Dru Hill / Indrupendence Day

01.Shut It Down
02.Do It Again
03.She Wants Me
04.Whatcha Do
05.Below Zero
06.Can’t Stop
07.Remain Silent
08.Makin Luv
09.State Of Emergency
10.Back To The Future
11.Love MD
12.Away
13.Rule The World (Tears For Fears)

(総評)

90年代を代表する超絶グループがついにシーンにカムバック!sisqoのソロ活動なども収縮して、最近は過去のグループとして語らえていた彼らがついにシーンにカムバック!しかもあの頃の情熱のまますばらしい歌を、披露してくれています。Dru Hillというと、Jodeciと並びしょうされるほどの、R&Bシーンのボーカルグループのストリート寄りなぐループとしては、一番の実力をもっているグループで、90年代のボーカルグループといえば、Boyz II Men, Jodeci, Dru Hillという3大グループをあげる人は多いでしょう。そんな彼らですが、濃い歌声を持ちつつもsisqoというヤンチャなボーカリストを抱えていたからか、90年代のソウルフルな面も持ちつつも、常に新しいサウンドも斬新に取り入れてきたのですが、それはこの2010年という時期でも変わらず、今の最新のサウンドを軽くいなしながらも、決して薄くなることはなく、ますますかっこよく濃く熱く盛り上がっていく様が、本当に見事ですね。
なんといっても、先行シングル11曲目「LOVE MD」の激唱っぷりにやられること間違いないです。さらにその一曲前「Back To The Future」の5 Stepsを思い起こさせるような爽やかで力強いDru Hill節とも言えるバラッドにうわ!帰ってきた!と思わずうれしくなります。そして、現行シーンにも本当にかっこいいR&Bのアップとはこれだ!と問い正さんばかりの1曲目「Shut It Down」~3曲目「She Wants Me」のアップサウンドでのシャウトっぷりには目頭が熱くなります!8曲目「Makin’ Luv」での熱く情熱的でセクシーな歌いっぷり、9曲目「State Of Emergency」での熱く疾走間を感じさせるかっこいいミッドテンポの曲など、どの曲もDru Hillらしきありカッコいい楽曲が詰まっています!どの曲もR&Bとしての水準が高いのです!ここまでなりふり構わない熱いシャウトを見せてくれるアルバムはここ最近では、Terrell Carterの「Finally」ぐらいでしたので、本当にうれしい限りです!
このアルバム実は13曲目までなんです!14曲目以降の曲はTAOが組んでいるROCKグループの曲をサンプル的にいれていますので、惜しからず。それを差し引いても、本当にすばらしいアルバムに仕上がっています。Sisqoのシャウターとしての見事さとDru Hillのボーカルグループとしての半端じゃない実力をこれでもかと感じさせてくれるアルバムです。オススメ:(11),(10),(9),(1),(2),(3),(7),(12)

(曲解説)

01.Shut It Down

こういうパワーのある曲でのSisqoの生き生きっぷりたら素敵ですねー。やっぱりこういうはげしめな曲調がすきなのは昔からで、ソロでの活動がうまくグループに生かされている曲だと思います。軽くなっちゃいそうなところをしっかりとメンバーが、厚みのあるハーモニーでがっちりとR&Bとして聞かせてくれています!Sisqoが暴れまわる激しすぎるシャウトもまさに90年代のボーカルグループが見せるかっこよさを感じさせます。2000年代の曲も取り入れた現代のDru Hillを感じさせるにふさわしい一曲目ですね!

02.Do It Again

1曲目に続いてアップサウンドで聞かせます。90年代ボーカルグループ然とした甘っちょろいスローバラッドに逃げずに、アップサウンドで現行シーンにアピールしてくれるところは本当にさすがだと思います!それにそもそもDru Hillは、90年代後半を代表するメジャーグループの中でも、先鋭的なものを取り入れることに長けていて、アップサウンドもシーンの動向をよく見ていたグループでもあるので、こういうアップサウンドを今回のアルバムに入れてくるのは、さすがだなと思わせてくれます。90年代らしい濃さも取り入れながらも、しっかりとアップで軽快に盛り上げてくれるところなんて見事過ぎます!しかも2010年になってシャウトがもうこんなに聞けるなんて、ボーカルグループ好きには幸せすぎる瞬間です。

03.She Wants Me

激しいアップサウンドの次は、シュールなシリアスな疾走感を感じさせるスマートな一曲。ここでもしっかりとsisqoと他のメンバーの息の合ったところを随所に見せてくれています!ハーモニーのサビのフレーズがクールでかっこいいんですよねー。90年代のグループでこんなにかっこいい曲今でも作って歌えるなんて、すばらしすぎます!Jazzの力はすごいですよねー。

04.Whatcha Do

ここからミッドテンポに濃い展開を見せてくれます。やっぱりこういうミッドテンポでもしっかり濃いハーモニーを聞かせてくれているところが、見事ですね。ハーモニーが重なっていくことで、じんわりと歌が染み入ってきます。ミッドテンポなんだけど、熱い一曲です。

05.Below Zero

かなりゆったりと歌いこんでいく曲なのですが、後半のじわじわとファルセット気味にシャウトしていくのが、熱いですよ!やっぱりこういうDru Hillはどんなにスローでも徐々に熱く盛り上がっていってしまうのがいいんですよねー。

06.Can’t Stop

語りっぽく始まるミッドテンポな一曲。ちょっとポップなフレーズを組み入れつつ、HIPHOPよりなビートにのって歌いつないでいきます。徐々に複雑に絡み合うハーモニーが、さすがと思わせてくれます。ここまで絡めてかっこよく仕上げれるのはベテランだからでしょうね。

07.Remain Silent

ここで、シンプルにスローバラッドを聞かせてくれます!ボーカルグループ好きとしては、こういうのも聞きたいところです!力強いバックのコーラスに合わせて、豪快に歌い上げてくれます。後半に見せるSisqoの歌いっぷりと、コーラスの絡み合いはすばらしいですよ。

08.Makin Luv

こういうスローでも濃いスローは大好きです!メインボーカルが、ぐいぐい引っ張っていくところなんて、たまらないものがありますね。ひたすらにリードボーカルが引っ張りあげる楽曲で、歌のあらん限りを歌いつくしている雰囲気に圧倒されます!ここまでシンプルなバックでここまで豪快に歌い上げれるシンガーは今は本当に少ないでしょうね。

09.State Of Emergency

またまた、熱い一曲ですね!サビに向かうじわじわ感みたいのも、たまらないですね。爽やかなメロディーに、熱いSisqoのボーカルが乗るっていうのが、また彼ららしいんですよね。sisqoのやんちゃっぷりを好きな人も多かったことと思うので。

10.Back To The Future

これぞまさにDru Hillな一曲!こういう爽快なバラッドって彼らにしかできないんですよねー。5 Stepsのような雰囲気さえ感じます。爽快なバックのハーモニーに圧倒されながら、しっかりとメインリードで歌い上げていく独特の雰囲気があるんですよね。こういうものを求めていたファンも多いんじゃないでしょうか?まっすぐな歌い上げっぷりが本当に胸にスカッと響いて気持ちがいいです!

11.Love MD

先行シングルになっていた一曲!濃い熱い!まさにDru Hill復活を印象づけるには十二分すぎるほどにかっこいい楽曲です!本当にこの曲を聴いて期待を大きくした人は多かったことでしょう。やっぱりDru Hillはこうでなくちゃ!っていうお手本のような熱いコーラスワークとメインのSisqoのシャウターっぷりをこれでもかと見せてくれます!全員がメインで歌える激しさを持っているDru Hillならではの豪快でいて熱くバラッド!なんですよねー。普通ならバラッドのテンポでありながらも、ここまでの熱を感じさせるところがすさまじいです!

12.Away

しっとりと歌いこむイントロから、ダークな雰囲気で歌い上げていきます。こういうシリアスな雰囲気の楽曲も、情熱的に歌ってくれます。シリアスな雰囲気から後半はもう激烈な盛り上がりを見せてしまうところもDru Hillらしくてかっこいい一曲です!

13.Rule The World (Tears For Fears)

なんか懐かしいフレーズを織り込んでいる一曲ですね。遊び心も入っていて、Sisqoのシャウトもさえていますね!なんか楽しげに終わるのがいいですね!

14.Wind

ここからは、メンバーのTAOが組んでいるロックグループの楽曲が突然入ってきます。すごいギターの音に合わせて歌うのですが、これはこれでかっこいいんですよね~。

15.How Deep Is Your Love

Dru Hillの新曲ではないんですよねー。この曲懐かしいDru Hillの一曲をRock色にアレンジしています。これもTAOのアレンジのようです。

16.The End

サンプルっぽく入っている3曲なのですが、R&BともROCKともいえない中間の風合いを見せていて、面白いな~と感じさせます。

(Producer)

Nate Morning:(1),(2)
Wirlie Morris:(3),(4),(5),(7),(9),(10),(11),(12),(13),(14)
Jason “Jhot” Scott:(6),(8)

(LINK)

OFFICIAL
Jazz Myspace
Nokio Myspace
Sisqo Myspace
Tao Myspace
Sisqo Official
Sisqo Official
☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です