Avant / Avant

01.Sensuality
02.Perfect Gentleman feat. Alfamega
03.Involve Yourself
04.When It Hurts
05.Out of Character
06.Material Things07.French Pedicure
08.Attention feat. Snoop Dogg
09.Break Ya Back
10.Y.O.U.
11.Sailing

(総評)

順調にリリースを続けているAVANTの5枚目となるアルバム!ある意味R.KELLYに続く愛の伝道師として、着実にセクシーなアルバムを届けてくれています。現在のR&Bのソロシンガーの中でも着実にアルバムリリースを重ねているその実力を遺憾なく発揮したどの曲も水準が高い一枚になっています。前作あたりから、まったくブレがなくシーンの中心のサウンドをうまく取り入れつつもAvantとして、一番の魅力である美しいセクシーさを存分に感じさせる曲をどんどん作り上げています。このアルバムでも、そのセクシーさはこれでもかと感じさせていて、特に前半の美メロ攻勢には、完全にノックアウトされてしまいます。 それだけでなくカッコいい曲やSnoopをfeatした曲など、アルバム単位で楽しめる完成度の高さも見せてくれて、さまざまなAvantのタイプの歌を見せてくれます。
特に前半3曲のメロディアスで美しさと、最新トラックのかっこよさをもったバランス感覚のいい楽曲郡には、思わず感嘆させられます。切なげで美しく線の細い曲から、力強いバラッドまで自在に歌っていくのです。特に3曲目「Involve Youself」は彼のメロディーセンスと力強い歌声、さらに楽曲のよさが組み合わさった良曲です!さらに、意外ともいえる力強いカッコいい一曲6曲目「Material Things」では、前作あたりから、こういうかっこよくてノリがいいミッドテンポの曲でもすばらしい曲を歌えるようになったところを再証明してくれています。線の細いのが売りだったように感じたのですが、ここ最近の若手のナヨ声シンガーとは一線を画す歌本来の魅力としての線の細さをうまく演出するのはもちろんのこと、必要なときには力強くも歌えるかっこよさももっているのです。それは、8曲目「Attention feat.Snoop Dogg」など意外性のある組み合わせもみせて、古くからのファンも楽しませて組ます。そして、なんといっても、9曲目「Y.O.U」の美しさとメロディーのすばらしさといったら、このアルバムの中でも相当郡を抜いた名曲です!この曲のためだけにもこのアルバムは是非にも聴くべきでしょう!なんとも美しくも力強くAvantの代表曲になりえますね!この一曲は!どの曲でもプロデューサーもそんなに影の実力があるメンバーをそろえていて、うまくAvantの以降と、プロデューサー陣とのバランスがとれた一枚に感じます。
もう、2008年の末の発売ですが、ずっと聞き続けています。R&B初心者も、古くからのファンも両方満足させてくれるR&Bらしいかっこよさも甘さも備えた名盤です。
オススメ:(10),(3),(6),(1),(2),(4),(7),(9)

(曲解説)

01.Sensuality

流行の電子トラックを取り入れつつも、やわらかいAVANTの歌声の魅力を見せてくれています。軽快なミッドトラックに乗って、美しく軽く歌っていく一曲です。ゆっくりした歌い方から、徐々に疾走感を見せてくれて、サビに向ってファルセットを織り交ぜながら効果的な展開をしていきます。シーンから離れず常にいい曲を提供していくAvant現在進行的な一曲ですね。新人プロデューサーが絡んでいるようですが、絶妙なエレクトロの混ぜっぷりがただの曲にスピード感をつけていて、アルバムを展開していくにもぴったりの曲になっています。

02.Perfect Gentleman feat. Alfamega

イントロの入り方からして、実にAVANTらしい爽やかさとセクシーさが同居した独特のメロディーラインに胸を打たれます。徐々に染み込んでいく様な美しいメロディーの展開の仕方もAVANTに実に似合った一曲になっています。こういう妖艶さを兼ね備えた一曲を歌わせると右にでるものはいませんね。

03.Involve Yourself

力強い歌い方を披露してくれる一曲で、また新たなAVANTの魅力が引き出されています。このアルバムの多くを手がけるMr.Colliparkのプロデュースで、トラックは最低限ながらも、しっかりと飽きずに聞かせることができるリズムトラックになっていて、かっこいい!Avantにしては珍しくシャウトやフェイクを多用していて、R&Bシンガーとしての安定した実力と、うまさを感じさせてくれます。

04.When It Hurts

スウィートなメロディーを撫でるAvant十八番ともいえる一曲。新鮮さはないけども、凛とした美しさを持っているメロディーで、彼のよさがよく出ている一曲になっています。きれいなメロディーが彼の歌声をより魅力的に伝えています。

>05.Out of Character

イントロが、ディズニーですか?って感じですが、そんなことはおいておいて、魅惑的なメロディーでゆったりと聞かせるバラッドです。どこか女性らしささえ感じる妖艶さをもったメロディーを歌わせると様になる男性シンガーは彼ぐらいかもしれませんね。芯の通った伸びやかなシャウトまで後半では聞かせてくれて、すばらしい一曲です。

06.Material Things

こういうミッドテンポでノリがいい曲が自然と歌えるようになったのも、前作あたりからですよね。思わず体が動く心地よいメロディーがたまらない、カッコいい一曲です。どんどん盛り上がり力強く歌い上げていくAvantに驚かされます。

07.French Pedicure

このイントロでの浮遊感漂う感じは、Avantが一番うまく出せる雰囲気ですね。このアルバムは本当にどの曲もメロディーが魅力的なのです。捨て曲ないなーと改めて思わされます。ゆったりとした雰囲気ながらもサビのメロディーの美しさに思わず引き込まれてしまいます。この流れるようなメロディーたまりません。

08.Attention feat. Snoop Dogg

SnoopとAvantって想像もしなかった組み合わせなのですが、クールなサウンドとメロディーにSnoopのねっとりとしたRapが絡みいい感じにアルバムのアクセントともなるシャープな一曲になっています。今までなかったので、新鮮ですねー。うねるようなサウンドも、この曲の妖しさを増していて、独特な香りを感じさせます。

09.Break Ya Back

Avantの透き通る歌声が一番ストレートに感じられる一曲ですね。サビに行くときの一瞬のタメがたまりません!そして、途中でテンポがかわったり女性コーラスが入ったりと、なかなか凝った面白い工夫がされた一曲で、耳がひきつけられます。後半には、シャウトもがんがんかましてくれて、曲を盛り上げて、アルバム後半では一番のAvantの魅力を堪能できる一曲ですね。

10.Y.O.U.

この曲はいいですよー!耽美なメロディーに、透き通る胸に真っ直ぐ入ってくるサビのメロディーがたまりません。ここ最近では一番の名曲ではないでしょうか?アルバムの中でも郡を抜いた美しさを誇る名曲です。後半に向けての歌いっぷりなどたまらないものがあります。力強い歌いっぷりに思わず胸が熱くなりますよ!何よりもこの美しいメロディーとAvantの透き通る歌声の相性が本当にすばらしい絶対に効いておくべき一曲です!

11.Sailing

最後はシンプルなギターのサウンドで、ゆったりとした曲でしめてくれます。でも最後だからといってどことなくつまらない曲にはならずに、またアルバム全体を通したのとは違った、切なげな優しい曲で閉めてくれます。こういう優しい切ない雰囲気の曲もできたんだと、また再発見させてくれます。今後も期待しちゃいますね!

(Producer)

Shawn “The Black Irishman” Campbell:(1)
Marshall J.Leothers:(1)
Poke ” Tone and Spanador:(2)
Mr. Collipark:(3),(5),(10),(11)
Antonio Dixon:(4),(8),(10),(11)
Eric Dawkins:(4),(8)
Dontae Winslow “The Metaphysician”:(6),(7),(9)

(LINK)

OFFICIAL

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です