KG / Love for you

01.Prologue
02.いとしすぎて feat.Tiara
03.君に言えなかった想い feat.May J.
04.You can fly
05.Time after time feat.NOKKO
06.叶わない恋でも feat.滴草由実
07.Everything
08.With You ~君といつまでも~ (Winter Mix) feat.MAY’S
09.Epilogue

(総評)

KGがついにメジャーデビューを果たしました!今回のアルバムはデュエットにこだわった曲で構成され、彼の歌をじっくりと聞かせる楽曲が多く収録されています。KGの真骨頂ともいえるスローバラッドが多く収められていて、KGの歌声の豊かさを感じさせる曲調が多くメジャーシーンの中でもその歌声の魅力を存分に見せてくれています。
このアルバムは、デュエットアルバムと銘打っているのですが、そのデュエット相手も実に多彩で意外性に満ち溢れています。透き通る歌声をもっている新人アーティストTiara, もう定番ともいえる苦楽をともにしてきたMay’s、今最も話題性が高いアーティストMay J、さらに隠れた実力派である滴草由実とみんな方向性が違う歌声の歌い手とその特性に合わせながら魅力的に見せていきます。さらにはベテランアーティストNokkoをfeatしているのは、本当に驚きでしたね!今までのKGを知っている人には驚きをもっと迎えられるでしょうし、新鮮な感動を味わうことができます。
デュエットというだけでなく、曲調もやわらかい正統派なバラッドから切なげなミッドテンポなど楽曲の幅も感じさせます。特に6曲目「叶わない恋でも」のデュエットのかっこよさは見事ですね。なんとも意外な「Everything」のカバーでは、Jilty SoulからBU-NIが参加していたりと、今までのアンダーグラウンドな活動もちゃんと感じさせる一枚になっています。また新たな魅力を感じさせてくれています。今後でるソロでのフルアルバムにも期待が高まります!オススメ:(3),(6)

(曲解説)

01.Prologue

KGらしいソウルフルなイントロから、アルバムがスタートします。こういう美しさとソウルフルさを兼ね備えたイントロはいいですね。

02.いとしすぎて feat.Tiara

美しいメロディーが心に残るTiaraを迎えた一曲です。さらっと歌うスタイルで聞かせてくれますが、今までと違うやさしい歌声がしっとりと染み入ります。Tiaraも透き通ったかわいらしい歌声で、ソウルフルな歌が似合うKGとはまた違う良さを感じさせてくれます。R&Bらしさは少ないけどその分曲の良さを感じさせてくれます。

03.君に言えなかった想い feat.May J.

May J.を招いた一曲!CMソングにもなっていましたが、こういうパワーのある歌声とのデュエットは素敵ですね。May Jも、POPになっていましたが、ここでは歌をしっかりと聞かせてくれます。サビのメロディーも耳に残る感じで、ストレートに響くよさがあります。最後に向けて徐々に掛け合いを見せてくれる二人の歌いっぷりは素敵ですよ!2曲目ではやさしく抑え目だったのですが、ここではきっちり気持ちよさそうに歌い上げていてKGらしさがありますね。

04.You can fly

ここで初めてKGソロ曲を聞かせてくれます、ギターをバックに気持ちよさげに歌い上げていく一曲です。爽やかさを感じさせながらも、濃さをきちっと歌に乗せてくれています。特に、バックサウンドを

05.Time after time feat.NOKKO

この曲のカバーをするとは、しかも相手がベテランシンガーNOKKOという意外性に溢れた一曲。なかなか味のあるカバーに仕上がっています。

06.叶わない恋でも feat.滴草由実

非常に相性がいい二組のアーティストが織り成す切なげな一曲です。KGらしいソウルフルな灰汁の強い歌声と、艶っぽい色っぽい滴草由実の歌声が、切なさを軽やかさを合わせたような美しいメロディーにのって心に響いてきます。なんといっても、二人の心地よい掛け合いに思わず聞き入ってしまうことでしょう。最後まで二人の掛け合いを大事にしながらも、それぞれが芯のある歌声で、引き立てあっていて、本当の意味でもこのアルバムのデュエットアルバムというのを印象づける一曲になっています。バックのピアノも素敵ですね。

07.Everything

本当にこの楽曲をカバーするとは思いませんでしたが、またKG色にきちんと染めてきているところはさすがです。

08.With You ~君といつまでも~ (Winter Mix) feat.MAY’S

May’sとの前回のインディーズの2ndアルバムにも収録した一曲をここでも、披露します。前回よりも美しいピアノで、洗練されたようなサウンドを聞かせてくれます。前作よりも、滑らかさを重視した歌を聞かせてくれます。

09.Epilogue

Prologueと同様に、こういう感じで歌を歌ってほしいな~と思わせるようなソウルフルな雰囲気を聞かせてくれます。

(Producer)

Ryosuke “Dr.R” Sakai:(1),(2),(6)
PNB:(3)
KG:(4)
Kenichi Kitsumi:(4),(5)
BU-NI:(7)
naughty Bo-z:(8)
piano:BU-NI:(2),(7)

(LINK)

OFFICIAL WEBSITE
LABEL OFFICIAL WEBSITE

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。