Ginuwine / A Man’s Thoughts

01.Interlude1
02.Show Off
03.Trouble feat.Bun B
04.Last Chance
05.Interlude2
06.One Time For Love
07.Open The Door
08.Get Involved feat.Timbaland & Missy Eliott
09.Orchestra
10.Touch Me
11.Lying To Each Other
12.Even When I’m Mad
13.Bridge To Love feat.Brandy
14.Used To Be The One
15.Show Me The Way

(総評)

GINUWINEの最新アルバム!彼といえば今はどちらかというと、R&Bを代表するバラッディアのイメージが付きつつありますが、デビュー当時の90年代後半には、Timbaland、Missy Eliott、Aaliyah, Tank, Playa等共に、Timbaland一派を代表する最新ビートを乗りこなす革新的なシンガーとしてのイメージが強かったのですが、そんな彼が久々にTimbalandと盛大にやってくれています!もちろん「Difference」で魅せた見事なバラッディアとしての才能も、このアルバムでも存分に発揮していて、アップとスローのバランスが非常に取れた完成度の高い一枚であり、ベテランでありながら、若手の追随を許さない見事な攻めの姿勢を見せるアルバムになっていて、Ginuwineのアルバムの中でも、最高傑作と呼ぶにふさわしい完成度になっています。
スローでは、やっぱり、先行シングルにもなった「Last Chance」での情熱的な歌い上げっぷりには、心惹かれます。なんといってもびっくりしたのが、8曲目「Get involved feat.Timbaland & Missy Eliott」でしょう。ここまで攻めのアップを聞かせてくれるとは思っていなかったので、しかも完成度が高いアップなのです。もう、この疾走感が気持ちよくてたまらない!!!斬新さにびっくりしつつかっこいい!って思わせてくれます。その他にも心地よいミッド曲である3曲目「Trouble feat. Bub B」, 艶やかなイントロの心地よさと本編でのビート音の激しさのギャップに驚かされるクールでかっこいい2曲目「Show Off」!7曲目「Open The Door」では、現行流行の軽めの歌い口の楽曲もさらっと歌い格の違いを見せてくれます。正統派バラッド9曲目「Orchestra」を聞かせ、さらには、11曲目「Touch Me」では、「Last Chance」並みに、聞かせるシャウターバラッディアの魅力を見せ付けてくれます。奇抜でかっこいいアップが多い前半に比べるとしっかりと後半でR&Bバラッディアとしての魅力を存分に見せていて、以外にもBrandyとの絡みを見せたりと、今までにないデュエットとかにも挑戦していた、最新アルバムにして、最高傑作というベテランシンガーにしては珍しく、すばらしい一枚になっています。
まだまだシーンの中心にい続けるR&Bを代表するシンガーの一人であることをこれでもかとシーンに叩きつけた見事な一枚です!2009年マストな一枚です!
オススメ:(8),(4),(2),(11),(3),(6),(9),(10),(12),(13),

(曲解説)

01.Interlude1

Interludeでは、Ginuwineらしいシャウトと、語りがうまく合わさって最高にかっこいいイントロになっています。

02.Show Off

ピアノの美しいイントロから、予想外に、たまらない疾走感あるかっこいい楽曲がスタートします!こういうシャープでノリがよい曲を歌わせると、GINUWINEはいきますねー!エッジの聞いたビートサウンドも曲を盛り上げて、サビの見事な盛り上がりが最高に気分を盛り上げてくれます!ベテラン陣で、ここまでのかっこよさと、シーンに沿った楽曲を歌いこなせるのは、彼かR.KELLYぐらいでしょうね。

03.Trouble feat.Bun B

2曲目と違い穏やかな雰囲気の中にも、どこか癖になるようなループ感覚を織り込んだメロディーで、サビを聞くほどにはまっていきます。跳ねるような歌い方と、絶妙なコーラスワーク、さらにシャウトも織り交ぜて、やさしくて気持ちがいいんだけど、かっこいい曲へとすることに成功しています。この辺の高音と、シャウトの使い分けはさすがGinuwineですわ。

04.Last Chance

リードシングルでもあるGinuwineのDifferrenceの流れを汲む、美メロでシャウトを中心とした一曲です。こういうときのGinuwineは絶対にはずれがありませんからね!本当にいい曲だなって聴けばわかるほどに、わかりやすいメロディーで、かっこいい!転調のいれ方も絶妙で、しっかりとシャウトへと結び付けていきます。楽曲もBryan-Michael Coxのプロデュースなので、この美メロ具合は、うなずけますね!

05.Interlude2

少し電子音をまぜてかっこよく盛り上げます。

06.One Time For Love

スローなピアノ楽曲をここで聞かせます。しっかりとこういうR&Bした楽曲もはいっていてかっこいい曲も入っていて、とても絶妙なバランスをもった一枚で。しかもこの曲でもそうですが、スローが実に面白い魅力的なメロディーを見せてくれるので、さすがって感じがします。ここでも、Bryan-Michael Coxの見事な手腕が発揮されています。美しくしっかりと歌いこんでいき、最後にはシャウトでぐいぐい盛り上げていくので、聞いているほうも気持ちがぐいぐい盛り上げられます!

07.Open The Door

じわじわといい楽曲を聞かせてくれます。こういうアルバムの地味目の曲も水準が高いので、本当にアルバムとしての完成度も高くなりますよね!

08.Get Involved feat.Timbaland & Missy Eliott

TimbalandとMissyとGinuwineなんて、一時期の最強布陣じゃないですか。もうもうこれでかっこよくないわけがありません。しかもリスナーの期待を軽く予想外に飛び越えてどっかいっちゃっているかっこよさ!なんじゃこれ!?っていうのがもう最初に思わせておいて、かっこよさに虜にしちゃう!もう、Timabaland全盛期を思い起こさせる作品になっています。Missy EliottとTimbalandのRapも実に軽快で癖になっちゃいます!そして、その灰汁の強さに負けないGinuwineのパワフルなシャウトがクールなんですわ!聞くほどに癖になっちゃいます!

09.Orchestra

散々盛り上げておいてここではサラッとクールな楽曲を美しく歌いこんでしまうところがさすがです。この辺のバランス感覚は、若いころにはなかった絶妙な感じがします。非常にまっすぐな歌が気持ちがいい歌い上げ系な一曲になっています!

10.Touch Me

この完成度の高さは脅威です!ここでこのイントロかよ!っていうぐらいに魅力的で引き込まれる歌を聞かせます。このイントロだけど、じっくり聞きたくなることでしょう。サビで泣きっぷりを見せるコーラスが見事です。そして、それに支えられるようにやさしく歌い上げるGinuwine。実に魅力的な曲です。

11.Lying To Each Other

重みのあるサウンドにしっかりと寄り添うように力強い歌声を聞かせるGINUWINE!着実に徐々に力を込めて歌いこんでいく様が素敵です。こういう後半にいくほどにシャウトの幅が広がっていくのも、Ginuwineの特徴のひとつですね。ノリにのっているときのシャウトは、かなり魅力的です!

12.Even When I’m Mad

ここまでの楽曲の水準がすごすぎるので普通な曲に聞こえますが、実に堅実なつくりで、サビの歌いっぷりも美しく派手さはなくても長く愛される曲に仕上がっています。徐々に美メロとしての良さを引き出していくGinuwineのフェイクなどの見せ方も、実にすばらしいですね。

13.Bridge To Love feat.Brandy

BrandyとGinuwineってなんか不思議な組み合わせな気がしますが、Brandyのちょっと無機質な感じとGinuwineの熱さがうまく合わさって、広がりがある壮大な曲へと進化しています。改めてBrandyうまいなと思わせられます。

14.Used To Be The One

一昔のGinuwineのような軽く歌っていく感じの一曲かと思わせるのですが、徐々にその辺はじっくりと聞かせてくれます。後半にあるべき、ちょっとけだるくさらっと聞ける気持ちよさもありながら、メロディーがまた面白かったりします。サウンド的には軽く聞ける気持ちよさがありますよ。

15.Show Me The Way

最後はゆったりと美しい美メロ曲をやさしく歌うGINUWINEがとても印象的です。本当にこのアルバムはバラエティーに富んでいながらも、こういうしっかりとした歌が入っているので、統一感があってすばらしいですね!どの曲もメロディーの良さが目立つので、一度聞くと忘れられないメロディーを持っています。この曲もしっかりと印象に残るサビをもっています。

(Producer)

Michael “Sleep” Naylor:(1),(5),(14)
“Oak”:(2),(7),(9)
Papa Justifi:(2),(7),(9)
Dante “Inferno” Jackson:(3)
Bryan-Michael Cox:(4),(5)
Timbaland:(8)
Melvin “Saint Nick” Coleman:(10),(12)
Elvis “Blac Elvis” Williams:(11),(13)
Bei Meijor:(15)

(LINK)

OFFICIAL
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です