Kindred The Family Soul / The Arrival

01.Can’t Help It
02.Pressure
03.Just the Way You Are
04.House of Love
05.Alright
06.Rightfully So
07.Set Free08.Struggle
09.Love We Share
10.No Limit
11.Poetry Interlude
12.Hey
13.So Much Better
14.Always Be Arriving (Finale)

(総評)

フィラデルフィアの夫婦デュオの最新アルバム!リリースを重ねるごとに、フィラデルフィアなネオソウル路線から、本格的なソウル路線へと変更を加えてきています。特に夫のほうの歌声が素晴らしくソウルフル!女性シンガーも負けじと歌い上げてくれますが、この男性シンガーのソウルフルな力強さといったら、熱くてかっこいいんですよ。この2人の歌声の熱さが、アルバム全体にちりばめられており、夫婦デュオというか、数少ない男女デュオとして、頂点を極めつつあるその実力を遺憾なく発揮してくれています。 2曲目「Pressure」の渋みが聞いたスローなソウルサウンドとそこから狂おしく盛り上がっていく男性シンガーの見事な悶絶っぷりが、このアルバムのかっこよさを実によくあらわしています。パワフルで圧倒的な迫力でせまってくる鬼気迫るような男性シンガーの歌いっぷりには完全にノックアウトされます。1曲目「Can’t Help It」もゆったりとした展開からぐいぐい盛り上がっていく様がたまりません。 4曲目「House of Love」では、ピアノバックでスウィートなボイスを聞かせつつも、メロディーで聞かせてくれます。本当にいいメロディーが多いアルバムで、5曲目「Alright」でも、渋さを感じさせつつも、メロディーがとてもいいです。後はシャウトの凄みですね、男性シンガーのシャウトがすさまじく、5曲目、6曲目「Rightfully So」などでの圧倒的なシャウトっぷりには、ひさびさに胸が熱くなります!そして、7曲目「Set Free」ではそのシャウトのすさまじさが引き立つダークでカッコいい曲調で、このアルバムの最高峰の一曲となっています。その他にも美しくゆるりと聞かせてくれる気持ちがいい3曲目「Just The Way You Are」など、心地よくでもメロディーがしっかりしていて聞きやすい曲たちがちりばめられた完成度の高い一曲になっています。 本当に前半から中盤にかけての、勢いはすさまじく名盤といいたくなるような一枚です。ただ、後半は2009年すばらしいアルバムをリリースしたU.Cityの「Hey」以外は、ちょっと尻すぼみ的な印象を受けてしまうのがとてももったいないなーと思います。それなら、12曲構成ぐらいにして、圧倒的なメロディーとシャウトの応酬でやってくれると本当の名盤になれたと思います。
でも、男女デュオとしてもこれほどの完成度を誇る作品は早々お目にかかれないですし、まして夫婦デュオとなると2000年以降ではいないのではないかなという貴重なアーティストです。今後もすばらしい作品を届けてくれることを切に願います。
オススメ:(2),(7),(4),(5),(6),(9),(12)

(曲解説)

01.Can’t Help It

後から後から引っ張るかのように盛り上がっている最初にふさわしい一曲。この黒々とした雰囲気は、前作までよりもよいソウルフルさを増したボーカルを楽しませるには十分ですね。

02.Pressure

渋みが聞いたスローなソウルサウンドとそこから狂おしく盛り上がっていく男性シンガーの見事な悶絶っぷりが、このアルバムのかっこよさを実によくあらわしています。パワフルで圧倒的な迫力でせまってくる鬼気迫るような男性シンガーの歌いっぷりには完全にノックアウトされます。このアルバムでも最高峰の一曲ですね!

03.Just the Way You Are

美しくゆるりと聞かせてくれる気持ちがいい一曲です!やっぱり

04.House of Love

ピアノバックでスウィートなボイスを聞かせながら、忘れられないメロディーラインで聞き手の耳をしっかりひきつけてくれます。特に後半の駆け引きの面白さは見事ですね!こういうシンプルな構成でがっつり聞かせれるのは、実力ですよねー。

05.Alright

アコースティックな感じが一番感じられるイントロの渋みからシンプルな引き立つメロディーラインのサビで聞かせてくれます。女性ボーカルがここでは主体となり盛り上げていきます。ここでも最後にはもう耐え切れないように絶叫を見せる男性シンガーの迫力に胸を揺さぶられます。

06.Rightfully So

これぞフィリーって感じの明るい曲調で、軽快に力強く歌いあげます。後半のシャウトしまくりな歌いっぷりは見事ですねー。このアルバムシャウター好きにもたまらない一枚になっています!曲調的には古い雰囲気を受けつつも、シャウトですべてを許してしまいますね!

07.Set Free

こういう黒いダークなかっこいい曲をやらせると右にでる人はいないかもしれないですね~。この男性シンガーの真骨頂的な一曲です!もうパワフルだし、ダンディーだし、いい具合に女性シンガーが絡みあいこのアルバム最高峰のかっこよさを誇る一曲になっています!ここまでパワフルに男女が歌い上げる曲もなかなか聞けませんよ。最後のギターサウンドが曲を盛り上げる最高の一曲!

08.Struggle

ダークな雰囲気の一曲ですが、なかなか魅力的な曲の展開をしてくれます。後一歩盛り上がりに欠けるところはあるのですが、しっかりとこういう中間曲的な曲でも聞かせてくれるのが、このアルバムの水準の高さを感じさせます。

09.Love We Share

シンプルな構成のメロディーワークでじっくりと聞かせてくれます。シンプルなところから、男女そして、バックコーラスと豪華に盛り上がっていく感じがゴスペルっぽさも感じさせる一曲になっています。

10.No Limit

オールドソウルな味わいを感じさせるイントロから、味わい深く歌いこんでいきます、すごく盛り上がることはありませんが、彼らの実力は着実に感じられます。もう人ひねりあると、面白いんですけどねー。

12.Hey

2009年すばらしいアルバムを届けているU.Cityが作曲している一曲です、実に滑らかなメロディーラインが美しく、Kindred The Family Soulの歌のうまさをまた違った角度から見せてくれています。

13.So Much Better

彼ららしいメロディアスな展開はないゆったりとした曲調なので、少し退屈さを感じてしまいますが・・・

14.Always Be Arriving (Finale)

最後はOutro的な一曲。ちょっと尻すぼみなのが残念かな~。

(Producer)

Steve McKie:(1),(8),(12)
Anthony Bell:(2),(3),(7),(9),(13)
Don Cheegro & Dirty Harry:(2),(13)
Adam Blackstone:(4),(8),(12)
Andre Harris&Vidal Davis:(5),(6),(10)
Stan Davis and Fatin Dantzler:(14)

(LINK)

OFFICIAL MYSPACE
OFFICIAL
Label
☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です