Dru / The One

01.The One
02.You Got Me
03.Would You Mind
04.What You Wanna Do
05.Can You Handle It
06.Blind Fold
07.Never Too Late
08.Through My Eyes
09.Not Fair
10.Seasons
11.Changes
12.Stay With Me (Alays)

(総評)

In Essenceというカナダのボーカルグループのメンバーだった、Druのソロアルバム。In Essenceはすばらしいという噂を2年ほど前に、カナダにいっていた友達から聞いていたのですが、ちょっとレゲトンっぽい感じのも時代的に取り入れていたりして、あまり買おうとは思わなかったのですが、この作品は、そんなの忘れてしまうぐらいに、ものすごいかっこよいR&Bを披露してくれています!2008年もっともR&Bらしい作品といっても過言ではないぐらいに、アップスローミッドすべての楽曲でこれは!っていう感じのすばらしい楽曲が必ずあって本当に聞き飽きない名盤となっています。
なんといってもすばらしいのが、12曲目「Stay With Me」の見事なバラッド!この普遍的なよさを持つメロディーには誰もが共感を覚えるでしょう。この曲のためにかってもいいって思えますね。ですが、それ以外の曲もどれも珠玉の曲がそろっています。ありがちなバラッドオンリーなアルバムではなく、さまざまな楽曲をDRUの歌声で聞かせてくれる一枚になっていて、前半のアップから、3曲目「Would You Mind」で見せる爽快感とか、5曲目で見せるファルセットの魅力、11曲目「Changes」では、アコースティックなサウンドで、ライブでのDruの魅力をさりげなく見せたり、10曲目「Season」ではデジタルサウンドで現行のR&Bシーンをリードするような楽曲もさりげなく配しているなど、なんといっても楽曲のふり幅が大きくて楽しめるのです!そして、幅が広い楽曲がそろっている中で、Druの歌声がすべての中心にあって、その歌声をじっくりと聞かせてくれる趣向を凝らしています。すべての曲で、かっこいいR&Bを意識したすばらしいつくりです。
彼自身、R&Bをかっこよく歌える声をしていて、線の太い歌声なので、フェイクもいやみじゃなくて、自然と響いてきます。2008年に海外では流通していましたが、日本にはやっと2009年になって流通が始まったようです。12曲目は「Always」というタイトルですでにUSやCanadaで話題となっていたので、知っていた人も多かったと思いますが、アルバム通しての完成度も高いです!ぜひ聞いてください。
オススメ:(12),(3),(1),(2),(5),(8),(10)

(曲解説)

01.The One

一曲目から、R&Bらしい安心感をもって聞けるかっこいいミッドテンポな一曲が始まります!力強さももったボーカルで、一曲目の勢いを演出します!曲調もミッドダンサーな体が自然と動くような感じで、周りのプロデューサーにも恵まれているのがよくわかります。力強さを見せるフェイクの多彩さも見事で、メロディーのかっこよさだけじゃなくて、歌そのもので聞かせてくれます!

02.You Got Me

R&Bの良心的な軽快なミッドダンサー!ノリのよさの中にも、どこかしっかりと聞かせる歌の丁寧さみたいのがあって、体に自然と入り込んできます!ビートも心地よく、体を揺らして聞き入ってしまいます。軽快でかっこいい一曲です!

03.Would You Mind

オートチューンをさりげなく使いながら、ここまで見せなかったファルセットと織り交ぜながら、気持ちがよい、広がりがる歌声で聞かせてくれます。どんどん広がりを見せていくようなメロディーの展開も美しくて、思わずうっとりと聞き入ってしまいます。サウンド的にはSpaceを連想させるような感じの不可思議な音も使いながらも、しっかりとR&Bらしい曲に仕上げているのはさすがですね。このプロデューサーDerek Brinはなかなか面白いプロデューサーのようです!Druの作品の中でも魅力的な一曲!

04.What You Wanna Do

ビート中心のHIPHOPトラックに、細かいメロディーを詰め込んでいくアップサウンド!こういう曲でもできるということが、このDruというアーティストの力を見せてくれていますね。こういうアップな曲はストロングな歌声がやっぱり合いますねー!それだけでもかっこよく聞こえます!

05.Can You Handle It

イントロの、ファルセットで一気にやられてしまう一曲です。サビまで一気にファルセットでもっていくのですが、Druの幅の広さを見せてくれます!ファルセットと、力強い歌声の対比がまた面白いです!思わず一緒に歌ってしまうサビのメロディーも見事ですね!

06.Blind Fold

セクシーな出だしから、しっとりと歌い上げていきます。ここら辺は歌い回しを自在に変えながら、引き出しの多さを見せ付けてくれます。そして、やっぱり彼はその安定感のある歌声から繰り出される伸びのある歌がなんといっても魅力的です!この曲ではそれをよく感じられます!後半にはスクラッチが入っていたりと、小ネタもあったりするのが、面白いところです。

07.Never Too Late

ソフトな曲調で、Brian McKnightとかを意識したような曲調で、爽快感をより前面に押し出しています!こういう爽快感を押し出した曲でもしっかりとその声の生かし方を理解しているところが見事ですね。同じフレーズでも微妙に、ファルセットを交えたりメロディーを変えたりと、曲に彩りをつけていきます!

08.Through My Eyes

どんな曲調でもしっかりサビでひきつけるメロディーを持っていける強さをまざまざと見せてくれます。最初はロック調かな?って思うようなギターサウンドなのですが、サビにきたら、もう一気に魅力的に見せてくれています!このソウルが詰まっている歌声にかかれば、一気にR&Bの世界へと引き込まれます!彼のまっすぐな歌いっぷりは聞けば聞くほど癖になっていくんですよねー。気持ちがいいというのか。

09.Not Fair

デジタルなサウンドが今風な感じなイントロで、この声と合わさると軽く化学変化を起こすようで、もっとクールでかっこいいサウンドに生まれ変わります。せわしないサウンドだろうと、決してスタンスを崩さない歌いっぷりが好きですね。シンプルだけどかっこいい曲です。

10.Seasons

彼の曲の中ではこれほどピアノを前面に出したサウンドっていうのは珍しいので、新鮮です。シンプルなピアノのメロディーはやっぱりこういく力強い歌声を引き立ててくれますね!そんなサウンドに電子音の音声がのっかるのだから、面白い。ちょっとした斬新さもエッセンスとしていれているところが、ただ90年代回帰ではなくて、今をしっかりと見据えているアーティストだなと感じます!

11.Changes

ちょっとアコースティックな今までにない曲調を押し出し、ライブでの感覚みたいなのを見せてくれます。アコギ一本でじっくりと歌ってくれるとこれほどつややかとは・・・一度ライブ見てみたいですね。シンプルだけど、この誠実な歌いっぷりは素敵です!

12.Stay With Me (Alays)

このアルバム最高の山場はこの1曲!本当に美しいメロディーが耳に残ります。心地よく響く歌声、メロディーの美しさ、歌全体からやさしさがにじみ出ているようです。歌いやすいメロディーも、聞き心地をよりよくしてくれます。トラックもシンプルだけど、硬いつくりで、Druの力強い歌声をバックアップしてくれます!思わず一緒に歌いたくなるような、気持ちがいいメロディーなのです。転調時にシンプルなピアノが入ったって一段音程が高くなっていく歌いっぷりとか、基本的なR&Bのすばらしいバラッドの展開を周到しつつ、彼らしい歌声のまっすぐさを見せてくれていて、まさに2008年の名曲というにふさわしい1曲になっています!

(Producer)

Carter Scott Mcfarland:(1),(8) Russell “Chuck” Morgan:(2),(6) Troy “Joe Louis” Cross:(2),(6) Derek Brin(3),(5) Micah “Chozen Williams” Williams:(4),(9),(10),(12) Justin Forsley:(7),(11)

(LINK)

OFFICIALOFFICIAL LABEL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です