久保田利伸 / 君のそばに

(概説)

来年にひさびさとなるツアーを控えた久保田利伸の久々のSweet Ballad!ストリングスとピアノが絶妙に絡み合うバックサウンドが、心地よく響き、その上を流れるようにストレートに歌い上げる久保田の歌声の素敵さに、心が熱くなります。とても、切ないんだけど、芯がしっかりと通っているようなそんな力強いバラードソング!久保田さん自信の愛情の深さを感じさせてくれますね。久々に邦楽のバラードでいいものだしたなーって感じです!そして、カップリングは、昔のレゲエ調な曲を思い起こさせるような、一曲!それを今のUSでの経験なども踏まえて、心地よく聞ける一曲にしてくれています。この一枚で違う側面を見せてくれるのもさすがって感じです。これは来年のツアーが楽しみになってきました!来年のツアーはぜひ、こういう日本でのいい曲と、USでのいい曲ごちゃまぜでやってほしいですね~!まずは、ツアーまで、これを聞いて待ちましょう!

曲紹介

01.君のそばに

どこか、切なげで影のある曲でありながらも、しっかりとした芯の強い、力強さを感じさせるそのの言葉一つ一つが、心に心に染み込んできます。様々な悲しいことを乗り越えて、今ここであなたと愛し合っていくその誓いを、情熱的に歌い上げます。エレピのステキなバックサウンドがHOOKを煌びやかに盛り上げていく!そうして、ピアノとストリングスの美しいバックサウンドにうっとりとさせられながら、久保田お得意の変幻自在なフェイクを交えて、最後は上手く閉じていきます。決して長々と歌うのではなくて、ちょうど良く締め上げるところも素晴らしい!名バラードの誕生ですね。

02.Rock Wit Me Poh’!

レゲエ調なリズムで、ホッコリとさせながら、ちょっとコミカルな歌詞がかわいらしい。久保田のテーマの一つでもある、Peaceful! One Nationをテーマにしたホッコリして、暖かい気持ちにさせてくれる一曲です。初期の頃に一時期レゲエを意識した曲をかなり作っていた久保田の面影をここで感じることができます。ジャマイカやどこか南国の心地よい風に吹かれながら、聞いているようなそんな気分にさせてくれて思わず体をゆらしたくなります。
「滅多に泣けない男 切ないモンです」って歌詞がなんとも久保田さん自信なのかなと面白いです。

OFFICIALAmazong OrderHMV order

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。