Rachelle Ferrell / Inviduality (can I be me?)

01.Individuality (Can I Be Me?)
02.Sista
03.Will You Remember Me?
04.I Forgive You
05.I Gotta Go
06.Why You Wanna Mess It All Up?
07.Gaia
08.Run To Me
09.Reflections
10.Satisfied
11.I Can Explain
 

(概説)

すばらしい!この歌唱力には、参りました。彼女の曲を聞いてて、その声と歌唱力に、体が固まってしまうほどの感動を覚えました。8年ぶりのRachelle Ferrellの新作。
この作品2000年度の作品ですが、これはねー、R&Bも大好きだが!Jazzも好きって人にはたまらない一枚!
歌唱方法は、思いっきりJAZZしてるし、サウンドもJAZZぽい!でも、どこか、この人の声は、R&Bというか、SOULの匂いがする!とにかく、この人の声を聴け!圧巻とはこのことです!もう、うますぎます。ボイスコントロールがうますぎるんです。
わかりますか?コントロールですよ?単に歌がうまい、張り上げて唄うとか、自分の声質に任せて唄うとかそんなので、うまいとか言うんじゃない!本当のうまさ!技巧!がこの人の中に詰まってます!
本当に、圧倒されてしまいます・・・どの曲も最初から最後まで聞かないとダメです!最後の方での変幻自在なシャウト!人並みならぬ努力の結晶か、神があたえしものでしょう。捨て曲なし。
R&B好きだろうと、JAZZ好きだろうと、HIPHOP好きだろうと、一度は耳にして欲しい一枚です。好きかどうかは、わからないけど、勉強だと思って聞いてみてください!魂がこもった歌ってどういう歌かわかります。天才の歌う歌は違いすぎる・・・これにくらべたら、今聞いてる歌が薄っぺらいものに思えてきますよ。ボーカルを突き詰めていった究極系です。(もちろん歌はリズムもグルーブもあるから、それがいいことかどうかはわからないが、このアルバムのボーカルは突出して凄すぎる。)
もちろん歌をやってる人!とくにR&Bを志す人は聞くべきです!シャウトとは、何たるかが、一片にわかるでしょう!

(曲紹介)

01.Individuality (Can I Be Me?)

この曲からすでに圧巻です・・・凄すぎます・・・。JAZZっぽいグルーブ感のなかで、R&Bを歌うという芸当を見事こなしています。この融合具合がこの人独特な雰囲気を作り出しています。この人の音感というか、そういうのは、どうなっちゃってるんでしょう~?

02.Sista

渋みが詰まったこの曲。彼女の、声を絞り出して、あがくように唄う『Sista』という叫びが、背筋をゾワゾワゾワ~とさせます。普通にも唄えるし、声をわざとからせたり、高音で唄ったり、低い声で唄ったり、本当に変幻自在な彼女の声は、感服の一言です。3分チョットという短い曲だけど、本当に無駄がない、いい曲です。

03.Will You Remember Me?

ちょっとサウンドが土臭い感じが出てきます。全般的にサウンドは土臭いんですけどねー。心地よいリズムで、漂うように淡々と歌いつづけます。最後の方の絶妙な唄いまわしは、心地よい。一番聴いてて落ち着ける曲であり、静かさの中に、なにか熱いSOULを感じるそんな曲です。

04.I Forgive You

3曲目からの静かな感じは、そのままにより洗練された歌い方が味わえます。ここらへんから、徐々にJAZZ畑出身だって言うのが、わかってくる歌い方をしています。彼女の熱い声で、心を暖かく包まれたそんな気分にさせてくれます。

05.I Gotta Go

SOUL&FUNKって言う感じのSLOWなFUNK!味わい深いボーカルを聞かせます。一番聴きやすいかもしれませんね。

06.Why You Wanna Mess It All Up?

渋い・・・渋すぎる・・・この渋さは、そんじょそこらのアーティストじゃ出せない味です。もう、言葉で表現するのがバカらしくなる位、凄すぎな歌唱力と、声です。魂が宿った歌い方ってこういうのを言うんでしょうね。シャウトが気持いいというよりは、シャウトの波に飲み込まれるような感覚を覚えます。これを聴いて背筋から、頭にかけてゾワゾワゾワとこない人は、いないでしょう。それぐらい、圧倒的な力をもったボーカルです。最後のシャウトなんて、何分叫びつづけるのっていうぐらい長いシャウトが響き渡ります。

07.Gaia

盛り上がった6曲目から一転おとなしめな曲へ、地味に聞かせてくれます。グルーブが気持いい曲。とても・・・暖かい二人の夜の歌です。

08.Run To Me

、いい感じのバラードを聞かせてくれます。そして、まーた、やらかしちゃってます。どこまで伸びていくんだ-!という声を出します。この高音と伸びに耐えられる喉って物凄いっすね!いやはや、圧巻・・・

09.Reflections

男声にRuss Barnesを招いたJAZZサウンド!透明感漂うサウンドの中、2人がゆっくりゆっくりとまとわりつくように歌い上げていきます・・・夜に聞きたいそう思わせてくれます。Producer George Dukeの真骨頂でしょうね。

10.Satisfied

一転Funky Music!軽快なサウンドの中、うねるように歌いまわすRachelle!

11.I Can Explain

ゆっくりと、ゆっくりと始まるこの曲。二股のことを歌った、切ない切ない歌詞です。でも、この曲でも彼女はやっちゃってます・・・この地の底から、這い上がってくるようなシャウトは、なんなんでしょう~?変幻自在で、ものすごい力を持ってます!おかげで、切ないというよりも、怒り?が若干感じられますが・・・8分もあるように感じない曲です。

☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。