KeKe Wyatt / Who Knew

01.Who Knew
02.Never Do It Again
03.Without You
04.Daydreaming
05.So Confused
06.Weakest
07.Peace On Earth
08.Got Me One (Good Man)
09,Getting It
10.Never Give Up

(総評)

さまざまな問題を乗り越えながら、ついにリリースされたKeKe Wyattの2nd Album!これが2010年女性アーティストのアルバムとして最高傑作ともいえる充実した作品に仕上がっています。先行シングル「Who Knew」でその歌声の迫力と存在感をこれでもかと見せつけてくれましたが。その先行シングルを裏切らない素晴らしく充実した作品に仕上がっています!1stアルバムの時もAvantとのデュエットで話題をさらいましたが、もっとうまく、情熱的な歌唱ができるようになっていて、今後のシーンを引っ張っていくアーティストの一人であることを、証明してくれています。
ネオソウルやオーガニックなシンガーは最近の女性シンガーの主流ですが、彼女はパワフルな正統派なR&Bシンガーとしての魅力を存分に見せてくれている貴重な存在です。Angie Stone, Kelly Priceぐらいしか最近では思い浮かばないようなタイプのシンガーなので、SOUL SINGERとしての今後も期待したいところですね。
アルバム全体と通して彼女の得意とするオーソドックスなR&Bバラッドが詰まっていて、そのオーソドックスなバラッドの中で見せる見事すぎるシャウトの応酬に聞くものは胸を熱くさせられてしまいます。なんといっても、3曲目「Without You」の最後に見せるシャウトも見事ですし、それ以上にオーソドックスな名バラッド5曲目「So Confused」でのシャウトは、彼女の真骨頂といえるでしょう。この5曲目だけは、絶対に聴いたほうがいいです!
さらには、8曲目「Got Me One」10曲目「Never Give Up」でも、オーソドックスなバラッドをこれでもかとシャウトして聞かせてくれます!ここ最近はこれほど歌える女性シンガーに会ったことがないので、これほどに力強く全うなR&B然として歌声を披露してくれる彼女の実力には、圧巻としかいいようがありません。この以外も、6曲目「Weakest」では正統派R&Bを見事に歌いきり、7曲目「Peace On Earth」ではアコースティックサウンドで彼女の歌のパワフルさに圧巻させられます。「Never Do It Again」では、艶やかに伸びのある歌声を見せたり。4曲目「Daydreaming」ではやさしく歌い上げたりと、1stアルバムでは見せなかった面も存分に感じさせるKeke Wyattの成長を感じさせるアルバムの内容になっています。 あまりにすばらしいバラッドが多くて、前作の彼女が見せるような9曲目「Getting It」のようなHIPHOPトラックが逆に邪魔に感じてしまうほどに完成されたアルバムに仕上がっています。何よりも、彼女にオーソドックスなR&Bを歌わせてシャウトさせると、本当に見事で、低音な歌声もあいまって、非常にかっこいいんですよね。この楽曲たちを聞くだけでも、十分に意味がありますし、それに今回は9曲目以外は、本当にR&Bとしっかり向き合っている楽曲が多くて、どの曲も完成度が高いので、R&Bアルバムとしての完成度の高さに、息を呑んでしまいます。2010年聞き逃した人にはぜひとも聞いてほしい一枚です。オススメ:(5),(3),(1),(4),(6),(7),(8),(10)

(曲解説)

01.Who Knew

のびやかなKeKeの歌声が、堪能できる一曲!迫力ある歌声をよく活かした楽曲で、サビに向かうほどに、楽曲の盛り上がりを見せてくれます。高音域も十二分に使いながら、フェイクを織り交ぜて最後にはシャウトしまくってしまうKeKe Wyattらしい楽曲に仕上がっています。先行シングルとしてのパワーも備えています。

02.Never Do It Again

2曲目は爽やかな印象の楽曲を披露してくれます。気持ちがいいその雰囲気にあった、伸びやかな歌声で、楽曲ごとに歌声のさまざまな魅力を見せてくれます。こういう安定感のあるミッドテンポな楽曲を魅力的に歌えるところにこそ、彼女の実力の高さを感じさせてくれます!

03.Without You

ここでは、ゆったりとしたコーラスに乗せて、徐々に情熱的に盛り上がっていくスタンダードな一曲です。正直こういうサビだけじゃなくて全体的に盛り上がりを見せてくれるR&Bの正統派ともいえるミッドスタンダードな楽曲って本当に最近すくなくなったので、改めていいなーと思わせてくれます。最後に見せるシャウトの嵐からファルセットまで混ぜて盛り上がるところには、胸をぐっと鷲掴みされます!

04.Daydreaming

ゆったりとしたまさに正統派R&Bというべき楽曲が多く並んでいる前半ですが、この曲もしっとりとした雰囲気のイントロから、メロディーでグッと引き込むような魅力的な一曲に仕上がっています。3曲目とは違って今度は柔らかくやさしく歌い上げていくところにKeKe Wyattの成長をまざまざと感じさせてくれます。

05.So Confused

前半のハイライトともいうべき美メロの一曲ですね。こういう楽曲に悪い曲はないでしょうともいえる、まさにバラッドの名曲の誕生です。オーソドックスなメロディー展開の中でも、絶妙な歌の駆け引きが込められていて、安定した歌声のKeKe Wyattだからこそ、この魅力的な歌唱をできるんでしょうね。フェイクで、徐々に引き込んでいき、最後にはシャウトで胸をかきむしられるような盛り上がりを見せてくれます。切なげな最後のギターのソロもいい感じに仕上がっています。

06.Weakest

後半もしっかりと、ミッドテンポなR&Bの曲を披露してくれます。安定感ある歌声なので、じっくりと曲に入り込んで聞くことができます。目立つ曲ではないのですが、アルバムの水準を押し上げるすばらしいミッドバラッドに仕上がっています。この曲もしっかりと最後はシャウトを聞かせてくれています。本当に女性アーティストでこれだけカッコいいシャウトができるアーティストは少ないです。

07.Peace On Earth

ここでは、アコースティックなサウンドでまた違った静かに歌い上げる一面を見せてくれます。さまざまな楽曲を歌えるアーティストだなと改めて驚かされます。こういうアコースティックだからこそ、途中で垣間見せるシャウトのすごさが身をもって感じることができます。この人に生でこの曲を歌われたら相当やばいでしょうね!

08.Got Me One (Good Man)

こちらも、オーソドックスなR&Bのミッドテンポな楽曲で、徐々に盛り上がりを見せる展開が彼女の盛り上げる歌い方とあいまって、高揚感を感じさせてくれます。本当にこういう曲でのよさは見事としかいいようがないですね。

09,Getting It

オーソドックスなR&B然とした曲が多い中でこの曲はHIPHOPトラックで、Rapも取り入れつつ、豪快に盛り上げます。どちらかというと1stの感覚に近い楽曲で、彼女の得意な曲がR&Bバラッドだけではないことを、それとなく披露しています。それにこの曲があることで、少しシーンを意識したつくりができていますね。

10.Never Give Up

最後はしっかりと彼女得意な歌い上げ系な楽曲で聞かせてくれています。ゆったりと進みながらも、迫りくるKeKeのシャウトに、胸が熱くなります。本当にじっくりと聞くことができて、アルバムを締めくくるにふさわしい一極になっています。

(LINK)

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です