神谷えり / Duos

01.never too late
02.この場所へいつか戻る日
03.so many stars
04.universal
05.overjoyed
06.大きな樹
07.trouble sleeping
08.tea for two
09.tick tock
10.aloha no kalakaua
11.aqua
12.that’s all

(総評)

ソウルフルな歌声を自在に操り、豊潤な声の響きをもつJazzシンガー神谷えりさんの初の彼女自身の名義でのアルバムがリリースされました。これまで、KAMIYA、EK REMIXなど、バンドを率いたサウンドで、とても魅力的な楽曲を聞かせ、ハワイアンのアルバムも出すなど、ただのJazzシンガーとは一線を画すその活動で、着実に多くのミュージシャンとのコラボレーションを見せてきた彼女が、自身名義で、しかもその多くのミュージシャンの友人と「デュオ」という形で、アコースティックでシンプルに、その歌声の魅力を存分にみせてくれるアルバムを届けてくれました。大石学、竹中俊二、金子雄太、小沼ようすけ、後藤浩ニ 、秋田慎治、萩原 亮など、今話題の実力派のJazzミュージシャン達と共に、彼らの素晴らしいパフォーマンスと、神谷さんの素晴らしい歌が、お互いに高めあうかのように、Jazzという枠にとらわれない素晴らしい歌の世界を聞かせてくれます。もちろん、Jazzのスタンダードでは、年間何十本というライブをこなす彼女のJazzライブハウスでのライブを彷彿とさせるような雰囲気に合わせ自在に歌声を操って歌を聞かせ、さらに、その躍動感溢れる歌声でNate Jamesの「Universal」の見事なファンキーなカバーを聞かせ、さらにCorinne Bailey Raeの「trouble sleeping」など近年話題となったR&Bミュージシャンのカバーをも披露し彼女のバックグラウンドの広さを見せてくれています。さらに、この作品では、オリジナル楽曲も4曲収録し、どの楽曲もとても胸に響く歌詞で、それでいて、歌は本当に感情豊かで魅力的に魅せてくれるのです!特に2曲目「この場所へいつか戻る日」での、シンプルだけどエッジが効いたサウンドにのって心に刺さるような切ない歌詞とそれを心の奥底へと届けていく神谷さんの静かだけど、芯の強いまっすぐな歌声が、この曲の泣けてくるんだけど、生き生きとした素敵な情景を目の前に浮かび上がらせてくれます。まるで包んでくれるかのように歌声に広がりがあるんですよね、とてもシンプルな楽曲にも関わらず、深みが感じられる名曲です!さらに種浦マサオ氏との「tick tock」では、全てを包み込んでくれるような優しい歌声が心を癒してくれます。そんな日本語の楽曲でも魅了し、さらにハワイアンやKAMIYA名義でのアルバムに収録されていた「aqua」という曲も入っていたりと、アルバム通して神谷えりという素晴らしいアーティストを満喫することが出来ます。本当に歌が生き生きとした魅力に溢れた良質なアルバムに仕上がっています。
そして、何よりも、神谷さんの歌声とそのテクニックに本当には舌を巻きます。表情豊かな声で、どんな風にも歌の顔を変え自在に操るボーカルパフォーマンスとそれを可能とするテクニック!ときに躍動感にあふれる力強い歌声を、深遠な森の中にいるような囁きのような歌声を聴かせたと思ったら、聞く者を笑顔にさせてくれるような心の底から歌を楽しむような歌声を聞かせます。そんな歌声とそれを支えるシンプルでいてカッコいいサウンドが、Jazzとか関係なく歌本来の魅力を感じさせてくれるアルバムです。日本でも稀有な魅力を持つ女性シンガーの魅力に触れてみませんか?いつまでも聞いていたいそう思わせてくれる一枚ですよ。
オススメ:(2),(1),(4),(5),(6),(7),(9)

(曲解説)

01.never too late

神谷さんの伸びやかで力強い歌声と、大石学さんの跳ねるようなピアノの音色が、絶妙にマッチした一曲。どこか穏やかなでいながら、ときに激しく力強さを感じるこのボーカルには圧倒されます。徐々に躍動感を増していくボーカルが心地よく響いていきます。神谷さんの表現力の深さをまざまざと見せつけられるな~。

02.この場所へいつか戻る日

とても素敵な日本語のオリジナル曲!竹中俊二さんを迎え、艶っぽいアコースティックギターの音色に、感情のこもったエモーショナルなボーカルの神谷さんの歌にほれぼれとします。一時一時に表情を変化させるボーカル、とても切なげでありながら、どこか心を優しくそっと包み込んでくれる歌詞の世界、どれもがとても上質な時間を与えてくれます。とてもシンプルなギター一本っていう構成ながらも、なぜかとてもビートが効いている歌声に、思わず体が揺れてしまうんです、本当に素晴らしいボーカルセンスですよ!3分弱の曲ながら、圧巻です!

03.so many stars

オルガンを従えて、ゆったりとした時間にそっと付き添うように歌い上げていきます。オルガンが緩やかなに鳴っていて、時間そのものが本当にゆっくり流れているような錯覚に陥ります、神谷さんもその雰囲気を大事に、心地よさそうに歌っていくの、素敵です!

04.universal

UKの実力派シンガーNate Jmaesの代表曲「Universal」を大胆にカバー!こういうファンキーな楽曲を神谷さんらしい大人なしっとりとした歌声でカバーとというのも、いいですね。違う感じのファンキーさが感じられてカッコよいアレンジになっています!小沼ようすけさんのギターも渋みがあって思わず体が揺れてしまいます。Universalに新たな息吹を詰め込んでいるようです。渋くてより濃いファンキーさを増したようなボーカルアレンジには脱帽です。最後にかけて徐々に深く深くえぐりこんでいくような鋭利なボーカルにやられます。

05.overjoyed

誰もが知っているStevie Wonderのカバー曲、後藤浩ニさんのピアノにのせて、ストレートに歌い上げ、曲本来のよさを前面に押しだしたようなそんな聞き心地の良い、曲に仕上がっていて、後半も気持ちがいいぐらいに伸びやかに歌っていきます。Jazzアレンジではなくて、本来の楽曲のよさを押し出したアレンジなのも素敵ですね。
試聴

06.大きな樹

神谷さんのこのアルバムでのオリジナル曲2曲目!とても実力があるJazzシンガーだからこそできるこの最初の囁くような歌唱から、徐々に力強さを増していくボーカル!もうこれが凄いのです。徐々に深みと重みを増していくように、声を響かせていくのですが、普通なら、最初から同じ声の大きさで歌ってしまいそうなのをわざと長く小さめに囁くように歌っていくのです・・・そこを恐れずにできるのは、彼女の実力に裏打ちされた歌唱力があってこそですね。この徐々に大きくなっていくボーカルが余計に歌の深みを広げてくれています。そして、この曲は、とても素敵な重みのある歌詞の内容で、きちんと地面に足をつけた人の心の強さを、生き方の強さを、そのまま表現しています。秋田慎治さんのピアノと神谷えりさんの歌が、これでもかと深遠に響き渡ります・・・素敵な曲ですね。
大きな樹PV

07.trouble sleeping

去年話題になった女性R&BシンガーCorinne Bailey Rae の代表曲をカバー!こういうR&B曲が神谷さんのソウルフルで表情豊かな歌声でカバーされるとたまりませんねー。原曲よりもより深みを増して聞こえてきます!萩原 亮氏のElectric Guiterも上品な雰囲気で、どこかより柔らかい雰囲気をもった曲として表現されています。この二人の相性は本当にバッチリで、阿吽の呼吸を感じます。アコースティックな雰囲気がよくでていて、シャープでかっこいいです!

08.tea for two

Jazzの定番スタンダードを後藤浩ニさんと、小気味良く演奏し歌っていきます。とても安心して聞いていられて、Jazzアルバムなんだよな~と改めて感じるピアノのアレンジが素敵ですよ!やっぱこういうときの神谷さんのソウルフルで、安定感がある歌声には痺れさせられます。

09.tick tock

種浦マサオこと、ターネーをデュエットに迎えての日本語曲!この曲がなんともいとおしい気分にさせてくれる歌詞で、二人の見事な掛け合いと、滑らかなボーカルワークに、耳を傾けて目を瞑ってしまいます。種浦さんってあまりしらなかったのですが、柔らかい歌声で、とても心地よい歌い方をする人で、神谷さんもそれにあわせるように、心地よく歌っていきます。
試聴

10.aloha no kalakaua

神谷さんといえば、やっぱりお母さんの影響もあって、ハワイアンの曲が思い浮かびます。Jazzシンガーでありながら、SOULFULな歌声で、ハワイアンまで歌えるなんて、なんて稀有な存在のシンガーなのでしょう。そんな彼女らしい、とても喜びや幸せに満ちた芳醇な雰囲気をもった曲で、まるで美しい情景が思い起こされるようなそんな広がりがある一曲です。

11.aqua

KAMIYA名義での一枚フルアルバムをだしているのですが、その中から彼女の美しい歌声を響かせていた「aqua」が、コモブチキイチロウさんのベースをfeatした新しいアレンジとなり収録されています!特に後半でみせる自在に歌声を操る神谷さんらしいボーカルは、もう見事というしかありません。当たり前ですが、以前よりも格段にうまく自在にボーカルを操っています。

12.that’s all

最後は、また古いスタンダードから、低い歌声で、じっくりと歌い上げていきます。こういうスタンダードな雰囲気のものでは、表現力の豊かさが直で感じられます。これほど歌うことを自在に操れ、聞き手に響かせれる人をほかにしりません。実に多様な魅力をもったアルバムです。

(Producer)

Erikamiya and Junichi Mizuatani

(参加Musician)

大石学 Piano:(1)
竹中俊二 Acoustic Guitar:(2)
金子雄太 Organ:(3)
小沼ようすけ Acoustic Guitar:(4),(12)
後藤浩ニ Piano:(5),(8)
秋田慎治 Piano:(6),(10)
萩原 亮 Electric Guiter.:(7)
種浦マサオ Acoustic Guitar. & Vocal.:(9)
コモブチキイチロウ Electric Bass and Voice Percussions:(11)

(LINK)

OFFICIAL
Label
「大きな樹」PV
「overjoyed」試聴
「Tick Tock」試聴
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です