J.Poww / The Headliner

01.Holla@The Headliner!
02.Y Can’t She B U
03.Happy Home feat.D-Rick
04.Fall In Love All Over Again feat.Q from 112
05.Can’t Get Over U
06.Hold On Me
07.R U Still In Love
08.Wrong Or Right
09.Nobody Else feat.D-Rick
10.Driftin Apart feat.J.Pz
11.Feel Good Love Songs
12 Get it Poppin feat.D-Rick
13.Dyme Piece
14.I Want U
15.Just Stay feat.D-Rick
16.Something’s Goin On feat.Shawn Martin of UNV
17.Miss U
18.Who U Gone Believe

(総評)

UNVのメンバーのJ.POWWのソロデビュー作品!このUNVは、スウィートなコーラスワークが魅力的な正統派ボーカルグループだったのですが、ソロ作品ではよりストリート感覚を大事にした、ベテランでありながらも野心的な一作をリリースしてくれました。もちろんボーカルグループの一員であることを生かした美しいコーラスワークを魅せる魅力的なバラードも多数ありながら、アップサウンドも、流行にのっているというよりは、しっかりと地でかっこよさを追求したアップが数多くあって、曲数はかなり多いのですが、それでもしっかりと緩急つけて楽しませてくれる一枚になっています!
そんな中でも、一番のバラッドが11曲目「Feel Good Love Songs」では、サウンドもメロディーも豪華な一曲を披露して聞き手をひきつけ、さらに、7曲目「R U Still In Love」では、ボーカルグループらしいコーラスワークと、ボーカルグループ時代にはなかった見事な熱い熱唱を聞かせます。さらに熱唱といえば、最後の18曲目「Who U Gone Believe」では、見事な熱唱を見せ付けてくれます。そして、逆にアップサウンドではなんといっても、6曲目「Hold On Me」!Rapperも従えつつ、しっかりとクールなサウンドの上を熱く盛り上げていってくれます。こういう曲をベテランができるなんて、かっこよすぎます!そのほかにも9曲目「Nobody Else」では、D-Rickという気心のしれたRapperと一緒に、盛り上げたりとアルバムの要所要所で盛り上げてアルバム一枚通して聞けるようにしてくれています。さらに、UNVのメンバーのShawn Martinを招いた16曲目「Something’s Goin On」では、彼らの新生UNVらしいアーバンなボーカルグループ然とした曲を聞かせてくれています。
ボーカルグループすきはもちろんソロシンガーが好きな方も、誰もがなっとくできる力強い一枚でしょう。ぜひ、聞いて欲しい一枚です。
オススメ:(3),(4),(6),(7),(8),(9),(11),(16),(18)

(曲解説)

01.Holla@The Headliner!

クールでかっこいいアルバムを連想させる迫力満点なイントロからスタートします。この辺のバックコーラスのうまさも聞き所です。

02.Y Can’t She B U

U.N.Vを思い起こすようなコーラスワークを魅せてくれる一曲で、美しいコーラスと、感情的なボーカルが心に響きます。オーソドックスな展開ながらも、ボーカルグループらしい曲調で、その美しさに引き込まれます。

03.Happy Home feat.D-Rick

パワフルな1曲目のイントロに続くようなD-RickというRapperを招いたパワフルさを感じさせる一曲。この辺がU.N.Vでは魅せなかったJ. POWWソロのとしての魅力でしょう。アップテンポでも、コーラスとの掛け合いが面白いというか、90年代を思い起こさせるたまらない一曲になっています。

04.Fall In Love All Over Again feat.Q from 112

112のQを招いた一曲は、J. POWW本領発揮ともいえるスローバラード!コーラスとJ.POWW, Qの掛け合いは実に濃厚で、ボーカルグループ出身の二人が絡むだけはある一曲になっています。徐々に感情を爆発するように盛り上がっていく様は見事です!

05.Can’t Get Over U

ちょっと歌い方が雑かなって感じる部分もあるのですが、濃厚な歌いこみっぷりは、さすがと思わせます。後半にかけて、振り乱すように歌い上げていくのは見事ですわ。

06.Hold On Me

最初のメロディーが見事ですね!そこから、粘着質な熱い歌いっぷりを魅せてくれます。こういう熱い一曲をボーカルグループっぽい作り方で聞かせてくれる人は、最近出会えてないので、うれしいですね。90年代後半のボーカルグループのいいところを凝縮したような一曲です。

07.R U Still In Love

尺八の音を使いながら、サビの印象的なメロディーでぐいぐい歌いこんでいきます。最後の豪快な盛り上がりを見せるコーラスワークは、もう見事としかいいようがありません!このアルバム一番の盛り上がりを見せてくれるコーラスワークですよ!一人ですが、U.N.Vのメンバーがすぐそばにいて歌っているように感じるほどに、濃厚なハーモニーを堪能できます。

08.Wrong Or Right

ここまでで一番美しいバラードを披露します。端麗なメロディーワークでじっくりと聞かせてくれます。ここら辺の見事なディープなコーラスワークは本当に見事ですわ。文句なしに見事です。濃い、コーラスワークというものの良さを改めて思い起こさせます。

09.Nobody Else feat.D-Rick

スローが続いた後は、カッコいいアップサウンドで盛り上げます!シンプルなメロディーながらも、繰り返すことで、徐々に癖になっていくようなメロディー展開は、たまりませんね。途中からREMIXってことで、曲調が変わるのも面白いところです。

10.Driftin Apart feat.J.Pz

ピアノの音色が印象的な一曲です。さらっと歌い上げていきますが、Rapperとの掛け合いながら、じわじわと聞かせてくれます。ここでも途中からサウンドが変わるところが面白かったりします!

11.Feel Good Love Songs

ライブ調なイントロから、豪華なバラードが展開していきます。思わず聞き入ってしまうような力いっぱいなボーカルが素敵に盛り上げてくれます。こういうバラードは文句なしに、何度も聴いてしまいますよね。

12 Get it Poppin feat.D-Rick

HIPHOPサウンドで、上げ目に盛り上げていく一曲!こういうHIPHOPサウンドをやるようには感じなかったので、意外性があって、楽しめます。ちょっとこっち系はもう少し少なくてもいいかなって思わなくもないですが。

13.Dyme Piece

爽やかなR&Bサウンドを聞かせてくれます。やっぱりこういう曲調の方が落ち着きますね!歌をじっくりと聞かせてくれるサウンドの展開を見せてくれます。こういう曲調をやらせたら今最も熱い人物かもしれませんね。

14.I Want U

タイトルから察するとあの曲かな?とか思うのですが、あまりR&Bっぽくない、ちょっとHIPHOPとも違う中途半端に感じる曲です・・・この辺からネタが切れちゃうかな~と感じなくもないです。

15.Just Stay feat.D-Rick

このD-Rickとの組みあわせは本当にいいですね、お互いに引き際をわかっていて、適度なストリート感覚をベテランながらも生み出す原動力になっています。現行シーンでも十分に通用するような曲ですね。

16.Something’s Goin On feat.Shawn Martin of UNV

いやーUNVのメンバーとの曲はどことなくアーバンな香りを感じさせるしっとり系ソングです。ストリート系が多かったこのアルバムの中でもよりベテランらしい、スムーズでアーバンな大人な楽曲を聞かせてくれています。徐々に深く深く歌い上げていく様がかっこいいです!二人の最後のねっちょり系の掛け合いは見事です!

17.Miss U

この辺になってくると似たような楽曲も多く感じられますが、90年代が好きな人にはやっぱりたまらない展開をしっかりと見せてくれるところがベテランの味なんでしょうかね?

18.Who U Gone Believe

最後はしっかりと熱唱系の一曲を用意しています。こういう曲でこそ、ボーカルグループだった彼の本領を発揮してくれています。いやいや、こんなに扱ったっけ?もっとスムーズだったよね?って思うほどに、UNV時代とは違う暑さ溢れる見事なボーカルワークを聞かせてくれています!魅力的な一曲です!

(Producer)

Yountie Strickland:(3),(9),(10),(12),(13),(15)
Shannon Davis:(16)
John “J” Powe:(1),(2),(3),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(11),(12),(13),(14),(15),(16),(17)
Gerald Levert:(18)
Dave “D.A.” Artist:(2),(4),(5),(6),(8),(17),(18)
Byron Stanfield:(7),(14)
Brandon Holland:(7),(14)

(LINK)

Official Myspace
☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です