KG / With You

01.With You ~君といつまでも~
02.SEXY SEXY Feat. GIPPER
03.Life
04.Direction
05.ツナガルオモイ Feat. エムラスタ
06.抱きしめたい
07.All The Love

(総評)

LUXURY LOUNGEにも出てもらったKGさんの全国リリースアルバムが発売になりました!限定アルバムだったインディーズ1stアルバムよりもより、このインディーズ2ndアルバムは日本の聞き手を意識した作ったその楽曲たちは、KG Kohらしい歌声と、心に響く歌詞と歌のバランスが非常に取れた一枚になっています。
この作品では、前回バラッドオンリーだったのと違い、よりライブを意識した楽曲が多いなと感じることが多いです。しかも大胆にもミスチルのカバーを入れたりと、SOULやR&Bには、軸はおきつつも、その絶対的な歌声で、どれぐらいの表現を見せれるかというところを追及した、まさにKGを知ってもらいたいという思いを感じさせてくれる一枚に仕上がっています。決してR&B好きじゃなくても、彼の歌声のすばらしさには、思わず耳を澄ましたしまうでしょう。曲も、アップサウンドも多く聞かせてくれたり、哀愁のある一曲を見せたりと7曲という短い構成ながらも、KGの多くの面を感じられる一曲になっています。今後も多くのアーティストと絡んでいくことを予見させます。
やっぱりアルバムの中でも特出すべきは盟友May’sとの「With You ~君といつまでも~」でしょう、Natural 8のときもいいな~と思いましたが、これほど濃い女性ボーカルと男性ボーカルの絡み合いが日本のシーンでも聞けるとは思いませんでした。なかなかパワフルなボーカル同士が絡み合うことって少ないのですが、その力強さがお互いを高めあいかっこよく仕上がっています。ほかにもRomancrewからエムラスタを迎えた「ツナガルオモイ feat.エムラスタ」では、独特のRomancrewらしいちょっとJazzエッセンスをちりばめたサウンドとKGの歌声という組み合わせがまた面白かったです。ここ最近Jazzアーティストが、R&BシンガーやRapperを招いてアルバム作ることがありますが、そんな雰囲気に近い、面白さとお洒落さを併せ持ったような一曲でした。さらに、「All the Love」で日本的な普遍的なバラッドでもKGとしての歌声の凄さをこれでもかと感じさせてくれます。
これからを期待させてくれるシーンに挨拶的な一枚になっています!
オススメ:(7),(1),(2),(5)

(曲解説)

01.With You ~君といつまでも~

同じ事務所の盟友May’sとの一曲にスタンダードでHappyな雰囲気の一曲を、KGとMay’sという力強い2人のシンガーによって包み込むような暖かさに溢れた一曲になっています。スタンダードな流れなんだけど、しっかりと心に響く詞の世界も素敵です。Natural 8でのAnniversaryとはまた違う、曲的な濃さはないながらも、スタンダードだからこそ、二人の歌声の色の濃さがしっかりと出ています。デュエットとしてもバランスがとてもよく、掛け合いも盛り上がるので、ライブで歌えば最高だろうなと思わずにはいられません。

02.SEXY SEXY Feat. GIPPER

インディーズアルバムでは見せなかったHIPHOPサウンドでのアップテンポな一曲!GipperというRapperを招いて、軽快に盛り上がりながら、歌い上げていきます!HIPHOPアーティストと絡んでも、しっかりと存在感があるKGの歌声が、歌をより熱く盛り上げます。Gipperのラップも詞のちょっと女性を口説くようなノリのよさをうまく表現していて、この曲にアクセントをつけています。どうしても今までは熱いソウルフルなバラッドな印象が強かったのですが、こういうビートがたっている曲でも十二分にKGの良さを出せるっていうのが、また新たな一面を垣間見れて面白かったです。

03.Life

こういう曲を歌うとは思いませんでしたが、こういうポップというか、単調なメロディーだからこそ、実に効果的にKohさんの歌声の面白さを感じることができます!後半に伸びやかに歌あげたりしながらも、オートチューンを使った楽曲で、使い方もうまく、こういう曲もできるっていうのが実に幅が広いアルバムになっていて、KGの挨拶の一枚としてはすばらしい一枚になっています。

04.Direction

前回のアルバムでも収録されたDirectionの別バージョン。Bay-4というクリエイターが編曲をしているのですが、また違ったDirectionを感じさせてくれています。絞り上げるような歌いっぷりが胸に響いてきます。前のバージョンよりも柔らかいサウンドの雰囲気が穏やかな気持ちにさせてくれます。前の哀愁を感じさせる歌いっぷりともまた違う新しい曲として響いてきます。

05.ツナガルオモイ Feat. エムラスタ

軽快で印象的なピアノの音色に、クールなKGの歌声と、Jazzyなサウンドがなんともいい感じで絡み合います。そして、ロマンクルーのエムラスタの独特のRapが、絶妙の掛け合いをしてくれます。特に二人のリリックの違いがなんか、最高なんですよねー。特にエムラスタのKGの詞の世界を受けての、面白く茶化したようなリリックの面白さは、すばらしいです。そして、後半に向かうほどに、ちょっとずつフェイクを魅せていくKGの濃さもこのアルバム一番の見所です。

06.抱きしめたい

なんとミスチルのカバーです!個人的にはあまりしらなかったんで、周りに言われるまで、しらなかったのですが、まさかポップなカバーをやるとは思わなかったし、ぜんぜん違う曲として響いてきます。歌う人が違うとこれほど違うのかと改めて思わされます。改めてミスチルっていい歌うたうなと思いました。

07.All The Love

映画のサントラに収められた笹本安詞がProduceした一曲!ピアノバックの普遍的ともいえるすばらしい楽曲に、濃くもストレートでソウルフルな心に響くKGの歌声にうっとりと聞きほれます。こういうオーソドックスなバラードでこそこの歌声のよさがより感じられて、言葉一つ一つが、胸に染み入るように溶けていきます。

(Producer)

Naughty Bo-z:(1),(2)
KG:(3)
Masahiro Tobinai:(3)
Bay-4:(4),(6)
ALI-KICK from Romancrew.(5)
笹本安詞:(7)

(LINK)

OFFICIAL
MYSPACE
LASTRUM
Chermside
☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です