HI-D / fragrance

01.Mamacita
02.Throw your KISS
03.モノローグ
04.Melody Maker
05.騒がしい太陽
06.Where’re You?
07.A.O.GE
08.Can’t Go Back
09.COMING HOME
10.Neva Giva (Dream on Dreamer pt.2) feat.Cool M.B
11.愛こそすべて feat.BUTCHER
12.KOTOBUKI

(総評)

ついに、HI-D6枚目となるアルバムが、Universalに戻ってのリリース!しかも2007年中では二枚目のアルバム!というハイペースなHI-Dの活動を象徴するかのようなすばらしい活動です!
このアルバムHI-D自身がいうようにどう取られるんだろうか?という言葉がよくわかるアルバムになっています。今までのHI-Dらしさもあるのですが、どちらかというと、R&Bというものを残しつつも、もっと幅広い間口のリスナーに向かって門戸を開いているような曲が多く、特に3曲目「モノローグ」では、POPSサウンドですが、しっかりとHI-Dらしい歌を聞かせているというHI-Dというフィルターを通してどうこういう曲が聞こえるかということ、さらにはもっとR&Bというサウンドにもっと多くの人に耳を傾けてほしいシーンが広がってほしいというHI-Dの心意気が感じられる作品に仕上がっています!
豪華な作曲、作詞の人を迎えつつ、そんな中でも気心のしれたEQやをサウンドの中心として、しっかりときちんとR&Bとして抑えるところは抑えているところがこのアルバムの肝で、じんわりと心に残る曲が多く、なかなかの一品に仕上がっています。特に河口京吾、Gary Newby、吉川慶という同じサウンドプロダクションの面子がかなりいい仕事をしていて、このアルバム随一のバラード12曲目「KOTOBUKI」での結婚式の幸せなその瞬間を見事に描き、その雰囲気にあったサウンドプロダクションは見事です。さらに、よりシーンを盛り上げるという意味で、九州で地道な活動を続けるベテランCOOL M.Bを招いての一曲のかっこよさ!これがこういう幅広さもアルバムのよさでもあります。特に後半での8曲目「Can’t Go Back」では、HI-Dらしいバラードが聴けたり、そこには若手で話題のシンガーJunearを招いたりと、いろいろと面白い試みを入れつつ、より聞きやすいものを提供しているその積極的な姿勢は、シーンを引っ張る存在としてのHI-Dの意識がさらに上にいったことを示しています。
初期のころのR&B Onlyなフロアライクな雰囲気は薄れましたが、その分詞の世界観の深みよりリアルな歌の、曲自体のよさを堪能してください。特に後半の6曲目「Where’re You?」あたりからのR&Bサウンドは、かっこよくて最後に「KOTOBUKI」でしっとりと聞くことができます。バラードを歌うHI-Dが好きな人も、上げ目を歌うHI-Dが好きな人も、お気に入りの曲が見つかるぐらい幅広いアルバムになっています。HI-Dの魅力をゆっくり聞いてじっくりと感じ取ってください。
オススメ:(12),(1),(3),(6),(7),(8),(9),(10)

“HI-D / fragrance” の続きを読む

SAMMIE / SAMMIE

01.Feelin’ It
02.I Can’t
03.You Shoud Be My Girl
04.What About Your Friend
05.Choose Me (Prelude)
06.Choose Me
07.Mission Impossible
08.Come Wit Me
09.Back 2 Love
10.Another Last Chance
11.Heavenly
12.Slow
13.Let It Ride
14.My Own Way
15.For All You’ve Done (Outro)

(総評)

12歳にリリースした”I Like It”が大ヒットしたティーンシンガーSAMMIEが艶やかな歌声を引っさげてカムバック!若者らしいUPソングを中心としたノリのいい楽曲を中心として、ティーンシンガーからの実績に裏打ちされた魅力的な歌声をさらに磨きをかけて魅せてくれます!なんといっても、アップサウンドでの光り具合は、もうその子らへんのアイドルシンガーなんか打ち消してしまうほどに見事なものを見せてくれます!いいアーティストがカムバックしてくれました。
まだまだ、若い18歳!その若さをギラギラと見せつけるようなUPを前半に配置し、現行シーンで第一線で活躍できる、復活組みとは言わせないぞ!という意気込みを見せてくれます。でも、そんなアップだけに頼らずに、長年のキャリアがモノをいう後半の美メロの応酬!これによって、現行シーンのTeenシンガーとの実力差をまざまざと見せ付けてくれるのです!
特にProducerも、1曲目「Feelin’ It」3曲目「You Shoud Be My Girl」のJazze Phaらしい跳ねるサウンドから(イントロは毎度ですが、今回はスピードアップ!)、さらに驚きなのが、Bryan Michael Coxが以外にも美メロ以外の曲で、じっくりとアップサウンドをつく上げていて、これが2曲目「I Can’t」に代表されるように、水準が高い曲が多く入っています。そういうプロデューサー側の挑戦もありつつ、美メロが続く後半では実力を発揮してくれる、プロデューサーを随所に配置しています。Dallas Austinを配した13曲目「Let It Ride」など6曲目あたりから美メロがこれでもかとたくさん入ってきます!もちろんBryan Michael Coxが安定した曲を提供してくれています!なんといってもバラードでは、その美しいハイトーンボイスが繰り出す耽美なメロディーにウットリとさせられるのです。 復活組みの作品としてはとても水準が高い一枚です!なんといっても、このアルバムの美メロのキーを握るのが、6曲目「Choose Me」をProduceする、Jasper Cameronの力がかなり大きいです!彼が絡む柔らかく心地よい7曲目「Mission Impossibl」、見事なファルセットで魅了する11曲目「Heavenly」などどちらも趣は異なりながらも、どちらも美メロとして素晴らしい水準の作品です、昔は日本人とも仕事をしてたDallas Austinの元で仕事を良くしている人なのですが、本当に素晴らしい仕事です。
そんなプロデューサーに囲まれつつも、やっぱり主役はこのSAMMIEの歌声なのです!以前はハイトーンな美しさしか持っていませんでしたが、巧みにビートを乗りこなすうまさに、力強さが加わり、さらに美しさでは、丹念に歌う込む見事なソウルっぷりをみせたり、ハイトーンなだけではない、ファルセットを見事に操る12曲目「Slow」のような曲まで幅広い魅力を見せてくれるのです。歌い手の実力をプロデューサーに仕事の方向性が見事に合致した作品に仕上がっています!このように、素晴らしいプロデューサーに囲まれつつ、メジャーフィールドでこれほど素晴らしい作品を復活作として残したことは、賞賛に値します。手放しで復活を喜びたくなりますね。ノリのいい曲も、バラードも両方あって、とてもバランスが取れた誰にでもオススメでいる良作になっています!オススメ:(6),(7),(11),(1),(2),(3),(4),(10),(13)

“SAMMIE / SAMMIE” の続きを読む

Brian McKnight / TEN

01.Used To Be My Girl
02.Comfortable
03.Find Myself In You
04.What’s My Name
05.Unhappy Without You
06.A Little Too Late
07.Holdin’ On (Missin’ U)
08.Shoulda Been Lovin’ You
09.Again
10.More And More
11.Can’t Leave You Alone
12.I Do
13.The Rest Of My Life
14.Red, White, And Blue with Rascal Flatts
15.Don’t Tkae Your Love Away

(総評)

Brian McKnight久々となる一枚は、通算10枚目となるアルバム(ベスト版含む)!そんな節目となるアルバムは、ここ最近のHIPHOP やJazzなどへの彼の新しいMUSICを魅せようという試行錯誤の連続を振り払うかのような見事な彼のオリジナリティーを感じさせる見事なSOUL ALBUMが届きました。もともと、バラードには定評があっただけに、バラードや、UPでもソウルフルな感じのを求めていた人も多かったのですが、なかなかそれで彩られたアルバムって言うのは出してなかったのですが、U-Turnあたりから、徐々に元に戻り始めていたのですが、やっとBrian McKnightらしさと、現行のR&Bシーンらしさの両方を兼ね備えた最高傑作が出てきました!
Brian McKnightは現行シーンではもうあまり見られない、オーソドックスで美しいバラッドを得意としているシンガーですが、そんな彼の真骨頂がこのアルバムでは味わえます。「Back At One」以降の彼のアーティストとしての軸のブレがあまり好きではなかった人も多かったでしょうが(HIPHOPやJAZZの要素を強く入れすぎたり・・・)、このアルバムは、名アルバム「Anytime」「Back At One」の頃の、美メロシンガーとしてのBrian McKnightが帰ってきました!現行シーンのトラックをしっかりと捕らえつつも、聞かせる曲が随所に散りばめられています。ただ最後の数曲は、ちょっと路線から外れてしまっていますが、ほとんどの曲が彼の歌の力をしっかりと伝えてくれるのです。アルバムとしてとても完成度が高い一枚になっています。
特に4曲目「What’s My Name」5曲目「Unhappy Without You」のようなR&B然としたバラードから、ミッドテンポな曲で、素晴らしい歌を聞かせ、6曲目「A Little Too Late」13曲目「The Rest Of My Life」のようなR&Bにこだわらない美しさを追求したようなバラードでは、彼にしか出せない正統派な歌いっぷりをこれでもかと見せてくれます!なんといっても9曲目「Again」の2段にも3段にも美しさを増していくような歌いこみっぷりには、もう惚れるしかありません・・・素敵な一曲をありがとうといいたくなります。本当にBrian McKnight10作目という安定感をこれでもかと見せ付け、美メロシンガーとしての実力をありありと示してくれました。前作とはくわべものにならない素晴らしい出来のアルバムです!2006年の最後に聞いておくべき一枚ですよ。
オススメ:(9),(5),(4),(1),(6),(8),(13)

“Brian McKnight / TEN” の続きを読む

Christopher / The Journey

01.Club Heaven
02.The Weekend
03.YES
04.I’m in Love, Again
05.Moment of Truth
06.Tired
07.Bac 2 U
08.1 Mo Time
09.Could It Be?
10.God First
11.Clap
12.She Did Me Wrong
13.Your Presence
14.Won’t Stop!
15.Moment Of Truth (Remix)

(総評)

2006年にひっそりと出ていたゴスペルグループ物の一枚!でも、ゴスペルグループという枠に収まらない、ボーカルグループとしてもとても水準が高いグループなのです!ゴスペルグループで、R&Bっぽいのをやるとそれ一辺倒になりがちですが、この3人組は、とてもバランスが良くて、思いっきりゴスペルの王道といえる曲もできれば、そこらへんのボーカルグループが真似できないほどに、歌で聞かせるR&Bソングをうたいこんだり、なかなかの実力を見せてくれます。まさに隠れた名グループといえる、なかなかの一品です。
全体的にとても良曲が多いので、このアルバムの特徴で、すごい爆発的な曲はないながらも、地味にいいなーと思うような曲が目白押し!そういう曲ばかりで、一枚聞いたときの充実度が半端じゃないです!昨今のボーカルグループには見られないほどに正統派なボーカル勝負の一面を見せるグループで、特に6曲目「Tired」と、12曲目「She Did Me Wrong」でのコーラスも交えたリードの歌い倒しっぷりは、見事です!他の曲でも、2曲目「The Weekend」や、4曲目「I’m in Love, Again」と、リードがぐいぐい吼えてくれるところもバリトンシャウター好きとしてはたまらないものがあります。ゴスペル風の曲でもその力強いシャウトは健在で、3曲目「YES」や、14曲目、13曲目のゴスペルの王道曲でもそのパワフルなグルーブには、圧倒されてしまいます!
本当にバランス感覚に長けたグループで、現行のシーンのサウンドも取り入れつつも、オーソドックスなゴスペルサウンドもちゃんと掛け合わせていて、全体的に、オーソドックスな雰囲気の曲が多いですが、なかなか聞けるアルバムに仕上がっています。
オススメ:(6),(12),(4),(9),(2),(3),(7),(10),(11)

“Christopher / The Journey” の続きを読む

MARQUIET PETTIS / Through My Eyes

01.Through My Eyes (Intro)
02.Her Bodyz Like
03.Hold U Down
04.On The Loose
05.Diggin’ You
06.Angel
07.The Truth
08.Rated S
09.Creep With Me
10.Oh Damn
11.What I Had
12.Ten After Two
13.You And I
14.M.A.R.Q.U.I.E.T.

(総評)

MARQUIET PETTISというノースキャロライナ出身のシンガーソングライターの登場です!その独特で粘着質な歌声で、聞くものを虜にしていきます。全ての曲を自分で作りあげる、シンガーソングライターとしての実力もかなりのものなのです!楽曲的にも前半はとてもHIPHOPビートが強烈な現行ストリートに沿った形の曲たちが並び、中盤はバラードを織り交ぜつつ、さまざまな彼の魅力を多様な曲調で見せてくれ、最後は美メロ曲がこれでもかと押し寄せてきます!アルバムの構成的にも、とても優れていて聞いていて飽きがこないようになっています!本当に様々なタイプの曲を作れるところに驚きを隠せません、さらに!それにあわせて歌いこむこともできたりして、歌い手としての実力も見事です!
なんといっても11曲目「What I Had」!ミッドテンポにストリングスなどのサンプリングがソウルフルに絡んでいって雰囲気的にはNE-YOとかの楽曲をもっとR&B的でストリート寄りにシャープにさせた感じで、聞いてて気持ちが良くなってきます。そのほかにも絶妙なストリート感覚を混ぜ込んだ楽曲が多くHIPHOPフィールドでの活躍も期待でき、Rapperを招いてそれを生かせるボーカルをもっています。ですが、13曲目「You and I」で見せる見事なバラードでの歌唱など、ただの若手の歌い手と違う熱唱系のボーカルも自在に操れる器用さも持ち合わせている、本当の意味でのシンガーソングライターと言えるでしょう。 そして、最後を飾る「M.A.R.Q.U.I.E.T.」では直情系のボーカルでフェイクやシャウトしながら歌いこんでいき、シンガーとしてもより完成された魅力を見せてくれます。歌い手としての幅の広さも、肩肘張ることなく軽く見せ付けてくれます。
最近シンガーソングライターの作品はメジャーインディーズ問わず多いですが、また今後が楽しみな逸材がまた1人現れました。
オススメ:(14),(11),(13),(1),(3),(6),(7),(10)

“MARQUIET PETTIS / Through My Eyes” の続きを読む