Skoop On Somebody / 琥珀の月

(概説)

Skoopのレビューなんていつぶりでしょう!レビューするほどのCDが出てこなかったというのもあるのですが・・・で、ひさびさのレビューはこの『琥珀の月』!ひさびさにメロディーラインがカッコいい!ホントひさびさにいいなと思えました。こういうメロディーラインがインパクトのある曲は大好きなので。それに、カップリングの『Crazy Love feat.JiN』は久々にSKOOPらしいSEXYなMOODをうまく作り上げています。歌い上げるのではなく、語りかけるように歌うTAKEの声がいい具合なんですねーそして、JiNがしっかりSEXYな空間を作り出してくれています!それ以外の2曲も、かなりいい感じのアレンジがされていて、聞き応えがあるシングルになっています。
 最近は自分達のしたいことが見えなくて迷走してるなーという印象があったのですが、やっと少し本来の三人の色を出せるようになってきたのかなと思います。
で、気がついたのですが、TAKEとかKO-HEYとか作詞作曲に書くようになったんですねー。3人で曲を書くことはなくなったんでしょうかねー?

曲紹介

1曲目『琥珀の月』

ホント熱い曲だなーと思います。歌詞はベタって感じもしますが、サビでのコーラスワークはなかなか心地よく気持ちがいいですね。このTAKEへのコーラスの絡み方がこの曲の一番の聞き所。そして、この曲の一番いいのはサビが短いということ!こういうサビのインパクトのあるメロディーラインがループする曲は、短いとインパクトがそれほど強いんです。シングル曲としてのキャッチーさをもった曲だと思います。それはそうと、この曲の歌詞に共感できる人はよっぽどすごい恋愛してる人でしょうね・・・非常に男的な視点の歌詞ですねー。

2曲目『Crazy Love feat.JiN』

この曲は久々にSKOOPらしいゆったりとしたMOODをもった曲ですね。サビをあえてコーラスに任せてしまうことで、TAKEの声が引き立っています。ひさびさに語りかけるように聞き手に歌いかけるTAKEの声と、それをSEXYに盛り上げるJiNのRapが全体の雰囲気をSEXYなMoodを作り上げています。

3曲目『抱きしめて(Club SOS Version)』

いやー、ホントひさびさに彼らの素な状態っていいなと思います。KO-ICHIROさんのピアノは生きているように聞こえてきますし、TAKEさんはちょっとくぐもったボーカルが無理をしていない感じで、聞いていて心地よいです。KO-HEYさんのCajonが、そっとVocalに寄り添い深い空間を作り上げています。どの曲でもこういう良さが出せるアコースティックバージョンは好きですね。

4曲目『琥珀の月 (Spanish passion)』

洋楽R&Bだと、Spanishが流行ったのは1~2年半前だった気もするのですが・・・まあ、JAVIERが最近やってるか・・・とまあ、時代を掴んでいるのはどうかは置いておいて、いろいろ最新の音楽事情に合わせていろいろ取り組むのはいいことです!最近はサウンド的な冒険が見られず、同様なサウンドやメロディーが多かったので。それにしても、SKOOPにしては珍しいREMIXです。こういうボーカル以外総入れ替え的なREMIXってあんまりやってないと記憶しています。YASUSHI SUEHARAによるArrangementですが、このSpanishは、この曲の雰囲気にあっていて、ギターと、Percussionがいい具合にハマってます。熱く!ってなんども歌うTAKEとバックがあうのが、狙いすぎな気もしつつハマりますね。かなり確信犯的な一曲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。