傳田真央 / I AM

01.Always Love
02.Bitter Sweet
03.Zutto
04.泣きたくなるけど
05.晴れ時々雨
06.Let it go
07.Breathe In Love
08.Be My Hero
09.ONEWAY Exp.
10.Butterfly
11.My Style
12.リトルメアリ
13.Someday
14.耳もとにいるよ… -Ring the Bells Reprise-

(総評)

長い休養期間を経て復活した傳田真央ひさびさとなる2ndアルバム!彼女らしい美しい歌声とそれを活かす美メロな楽曲のコラボレーションを楽しめる一枚になっています。特にシングル曲たちの水準はずば抜けていて、すべてが美メロ曲といって差し支えないほどに、素晴らしい一枚です。
イントロからわくわくさせてくれる傳田真央の声の美しさを感じさせてくれて、そのまま、名曲「Bitter Sweet」と一気に聞き手を引きこむうまさはすばらしいですね。特にこの「Bitter Sweet」のピアノバックの美しいメロディーと、その美しいメロディーをより魅惑的に聞かせる傳田真央の歌声と艶のある歌唱法のすばらしさは、この一曲を聴いただけで誰もが納得するほどに、強烈な輝きを放っています。途中見せるアカペラっぽいところとか、もうたまりませんね。さらに、「泣きたくなるけど」での壮大な彼女の歌声の魅力を最大限に見せてくれる一曲の強烈なインパクトは凄まじいです。これほどに切ない曲はないですね!彼女の歌声がもつどこか切なげな雰囲気に、思わず涙を誘わずにはいられません。この2曲のシングル曲のインパクトは凄まじく、これ以外の曲が霞むほどに素晴らしいですね。
シングルカップリングの「晴れ時々雨」も、R&Bらしいミッドテンポなアップソングをさらっと歌ってくれる彼女の新たな一面を見せてくれる一曲ですね。気持ちよく耳に入ってきます!かわいらしい曲「Let it go」のテンポよい雰囲気も素敵ですし、オーソドックスバラードを壮大に歌い上げる「Breathe In Love」は意外性がありました。
fink broプロデュースの8曲目「Be My Hero」は彼女らしいアップ曲で、繰り返すフレーズの美しさと耳触りの良い歌声の魅力をさらに引き出しています。こういう魅力的なフレーズをどんどん重ねていくような楽曲で魅力的に聞かせられるのは、歌声に本当に魅力があるからですね!切なさを感じさせる10曲目「Butterfly」、シングルとしてリリースされたドラマ主題歌11曲目「My Style」では、女性賛歌を披露してくれます。そして、11曲目「リトルメリアリ」のサビでの高音の伸びは聞き入ってしまいますし、アコースティックサウンドがまたアルバムの中でもアクセントになっていますね。
3曲目「Zutto」9曲目「Oneway Exp.」では、彼女自身がすきなのかImaiさんの意向なのか、ハウス的な作り方の曲を持ってきています。この辺は、かわらない彼女のよさだなーという点でもありつつ、日本のR&Bが成長期に入って斬新な楽曲が多く出てきている2009年のアルバムとしては、プロデューサーがもっと遊んで、彼女が挑戦していない雰囲気へともう少し斬新さを取り入れてもよかったのかなと思います。ハウスサイドとしては、本当に魅力的な歌声なので、こういう曲調で使いたいとか、プロデューサーとしても歌わせてみたいっていう気持ちもわかるのですが、あえてもう少しR&BやHiphop的な遊びのある歌を聞かせてくれないと、なんとなく、アルバム全体が淡白な感じになってしまう原因になっていますね。
あと、プロデューサーが少ないせいなのか、方向性が同じ曲が多く、彼女の魅力を出し切れていない感じはするのと、もう少し奇抜なR&Bアップっぽい作品が欲しかったところですが、fink broの曲はその中でもいい感じに彼女の新しさを感じさせるし、復帰作としてはR&B初心者リスナーにはアピール度が満点のとても素晴らしい作品です。ただ、彼女の潜在力はまだまだこんなものではないというのが、昔からのファンの共通する意見ではないでしょうか?これをきっかけに、2010年以降はさらに攻めの姿勢で、女性R&Bをぐいぐいフロアから引っ張っていける存在になってほしいですね。オススメ:(2),(4)

(Producer)

傳田真央:(1),(6),(13)
Jeff Miyahara:(2),(4),(5),(11),(14)
Ryosuke Imai:(3),(9)
fink bro:(7),(8),(10),(12)

(LINK)

OFFICIAL

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です