DIONYZA / Quite Like Me

01.Told Myself
02.If It Kills
03.Waiting
04.Give It To Me
05.Loving You Whole
06.Stir It Up
07.Today Will Soon Be Yesterday
08.Quite Like Me
09.If This Love Could Be feat.Timothy Bloom
10.Practice Makes Perfect

(総評)

ひさびさに、正統派女性ソウルシンガーが現れました!インディーソウルは最近さまざまなタイプが現れて混沌として、本来の歌の良さをもったシンガーがなかなか出てこなくなってしまったのが、残念なのですが。彼女はしっかりと歌える見事なシンガーの登場です!このアルバム一枚にさまざまな楽曲が収められていて、Dionyzaの魅力を一枚で10曲とコンパクトに、表現できているのは、プロデューサーのMichael Suttonの力だなと感じます!
特にすばらしいのは、9曲目「If This Love Could Be feat.Timothy Bloom」でのTimothy Bloomとのデュエットが本当に見事で、楽曲もソウルフルで、かっこいいんですよねー!デュエットでファンキーさとソウルフルさを二つもった人はそうそういないですね!そのほかにも彼女の魅力を引き出す楽曲がいろいろ詰っていて、4曲目「Give It To Me」では、おしゃれな楽曲を聞かせてくれたり、6曲目「Stir It Up」ではアッパーな曲で盛り上げたりと、アップからスローまでさまざまな魅力のある楽曲が詰っていて、そしてそれを見事に自分の物として歌い上げるところはさすがですね!
正統派な歌い手としては、ひさびさに魅力がある女性シンガーの登場です。
オススメ:(9),(4),(6)

(曲解説)

01.Told Myself

爽やかなサンプリング曲から始まります。モニカとかの雰囲気に近いかもしれませんね。さらっとしつつも気持ちよく歌い上げていきます。

02.If It Kills

一転豪快なサウンドで、かっこよくしあげるところは、プロデューサーの力を感じさせます。シンガーのDionyzaもしっかりと歌い方を変えて、かっこよく歌い上げています!

03.Waiting

三曲目は、切なげなサウンドで、彼女のいろんな面を出しているアルバムになっていて、無駄がない楽曲のならびになっていて、それをうまく表現できる力があるシンガーですね!

04.Give It To Me

ネスカフェの宣伝にでも使われていそうなおしゃれでかっこいい楽曲に、さらにソウルフルな歌声を披露していきます。こういう楽曲でこそソウルっぽさがよくでていて、聞きほれてしまいます。本当にさまざまな楽曲でその歌声の魅力を見せてくれるシンガーです。実に見事な歌いっぷりです。ギターのサウンドがかっこいいんですよねー!最後にはしっかりとフェイクで聞かせてくれます。

05.Loving You Whole

地味な感じの曲なのですが、また全体の中で雰囲気が違って、アルバム通して楽しめる趣がある一曲になっています!徐々に歌いこんでいき、最後にはしっかりと聞かせてくれるような、じわじわと聞かせる一曲です。

06.Stir It Up

この曲ではファンキーな楽曲で、のりがよい歌を披露します。本当にここまで雰囲気がかぶる曲がないのが、見事です。この曲は特に、癖になるサビのフレーズがなんともいいですね!最後にはフェイクやシャウトで豪快に歌い上げていきます!本当に楽曲の水準が高いですね!

07.Today Will Soon Be Yesterday

爽やかで、さらっとした歌い方の一曲ですね。ギターが爽やかに鳴り響くサウンドのよさが印象にのこりますね。

08.Quite Like Me

ここでも、デジタルサウンドで、アッパーな曲を披露してくれます。一時期のデスチャのサウンドとかを思い起こす感じですね。

09.If This Love Could Be feat.Timothy Bloom

この一曲がすばらしい!もうファンキーだし、何よりも相当にソウルフル!いやー、Rahsaan Pattersonとかを思い起こすような感じで、Timothy Bloomが、実にブルーソウルなファンキーさを出していて、それと絡み合うソウルフルなDionyzaの見事な歌いっぷりがたまりません!そして、サビのメロディーが一度聞いたら耳に残るすばらしいメロディーになっているのです!それにしても、Dionyzaの生き生きとした歌いっぷりシャウトっぷりが見事です。こういうソウルフルな楽曲が本当は得意なんでしょうね!最高にファンキーなデュエットソングですね!

10.Practice Makes Perfect

最後はあっさりと爽やかな楽曲で締めてくれます。10曲ってコンパクトさもなかなか聞きやすい感じですよねー!

(Producer)

Michael Sutton:(1),(3),(4),(7),(9)
Brenda Sutton:(1),(4)
Robbie Nevil:(1),(10)
Timothy Bloom:(2),(5),(6),(9)
Jared Gosselin:(3)
Antonio “Rico” Spence:(2),(5),(9)
Nate Butler:(8)

(LINK)

☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です