」と声を張り上げて、歌う様は、聞いてるこちらまで気持ちよくなりそうなほどである。

07.IF ONLY YOU KNEW

あのパティーラベルのカバー曲であるが、実に彼女らしい歌い方で、歌いこなしているところにも、彼女の実力のほどがうかがえる。

08.TALKIN ’BOUT ME

10代中盤の女性が歌うとは、思えない内容なのだが・・・すごいなー。

09.BAD BOY

この曲では、STEVE “Stone” HuffとKAZ-1というRAPPERが参加しています。 ビートの利いたサウンドがいい感じな一曲で、KEKEのボーカルの乾いた感じで、かっこいいのだが、サビがはっきりしないのが、ちょっと駄作か・・・網一工夫が欲しい一曲。十分カッコいいが・・・

10.CALL ON ME

しっとりしたのバラードである。

☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。