藤井風 / 青春病

へでもねーよとは、まったく違う柔らかくさわやかな曲調でいながら、声の力強さとしなやかを感じさせます。この2曲を聞くとふり幅が広くて面白い。言葉選びが最高に独特で、ドドメ色なんて歌詞で聞いたのは初めてですし、人が成長する青春にかけるところがまた考えさせられます。詞の言葉選びが、ストレートにわかりやすくは表現しないで、一瞬違う意味かなと思わせるのですが、深く考えさせられます。

広がりがある歌い方も、心が解放されるような気持ちよさがあって、素敵です。

本当に唯一の個性を持ったアーティストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です