Cooly’s Hot Box / take it

01.It’s Alright
02.Simple
03.Over&Over
04.Take Me Home Tonight
05.Take It
06.14 Hours
07.Make Me Happy
08.Friend Of Mine09.Breathe Funny
10.Wasted Time
11.Let Me Get Some
12.What A Suprise
13.I’m In Love With You
14.Haapy Feelings
15.Dimelo Siempre
16.Don’t Throw My Love Around

(概説)

アンジェラジョンソン率いるCooly’s Hot Boxの1stアルバム。
このような密かにいいアルバムというのは、もっと注目されてもいいはず!
R&Bには、僕は大きく分けて、音から受ける感覚として5つに分類されると勝手に思ってます。昔からのSOULっぽいR&B(ROMEとか、R.KELLYなどのアイズリーな人たちなど)、FUNKっぽさを強くだしたR&B(New Classic Soulでの、Tony Richや、Rahasaan Patterson、Eric Benetなど)、コーラスを主体としたR&B(ボーイズグループはここ。)。さらに、ラブバラード主体のR&B(JOEが代表かな?ちょっとR.KELLYとは、また違う。)
あと最後のJAZZの要素をふんだんに取り入れたJAZZYなR&B。いっぱんには、それだけじゃなくて、新しい試みは常にされておりジャンル分け自体に意味はないと思うんですが、でも買う側としてはジャンル分けされてないとどんなのかわからんわけです。で、本作品は、JAZZYな要素が強く、めちゃくちゃFUNKYでCool!なR&Bです!ときとして、音的には、Acid Jazz的な扱いを受けるかもしれませんが、めちゃくちゃR&Bしていまして、ホントカッコいいんですよね。
NY州立大学で結成されて、メンバーは、リーダー兼ドラムのCooly!この人の名前がバンド名にもなってます。しかも聴くとわかりますが、このドラムの音が味があって、かなりいいんですね。ヴォーカルのAngela Johnson、パーカッションのアーネスト、ベースのクリス、キーボードのヴィクターの5人組ですと書いてあるんですが・・・!ジャケットにのってるのは4人・・・え、一人いない。恥ずかしがりやなのか・・・
雰囲気としては、USのしかもど真ん中NYで結成されたにも関わらず、どこかUSのR&B臭い感じがします。そう、スタイリッシュな感覚が強いんです。USのほど、くどくないR&Bなんですね。USA・・・しかもNYのR&Bといえば、もう、それは完全に夜のミュージック的な雰囲気が強かったり、HIPHOPの要素がふんだんに使われてたり、このアルバムの中で注目したいのは、2曲!ひとつは、めちゃくちゃCOOL!で、もうひとつは、楽しすぎる遊び心に溢れた作品。
特に7曲目でのアンジェらの歌声の素晴らしさとテンポの良さ!そして、11曲目での楽しい曲調!この2曲はとても素晴らしいです!特に11曲目の後半のテンポアップもスムーズで素晴らしい。アンジェラの声の良さも堪能出来ます。他の曲も良曲がそろっています。このアルバム、昼夜関わらず聴けるすごい良質なR&B!本当にいいからもっと売れて欲しいなー。あまり時と場所を選ばず聞ける音楽って早々ないからこれは貴重だよ。平日の午後にきける貴重なR&Bアルバム。
オススメ:(1),(4),(7),(10),(11)

(曲解説)

01.It’s Alright

Startをきるにふさわしいこのアルバムの雰囲気をモロに出している1曲。R&Bなんだけど、どこかCafeJAZZっぽいスタイリッシュな雰囲気をもった曲です。New Classic Soulほど濃すぎてなくて、平日の午後に聴きたいようなそんな曲です。アンジェラジョンソンのどこかエリカ・バドゥちっくな歌声も上手く活かされています。バドゥほど、ねちっこくなくて、すんなり聴けて、且つカッコいい声なんです!彼女はいい!歌詞も励ましてくれます。

02.Simple

De La Soulが同名の曲をシングルカットしたので、名前はかぶってるなーと思いつつも、こちらは、ずいぶんと切れのいい曲。スタイリッシュな雰囲気がプンプンしてきます。JAZZYでスタイリッシュ、単純にカッコいいと思える歌ですね。アンジェラジョンソンと、男性の声の掛け合いも、どこか、New Classic Soulの先駆者D’Angeloを意識したような感じもあって、Coolな歌い方になってます。リリックがかなり悲しい男の性ですなー。

03.Over&Over

まあ、某日本のR&Bグループも同名の曲がありますけど、あっちよりすき。というか、この曲のカッコよさも水準以上です。本作で本格的に男女の声が絡み合います。個人的にはこのリーダーCoolyの男性のボーカルも相当好きです。いままでにはいないあっさりしたカッコよさをもったヴォーカルです。

04.Take Me Home Tonight

MUSIQ SOULCHILDを思い出させるような曲の入り方をします。この男性ボーカルの声は幅広いです。Coolでスタイリッシュな声で歌ったかと思うと、いきなりD’Angelo並みの変態裏声ヴォーカルで歌いだしてりしています。このスネルの聴いたドラムがループする感覚はたまりません。なんか、こう気持ちよさとカッコよさを持った良曲。この曲は男性ヴォーカルのみ。内容は・・・もちろん、ヤラシイです。

05.Take It

アンジェラ嬢の独断場。この曲はあまりUPPERな感じではないんですが、リズムアレンジがしっかりしているので、しっかり聞けます。彼女の書くLyricは女性にとっては、ものすごい共感できるものだと思うし、洋楽のR&Bにありがちなただヤラシイ内容じゃなくて、すごい励ましてくれます。

06.14 Hours

スロースムーズな曲。マッタリ出来ます。数少ないテンポが遅い曲だがアクセントになっててそれなりに楽しめる。

07.Make Me Happy

このアルバムの中でも異彩を放っている1曲!まずは楽曲がいい!このUPテンポなサウンドとドラム音が気分を盛り上げます。New Classicっぽいドラムの使い方をしながら、スムースJAZZのような要素も入っている。そして、そのサビ!「AHH!」という女性の雄たけびに近い歌い声が聞くものを一瞬でCooly’sのR&Bの世界に引きずり込みます。しっかりしたドラム音が歌声を支えつつ、その上でアンジェラの声が自在に、はねまくってます。JAZZっぽいピアノの音。すべてがこの歌をパーフェクトなものへと昇華しています。本当に素晴らしい1曲。この曲のためにこのアルバムを買っても絶対損はしません。JAZZっぽい雰囲気をもって、スタイリッシュな雰囲気もあるんだけど、なんか、元気をくれるような、そんな明るさを持っている曲です。アンジェラの声最高っす!

08.Friend Of Mine

名曲の次の曲としては、地味目な曲。サビでのCoolさは、すばらしい。今現在の洋楽のR&Bがどこか忘れている楽曲の耳残りの良さが存分に出ていると思います。

09.Breathe Funny

唯一のInterlude。でも、ライブ感覚溢れていて、とてもいい楽曲。ライブ聴きたいかも・・・

10.Wasted Time

これも最初に上げた二つに匹敵するほど素晴らしい楽曲!「A,A,AHA」というバックの声がとても印象に残る曲で、ここでもCooly’sのなめらかな声と、アンジェラの声が聞けます。微妙にループが利いたリズム音の中、バックの声がいい感じで、Coolyのスムーズな歌声がすっと入ってくる名曲!サビでのCoolyの声の立ち具合は素晴らしすぎます。切ない気分にさせられます。途中で出てくるボイスパーカッションもいい感じにアクセントになってて、カッコいいんです。そんなガツンと盛り上がるわけじゃないけど、ループの美しさをもった楽曲。(カマDはこういうループものが大好きなんです・・・)

11.Let Me Get Some

「Let Me Get Some」といいつづける男性ヴォーカルの声が印象が強過ぎる1曲!
この男性のおふざけに近い、ニヒルな(死語)歌いかけるような声が堪りません。どんな感じかを説明するのは、難しいのですが、そうですねー。ステージと、テーブルが置いてある客席があって、そのテーブルに座ってる女性一人一人の側にいって、その人の目を見て、「Let Me Get Some?」と語りかけながら、テーブルをまわっていくような、そんなかんなりおふざけが過ぎた歌い方が思い浮かぶんですよねー。ある意味ここまでやってくれるとアホっぽいけど、カッコいい!すごい、楽しくて、堪らない、いい曲です。10曲目とつながることで、実はますます良さが引き立ってるんです。ぜひ、10~11曲はつなげて聞くことをオススメします。

12.What A Suprise

あまり特徴がない・・・ちょっと中だるみかな。でも、悪くはない、スロー物。

13.I’m In Love With You

この中では珍しいR&Bらしいバラード。これは、アンジェラの歌い方が、かなり引き立ってます。ちょっと同じリズムで飽きてきているところに、いいアクセントになる1曲。

14.Haapy Feelings

アクセントが利いた歌い方が印象的なまあまあの曲。

15.Dimelo Siempre

3曲目「Over and Over」のラテンバージョン。今流行りだからね。

16.Don’t Throw My Love Around

ボーナストラックとしては、完成度高し!かなりご機嫌な感じですね~。

☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。