CIMBA / Words and Notes

01.MY LIFE feat. SEEDA
02.奇跡 feat. 宏実
03.Neva eva
04.Call feat. NaNa(OH GIRL!)
05.蛍
06.Toy Diamond Ring
07.Seize the Day
08.ゆらゆら
09.Sleepin’
10.果てない夢に君と feat.Sasha
11.Livin’ with the sky feat. KEN-RYW, SI-RUDE
12.FLY GIRL feat. GIPPER, Mr.Low-D, DJ LAW, 柴田知美
13.Sex Dreams
14.何度でも君に恋をする
15.REPLAY ~next lifetime~ feat. Mr. Low-D, DJ LAW
16.Outro ~the sound of love~

(総評)

実力派R&BアーティストCIMBAの2ndフルアルバム。CIMBAといえばかっこいいR&Bを歌うイメージや、HIPHOPトラックと親和性が高かったり、さらには詞の世界観がすばらしいバラッドを歌い上げたりとさまざまな顔を持っているアーティストというイメージが感じがしますが。このアルバムではそのさまざまな面がより磨きがかかったところを見せてくれています。1stのフルアルバムでも、グローバルな視点や愛情の深さを歌い上げるその詞の面白さは特筆に価したのですが、今回はよりその深さが増しています。さらにこれほどにかっこいい楽曲をかっこよくシャープに歌い上げてて、歌もフェイクやシャウトを適度に入れてきて、歌もトラックの面白さも両方感じさせてくれます。そして、バラッドのすばらしさは、昨今の上辺だけの愛情を歌うような楽曲とは違う深いバラッドが多くて、本当に心に染みました。
まず話題となった宏実とのバラッド2曲目「奇跡」でのデュエットとしての完成度の高さがすばらしいかったのですが、二人の言葉の掛け合いが生み出す映し出す心の思いの深さも見事ですね。こういう風に、男女関係なくさまざまなアーティストをfeatしながらも、お互いに味を出し合いながら高めあっていく姿は、うまいなと感じさせます。デュエットは、4曲目「Call feat.NaNa (OH GIRL!)」でのセクシーな歌声の絡み合いも、この曲の二人の複雑な関係の切なさとセクシーさを映し出しいて、本当に聞き応えがあるバラッドになっています。アップサウンドも、1曲目「MY LIFE feat SEEDA」での軽快なアップサウンドと、3曲目「Neva eva」のような疾走感あるデジタルサウンドなど、5曲目「蛍」のようなJazzyな面白いサウンドでもかっこよく纏め上げたり、前作のミニアルバムから唯一収録の15曲目「REPLAY ~next lifetime~ feat. Mr. Low-D, DJ LAW」の純粋なかっこよさなど、プロデューサーのT-SKの力とCIMBAのメロディーセンスの良さをこれでもかと感じさせてくれます。
そしてなんといっても、このアルバムのハイライトとなるのは、6曲目「Toy Diamond Ring」と14曲目「何度でも君に恋をする」でしょう。どちらも本当にすばらしいバラッドで、R&Bとか関係なく心に染み入るバラッドになっています。「Toy Diamond Ring」は子供に向けた親の愛情が深くなっていく情景を見事に歌い上げていて、聞いていて本当に暖かな気持ちにさせてくれます。「何度でも君に恋をする」は、本当にシンプルなまっすぐに愛を賛歌するCIMBAの姿がすばらしいどちらもCIMBAの愛情の深さを感じさせてくれます。
そのほかにもかっこいい楽曲やCIMBAの1stから聞いている人ならばわかっているであろうHIPHOPトラックでかっこよく歌い上げるところなど、さまざまなCIMBAの表情を感じさせてくれます。あえて優劣はつけましたが、どの曲もすばらしい楽曲で何より詞に定評のあるCIMBAの実力を遺憾なく発揮していて、どの曲も心に残る言葉があったり、ストーリーが気になったりと、日本語でR&Bを歌いながら詞でもこれほど面白いと思わせれるアーティストは本当に貴重だと思います。
今これほどに、かっこいい楽曲をよりかっこよく、美しいバラッドを、美しく歌えるという両方をセンスよくできるアーティストは、そうそういません。アップもスローバラッドも、R&Bサウンドとして水準が高くて、アルバムとしてすばらしい完成度をもった一枚になっています!オススメ:(6),(14),(2),(1),(3),(4),(5),(7),(9),(15)

(曲解説)

01.MY LIFE feat. SEEDA

アルバムの最初を飾るのは、SEEDAを招いたCIMBAらしいアップサウンド!こういうかっこいい曲を歌わせると今最もすばらしいアーティストですね。美しいメロディーイントロからの豪快なSEEDAの勢いのある掛け声が一気に幕を開けて、CIMBAらしい細かく刻んだような歌い方で、ぐいぐい盛り上げていきます。サビで一気に盛り上がるメロディーラインも見事ですね!SEEDAの灰汁の強いRapもまたこの前向きなCIMBAの歌声とうまく融合していきます。そして歌詞も選ぶ言葉にインパクトがあるところは、さすがCIMBAです。

02.奇跡 feat. 宏実

香水以来となる宏実を招いての素晴らしい荘厳たるバラッド!CIMBAの少し切なげでつやっぽい歌声が感情を豊かに表現していて、宏実の表現力豊かな歌声と相まって、心の奥に熱い雫を落としてくれます。歌を歌いながら、時が過ぎていくというシチュエーションが面白いのと、宏実さんの君が僕を守るからという詞が実に深いなと思わせてくれます、二人の関係性というかそういうバランスも、この歌詞から楽しむことができます。歌詞だけじゃなく、メロディーもオーソドックスでありながらも、二人の歌声をじっくりと感じさえてくれる見事なアレンジで、プロデューサーのT-SKの素晴らしい手腕を聞くことができます。

03.Neva eva

デジタルサウンドがうまくキャッチーなメロディーと極上な融合を見せてくれています。サビは聞くほどに癖になっていきます。バックの歌声と、メインのメロディーの重ね方も、複雑でいながらも、耳に残っていきます。駆け抜けるような疾走感ある、うねりのような極上のメロディーにたただただ聞き惚れていきます。詞の世界はただただまっすぐにストレートな愛情を歌い上げているのも聞き心地がいいんですよね。

04.Call feat. NaNa(OH GIRL!)

愛らしい歌声のNaNaを迎えてのピアノのバックが美しい曲を歌い上げます。艶があるCIMBAの歌声が、切ない雰囲気をかもし出し、かわいらしいNaNaのハイトーンな歌声が楽曲のアクセントとなっていて、美しい楽曲になっています。そして二人の歌詞が、二人の距離感と情景を見事に見せてくれています。CIMBAの語りも入っていたりと面白いアクセントがふんだんに盛り込まれています。最後の曲を盛り上げる二人の掛け合いも素敵で聞き入ってしまいます。

05.蛍

ここからイントロがJazzyなかっこいい一曲で、こういうJazzyなピアノと、HIPHOPらしいトラックとかっこよく歌い上げるCIMBAの歌声の対比が非常に楽曲としても面白い一曲になっています。Jazzyなイントロがこんな一曲になるとはおもいませんでした。こういう切迫した雰囲気のアップサウンドを歌わせると、CIMBAくんはかっこよく歌い上げてくれます。こういうカッコいいR&Bを歌わせたら今一番の男性シンガーです!

06.Toy Diamond Ring

美しいメロディーが心の汚れを洗い流すように、染み込んできて、CIMBAのやさしい詞の世界と合わさって心に残る一曲として響きます。美しい思い出が煌くような無償の愛の美しさを歌い上げていきます。本当にこの曲は、親が子に思う気持ちを歌うようで、本当に大事な思いがこの歌詞の中に詰まっているように感じます。本当に、何があっても君を守ると誓ったというその心がたまらなくわかるんですよね。詞をじっくりと聞いてほしい、本当に素敵な一曲ですよ!

07.Seize the Day

こういうシャープなアップサウンドをしっかりと歌い上げれるのが、CIMBAの持ち味ですよね。やっぱりこういう曲を中心として、バラッドでも聞かせるっていうのが、CIMBAというアーティストのかっこよさなんですね。アップサウンドもただテンポが速いというだけではなくて、しっかりとメロディーの面白さをきちんと持っている楽曲であるのが、すばらしいですよね。

08.ゆらゆら

きらめくようなサウンドで魅了してくれる心地よい一曲。サビのフレーズも面白い一曲になっていて、フレーズを繰り返すことで、徐々に浸透していくような美しさを持っています。やさしげな表情の豊かな歌声がCIMBAの成長を感じ取ることもできます。シャウトも絶妙のタイミングで入ってきて、アップサウンドだけじゃなくスローでも十分に魅了してくれる素敵なアーティストですね。

09.Sleepin’

美しいピアノのメロディーに引かれるイントロからデジタルエフェクトがかった歌声のサビへと流れていく一曲です。美しさの中に愛情を同居しているような一曲に仕上がっています。詞の世界は母親との別れを歌っているので、とても切ないのですが、どこかやさしさに包まれています。「さよならがいえないなら、ありがとうもいえないさ」という言葉はとても心にきましたね。サウンド的にもここまで盟友T-SKのプロデュースが締めていることから、本当にT-SKのプロデュースの幅の広がりをこれでもかと感じさせてくれます。最後にかけての駆け上がるように畳み掛け歌い上げるところは、かっこいいですよ。

10.果てない夢に君と feat.Sasha

Sashaというアーティストを迎えての、ゆったりと歌いこむバラッドです。この女性アーティストも味わいがある歌声で、シンプルな楽曲に彩りを与えてくれています。正統派なR&Bバラッドという曲で、シンプルに力強く歌い上げるCIMBAの歌声も素晴らしいものがあります。ゆったりと歌に浸かれる一曲です

11.Livin’ with the sky feat. KEN-RYW, SI-RUDE

MASEGAKIファミリーからKEN-RYWとSI-RUDEを迎えての、CIMBA本来のHIPHOPトラックとの親和性を見せてくれます。こういう明るい曲調でのキャッチ―なメロディーで、聞かせてくれるのは見事ですね。

12.FLY GIRL feat. GIPPER, Mr.Low-D, DJ LAW, 柴田知美

DJ LAWのボコーダーがいい感じに、イントロに鳴り響き、Mr.Low-Dの独特のフローと、大人な女性らしい歌声を持つ柴田知美がいい感じにまじりあい、CIMBAもシャープでを迎えてのHIPHOPトラック!こういう曲はやっぱりCIMBAくんらしいなと感じさせてくれます。シャープなサビのメロディーもかっこよく4人がそれぞれ味を出していて、お互いのセンスが光る楽曲になっています。詞の世界も面白いですね。

13.Sex Dreams

Makin Loveな一曲。Michael jacksonのHuman Natuer曲を思わせるような美しい旋律のバックの音色が印象的です。メロディーラインも美しく淡いやさしい雰囲気を作り出しています。気恥ずかしくなるほどの詞ですが、それをしっとりと歌えるところは、さすがですね。

14.何度でも君に恋をする

まっすぐに歌い上げる愛の賛歌暖かく歌い上げるCIMBAの歌声にうっとりとして聞き入ってしまいます。なんといってもCIMBAの代名詞ともいえる詞の世界の美しさがこの曲ではたっぷりと味わうことできます。サビの美しいメロディーもとても心にしっくりと入り込んできて、詞をより引き立てます。ひさびさに素敵なバラードを聴いた気がします。本当に素敵な何度でも聞きたくなるような名曲です。

15.REPLAY ~next lifetime~ feat. Mr. Low-D, DJ LAW

以前のミニアルバムからこの楽曲がフルアルバムに収録されました。やっぱり何度聞いてもかっこいい楽曲なんですよね。DJ LAWのTalk Boxが実に味わい深く楽曲に彩を与えて、CIMBAが歌う流れるようなシャープなメロディーのかっこよさに、一気にやられてしまいます。Mr.Low-DのクールなRapも楽曲を盛り上げます。この曲のかっこよさは、ずば抜けてますね!やっぱりこの楽曲から一段とCIMBAの歌声に感情を表せれるような造詣の深さを感じるようになりましたね。

16.Outro ~the sound of love~

最後はOutroとなっていますが、しっかり曲として作り上げてくれているのが、アルバムとして妥協をしたくなかったんだなっていうのが、よくわかります。最後はさわやかなかわいらしい一曲になっていて、さまざまな人の「ありがとう」という言葉が入っていて、こういうコンセプチュアルな楽曲を作るのが、さりげなくて本当に上手だなと感じます。最後の「おしまい」はたまらなくかわいいですよ!

(Producer)

CIMBA:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(11),(12),(13),(14),(15),(16)
T-SK:(1),(2),(3),(4),(5),(6),(7),(8),(9),(12),(13),(14),(15),(16)
I-DeA:(10)
T-4:(11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です