TERRELL / Plans

01.Plans
02.Baby I Swear
03.Beautiful Girl (Live) feat.SAMMY
04.Das My Girl
05.I Can Be Your Man
06.Heaven
07.Unhappy
08.For You
09.Work It Out
10.I Need Her
11.Black DDiamond feat.Vanessa Bell Armstrong
12.The Way I Love You

(総評)

インディーソウルをここまで押し上げた男!TERRELLの4枚目となる作品が届きました。もうその唯一無二の濃く素晴らしい歌声で、聞くものを昇天させてくれます。今回は内容もさることながら、そのジャケット!筋肉ジャケがR&Bでは定番となっていますが、それの理想系ともいえるほどに、見るものさえも魅了してくれます。そして、内容も黒く濃い熱い作品から、しっとり大人なセクシーさを見せ付けてくれるような作品まで、幅広い曲を聞かせてくれます。
プロデュースは、今作もいろんな方がしていますが、作詞・作曲に関しては、このTERRELLは自身でしていて、その素晴らしい作曲能力を披露してくれています。そんな中から、前作までにはなかったしっとりとした大人な雰囲気をもった曲が多くて、TERRELLの新たな魅力をまた見せてくれています。今までのようなシャウトを聞かせてくれるような、2曲目「Baby I Swear」や、10曲目「I Need Her」などで、シャウト好きの人も魅了しつつ、1曲目「Plans」で見せるようなシットリとした歌声のセクシーさをアピールしたような作品や、大人な一面を見せる「For You」もっと柔らかな今までにないシンプルな楽曲「Unhappy」声の良さだけに頼らずに軽快なアップサウンドで聞かせる4曲目「Das My Girl」など、様々な面を一枚で見せてくれています。ただ、今作は以前の3作品に比べて、どうも楽曲クオリティーというか音質のクオリティーが低いのと、OFFICIALでリリース情報があがらないのが、なんとも不安というか、本人の承諾を得た発売なのかな?と疑ってしまう部分もあるのと、そのOFFICIALのMYSPACEで聴けた、あまりにすごいシャウト系の歌が収録されていないのも、なんとももったいない・・・ある意味次回作を今すぐにでも出して欲しい!と思うようになってはいるのですが。そういう面で、新しいTERRELLの魅力を感じられてよかった反面、よくない面も出てしまった作品だなと思います。
本当に、TERRELLの作品というのは、インディーから出しながらも、歌以外にも音質楽曲ともにメジャークオリティーを誇っていたからこそインディーを代表するアーティストであったのに、とても残念。そういう意味でも、MYSPACEでの曲も含めて、きちんとした形でのリリースを今後されることを望んでいます!
TERRELLなら、もっともっとすげーアルバムが作れるだろう!っていうファンならではの、惜しさみたいのはあるのですが、トータルバランス的に考えて、下手なメジャー作品を凌駕する作品であることは変わりなく、とてもメジャーでは出せない、黒さ濃さみたいなのが、滲み出ている作品になっています!2006年チェックを外してはいけない一品です!オススメ:(2),(10),(12),(8),(1),(4),(6)

(曲解説)

01.Plans

今までの力強い歌い方から、よりセクシーさを強調したような素晴らしい一曲!あの物凄い歌唱力に裏打ちされたその実力があるかrこその、この余裕とセクシーさの演出!その魅力的な歌いっぷりに惚れてしまいます!そっと心に響いてきます。

02.Baby I Swear

少しシャウターのTERRELLの魅力が垣間見れる一曲!このアルバムシャウト曲が少ないのが残念なのですが、そんな中でもしっかりと歌いこんで、魅力的なシャウトでぐいぐい曲を引っ張っていってくれます!こういうネットリと盛り上がる曲でシャウトを聞かせてくれると安心しますねー。最後で転調してからのシャウトも見事です!

03.Beautiful Girl (Live) feat.SAMMY

Liveとついていますが、あまりライブっぽい感じはしないのですが、しっとりと歌っていき、後半に入って、感情豊かにフェイクを交え絡み合いながらも盛り上がっていきます。この後半のスウィングするようなフェイクの壮絶な絡み合いは素敵ですよー!(ちょっと音が小さいのが難点ですね。)

04.Das My Girl

シンセの音色から、身軽で軽快な歌で聞き手を乗せていきます。シックでいてカッコイイアップソング!こういう曲も作れるのはすごいですよ、本当にTERRELLって曲作りに関しても、物凄いものを持っているなと改めて感じさせられます。プロデューサーは無名な方がやっていますが、なかなかの一品です!最後に向けてのネットリした歌いっぷりも素敵ですよー。

05.I Can Be Your Man

そして、次はまた音が小さくなるのですが、しっとりとしたゆったりとした曲調にFUNK調な楽曲で聞かせてくれます。じっくりと地味目なmelodyを歌い上げてくれます。

06.Heaven

イントロから跳ねるような音が面白い入り方をして、クールなイメージの楽曲が展開していきます。こういう曲調もかけるのか~、そして後半にはじっくりとねちっこく歌いこんでいきます。ここら辺のねちっこい歌い方はぜひ音を大きくして聞いてほしいですね!

07.Unhappy

切なげな押さえめな歌唱から、ゆったりとうたっていき、落ち着いた心地よい雰囲気を作り出していく大人な一曲。もうベテランの域さえ感じさせる見事な歌いっぷりには惚れそうですね。中盤からは見事なシャウトも聞かせて、メリハリがある気持のよい歌いっぷりを見せてくれますよ。

08.For You

ダークでいて、セクシーさを感じさせる歌が、男性シンガーらしいねちっこさを感じさせてくれます。端々で飛び出す、フェイクの多彩さも、一瞬たりとも聞き逃してはいけません。躍動感よりも、しっとりとした湿度をもった歌い方で、聞き手を濡らしていきます・・・

09.Work It Out

今までのTerrellの歌にはあまりないタイプの、ストレートなメロディーの歌ですね、しっとりと聞かせます。ちょっと音が小さいのですが・・・シンプルな一曲ですね。

10.I Need Her

TERRELLらしい豪快さを併せ持ったサウンドに、直球勝負なまっすぐな歌声で、直情的に吼えていきます!ぐいぐい引っ張っていくような強さが気持ちがいいメロディアスな一曲です!もっともこのアルバムでもTERRELLの者歌―としての実力とセンスが感じられます!

11.Black DDiamond feat.Vanessa Bell Armstrong

ゆったりとしたやわらかい歌い歌い方が特徴的なTERRELLにしてはソフトな口当たりな一曲です。ここでも、しっとりとしたバックに隠れがちですが、縦横無尽にTERRELLは、吠えてくれていますよー。うん、やっぱり彼はほえないとね!

12.The Way I Love You

どんどんテンポアップしていくDes’reeの「Time After Time」をモチーフにしたバックサウンドが面白く、声もぐいぐい引っ張っていくように、見事に絡み合っていきます。メインのメロディーを追うように、バックでメインボーカルTERRELLが情熱的に吼え上げていきます。

(Producer)

Philosophy:(1),(7)
Big Jeff:(2),(12)
Drop Squad:(3)
Gordon Campbelll:(4)
Tim Riley:(5)
Greg Pagani:(6),(8)
Mark Kinchen:(9)
Rob Sales:(10)
Dell Pearson:(11)

(Musician)

(LINK)

OFFICIAL
OFFICIAL MYSPACE

☆☆☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です